1980年代

三宅裕司…スタッフの不祥事で「イカ天」打ち切り

劇団「スーパー・エキセントリック・シアター(SET)」の座長…
これまでドラマや映画に加え番組司会などマルチに活躍する「三宅裕司」さん。

三宅さんは、かつてTBS系で放送されていた「イカ天」でも相原勇さんと司会を担当…
若者の間で大人気になったのですが、番組スタッフの事件がキッカケでブームはアッという間に終わったのです。

名前:三宅裕司(みやけゆうじ)
生年月日:1951年5月3日(68歳)
職業:コメディアン、俳優、タレント、司会者
所属:アミューズ
出身:東京都千代田区神田神保町
学歴:明治大学経営学部



Sponsored Links
 

1989年9月30日付朝刊各紙には「『イカ天』ディレクター逮捕」の大見出しが掲載されました。

神奈川県警川崎署は前日、大麻やコカインを所持していたとして麻薬取締法違反で10人が検挙されたのです。
その中に「平成名物TV・三宅裕司のいかすバンド天国」を制作する会社の29歳のディレクターが含まれていました。

30日夜、たまたま「イカ天」が生放送され、三宅さんは冒頭で詫びました。

皆さんに心配をかけて本当に申し訳ない。
音楽をやってるヤツに悪いヤツはいない。
一見、怖そうに見えるパンクをやってるヤツだってみんな根はいいヤツなんだと言い続けてきたのに、こんなことが起きて本当にすいません。

そして…

でも、今まで通り「イカ天」を目指すバンドのヤツらも頑張って欲しいし、テレビの前の皆も応援して下さい。

と切々と訴えたのです。

「イカ天」はTBSの土曜深夜0時30分から放送の番組でした。
アマチュアバンドが公募で参加して、勝ち抜き形式で「イカ天キング」を選ぶという構成で1989年2月に始まったのです。

当時、この時間帯は「オールナイトフジ」の独壇場だったが、FLYING KIDS、JITTERIN’JINN、宮尾すすむと日本の社長、BEGINなど個性的なバンドを輩出していました。

三宅さんと相原さんのテンポのいい司会も受け、「オールナイトフジ」を追い抜き、同時間帯としては異例の平均4%、最高6%に近い高視聴率を叩き出したのです。

しかも、出場バンドが続々とメジャーデビューし、若者の間で番組を目標としたバンドブームがわき起こり、社会現象になっていったのです。
その人気に水を差した事件でしたが、三宅さんの謝罪で影響はそれほどではなかったのです。

その後も10月にネット局が8局から10局に増え…

10月には夕方に1時間半のスペシャル番組が放送され、1990年元日には武道館で公開イベント「輝く!日本イカ天大賞」が行われました。
これでカブキロックス、たまなどのスターが誕生し、たまの「さよなら人類」は60万枚近いヒットになったのです。

ところが、1990年3月にまた事件が起きます。
28歳の番組の構成作家が、大麻をカフェバーのウエーターから30グラム買った容疑で逮捕され、自宅から5グラムの大麻が押収されたのです。

この事件が明るみに出た17日…
当日予定されていたイカ天は急きょ放送を自粛しました。
翌週再び、三宅さんが謝罪しましたが、この頃から番組は人気にかげりが出てきます。

8月から9月にかけ、番組視聴率は2~3%にダウン…
10月には年内での打ち切りが決定され、12月29日が最終回となり、ブームは2年待たず終焉となりました。




Sponsored Links
 



ピックアップ記事

  1. タカダ・コーポレーションおやきにお金を貸してしまう理由とは?!
  2. 池山隆寛…息子が荒れてるってどういうこと?!
  3. 一色紗英…事件レベルと言われる交通違反の内容とは?!
  4. 岡元あつこ…元旦那・柳本啓成と離婚後の現在の活動とは?!
  5. 鬼束ちひろ…病気休業から現在までの軌跡

関連記事

  1. 1980年代

    大友柳太朗…自殺の原因は「老い」だった?!

    1985年にべテラン俳優が自宅マンション屋上か…

  2. 1980年代

    いしだあゆみ…萩原健一との結婚から離婚までを振り返る

    「ブルーライト・ヨコハマ」が100万枚を超える大ヒットになり、女優に転…

  3. 1980年代

    沖田浩之と山本陽子…20歳差カップルの交際から破局まで

    ドラマ「3年B組金八先生」などに出演し…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links

最近の記事

  1. 山本譲二…妻の植木悦子との馴れ初めとは?!
  2. 松田聖子…デビュー5年目でも収入はとんでもなかった?!
  3. 牛島和彦…妻の光江との馴れ初めから結婚まで
  4. 八千草薫…メニエール病という病気を患ったことがある?!
  5. 具志堅用高…妻・香澄との馴れ初めから結婚まで
  6. 森繁和…妻・靖子との馴れ初めはファンレターだった?!
  7. 久米宏 …愛人が自殺未遂をして謹慎処分になったことがある?!…
  8. 倉田保昭…クラタスポーツ・スタジオを全国展開しようとしていた…
  9. ジャッキー佐藤とナンシー久美…ジャパン女子プロレスリング設立…
  10. 都はるみ…引退の理由は中村一好が関係していたのか?!
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 2000年代

    星井七瀬…驚きのカミングアウトから現在は女優にカムバック?!
  2. 2000年代

    賀来賢人と賀来千香子の関係図を書くとこんな感じになった件
  3. 1980年代

    天地真理…夫の青木保との馴れ初めから結婚までを振り返る
  4. 2010年代

    君島かれん(年齢21歳)が月島かれんという噂は本当?!
  5. 1990年代

    松尾和子…転落死により息子と「再会」できず
PAGE TOP