1980年代

三宅裕司…スタッフの不祥事で「イカ天」打ち切り





劇団「スーパー・エキセントリック・シアター(SET)」の座長…
これまでドラマや映画に加え番組司会などマルチに活躍する「三宅裕司」さん。

三宅さんは、かつてTBS系で放送されていた「イカ天」でも相原勇さんと司会を担当…
若者の間で大人気になったのですが、番組スタッフの事件がキッカケでブームはアッという間に終わったのです。

名前:三宅裕司(みやけゆうじ)
生年月日:1951年5月3日(66歳)
職業:コメディアン、俳優、タレント、司会者
所属:アミューズ
出身:東京都千代田区神田神保町
学歴:明治大学経営学部



Sponsored Links
 

1989年9月30日付朝刊各紙には「『イカ天』ディレクター逮捕」の大見出しが掲載されました。
神奈川県警川崎署は前日、大麻やコカインを所持していたとして麻薬取締法違反で10人を検挙されたのです。
その中に「平成名物TV・三宅裕司のいかすバンド天国」を制作する会社の29歳のディレクターが含まれていました。

30日夜、たまたま「イカ天」が生放送され、三宅さんは冒頭で詫びました。

皆さんに心配をかけて本当に申し訳ない。
音楽をやってるヤツに悪いヤツはいない。
一見、怖そうに見えるパンクをやってるヤツだってみんな根はいいヤツなんだと言い続けてきたのに、こんなことが起きて本当にすいません。

そして…

でも、今まで通り「イカ天」を目指すバンドのヤツらも頑張って欲しいし、テレビの前の皆も応援して下さい。

と切々と訴えたのです。

「イカ天」はTBSの土曜深夜0時30分から放送の番組でした。
アマチュアバンドが公募で参加して、勝ち抜き形式で「イカ天キング」を選ぶという構成で1989年2月に始まったのです。

当時、この時間帯は「オールナイトフジ」の独壇場だったが、FLYING KIDS、JITTERIN’JINN、宮尾すすむと日本の社長、BEGINなど個性的なバンドを輩出していました。
三宅さんと相原さんのテンポのいい司会も受け、「オールナイトフジ」を追い抜き、同時間帯としては異例の平均4%、最高6%に近い高視聴率を叩き出したのです。

しかも、出場バンドが続々とメジャーデビューし、若者の間で番組を目標としたバンドブームがわき起こり、社会現象になっていったのです。
その人気に水を差した事件でしたが、三宅さんの謝罪で影響はそれほどではなかったのです。

その後も10月にネット局が8局から10局に増え…
10月には夕方に1時間半のスペシャル番組が放送され、1990年元日には武道館で公開イベント「輝く!日本イカ天大賞」が行われました。
これでカブキロックス、たまなどのスターが誕生し、たまの「さよなら人類」は60万枚近いヒットになったのです。

ところが、1990年3月にまた事件が起きます。
28歳の番組の構成作家が、大麻をカフェバーのウエーターから30グラム買った容疑で逮捕され、自宅から5グラムの大麻が押収されたのです。

この事件が明るみに出た17日…
当日予定されていたイカ天は急きょ放送を自粛しました。
翌週再び、三宅さんが謝罪しましたが、この頃から番組は人気にかげりが出てきます。

8月から9月にかけ、番組視聴率は2~3%にダウン…
10月には年内での打ち切りが決定され、12月29日が最終回となり、ブームは2年待たず終焉となりました。



ピックアップ記事

  1. 反町理氏…パワハラ・セクハラ疑惑の内容とはいかに?!
  2. なぜ松島トモ子はライオンとヒョウに噛まれたのか?
  3. 立川談志…政治家時代とヘベレケ会見
  4. 今陽子…「ピンキラ脱退」から現在の活動まで
  5. 小島一慶…コールガール騒動から婦女暴行容疑まで

関連記事

  1. 1980年代

    長者番付からわかる芸能人の年収(1983年度)

    東京ディズニーランド開園し、ファミリーコンピュ…

  2. 1980年代

    大谷隆三・松竹社長が起こした放火事件の真相とは?

    1984年2月8日にある放火事件が起きました。…

  3. 1980年代

    河合奈保子の現在と転落事故のいきさつ

    元アイドル歌手でシンガーソングライターの「河合奈保子」さん…彼女が…

  4. 1980年代

    塩沢とき…舌癌や乳癌と戦い続けた日々

    キノコのような独特の巨大へアーと言えば、黒柳徹…

  5. 1980年代

    五社英雄(映画監督)はなぜ刺青を入れたのか?

    1980年、フジテレビの花形プロデューサーが逮…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links

最近の記事

  1. 松山英太郎…死因の食道がんで父親・河原崎國太郎の葬儀に出れず…
  2. 渥美清…男はつらいよのために晩年まで家族ことも明かさず
  3. 若山富三郎…死因となった心筋梗塞を勝新太郎が看取る
  4. 榊原兄妹(魁、爽)はなぜオーストラリア国簎を選んだのか?
  5. コルファー羽鳥ジュリア…wiki風にプロフィールを紹介してみ…
  6. 水無昭善(阿闍梨)…あのトラブルから今現在は何をしている?!…
  7. 藤井サチ…玉川学園高校から上智大学にAO入試で合格する?!
  8. 平野紫耀…弟の名前が莉久(Ricky)で母親は闘病中て知って…
  9. トラウデン直美…同志社国際高校を経て慶応義塾大学に入る?!
  10. 下嶋兄の姉「下嶋生」(しもじまうぶ)ってどんな人なの?
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

カレンダー

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 2000年代

    小室哲哉の「5億円著作権詐欺容疑」の真相とは?
  2. 2000年代

    島田紳助の復帰は1000%あり得ない!?
  3. 2000年代

    長者番付からわかるスポーツ選手の年収(2001年度)
  4. 1970年代

    海原小浜の半生と孫のやすよ・ともこ
  5. 1990年代

    清水美砂(美沙)は長渕剛とも冤罪不倫関係でフェイドアウトした?!
PAGE TOP