1960年代

高島家…長男殺害事件の犯人・家政婦の現在とは?





芸能ファミリーの代表格として親しまれる高島さん一家…
政伸さんと美元さんの泥沼離婚スキャンダルが持ち上がったり、高島忠夫さんがうつ病やパーキンソン病を公表したりするなど、トラブルが伝えられることもあります。

ただ、そんな中でも家族が支えあう姿が世間に報じられ、浮き彫りになるの高島家の絆の強さ…
しかし高島家を思い返すと、むべなるかなの過去があることも否めません。
折に触れて取り上げられることもあるあまりに気の毒な事件が起きたのは1964年の8月のことでした。

名前:高島忠夫(たかしまただお)
本名:高嶋忠夫
生年月日:1930年7月27日(87歳)
職業:タレント、俳優、司会者
所属:東宝芸能
出生地:兵庫県武庫郡(現神戸市)

名前:寿美花代(すみはなよ)
本名:高嶋節子
生年月日:1932年2月6日
職業:女優、タレント
所属:東宝芸能
出身:兵庫県西宮市




Sponsored Links
 

若い世代には政伸さんは高島家の次男と思っている人もいるかと思いますが、実は三男で、長男と思われている政宏さんは次男なのです。
2人の上には道夫ちゃんという長男がいましたが、生後5カ月で亡くなっているのです。
死因は殺人でした。

事件は1964年8月24日未明…
階下が騒々しいので2階の寝室で休んでいた高島忠夫さん(当時34歳)と寿美花代さん(当時32歳)の夫婦が下りてみると、お手伝いのA子と看護師がうろたえていました。

道夫ちゃんが見当たらないというのです。
110番した後、寿美さんが浴室に行き、浴槽のフタを開けてみると、口から泡を吹いている道夫ちゃんが浮かんでいました。
その途端、悲鳴が家中に響き渡ります。
近くの病院に駆けこんだ時点では、かすかに脈があったのですが、道夫ちゃんが息を吹き返すことはありませんでした。

最初に疑われたのはA子でした。
死亡推定時刻に起きていたのが彼女だけだったからです。

A子は「怪しい男が逃げていくのを見た」と証言しましたが、不審な点が多く警察が追及すると、同日正午過ぎに「私が道夫ちゃんを殺しました」と自供したのです。

A子は当時17歳…
新潟県の中学を卒業して上京し、化学工場に3カ月勤めたのち、そこで知り合った寿美さんのファンに紹介され、お手伝いを募集していた高島家に住み込むようになりました。

最初は夫妻からとてもかわいがられていたA子でしたが、道夫ちゃんが生まれると状況が一変します。
赤ちゃんの世話のために看護師が雇い入れられ、看護師が自分より重用されるに従って、嫉妬心が芽生えていったのです。

決定的になったのは高島夫妻が近く南米に行くことになり、寿美さんが看護師に「お土産をいっぱい買ってくるから道夫をよろしくね」と話しているのを立ち聞きしたことでした。
「自分には何も言ってくれないのに」とひがんだA子は「道夫ちゃんがいなくなれば看護師も必要がなくなり、夫妻からの愛情がまた自分に注がれる」と思い、犯行に及んだのです。

東京地裁でA子に下された判決は懲役3~5年の不定期刑…
栃木刑務所に送られ、3年後に出所しました。
刑務所の職業訓練で学んだ美容師の仕事につき、A子はその後、1歳年下の男性と結婚しました。

一方、高島家では道夫ちゃんが亡くなって1年2カ月後に政宏さんが誕生…
さらに、その翌年には政伸さんが生まれました。
一家も周囲も事件について触れることは一切ないといいますが、心中は察して余りある事件だったのです。



ピックアップ記事

  1. 岩崎宏美…前の旦那と離婚した理由とは何だったのか?!
  2. 川上麻衣子…柔道金メダリスト吉田秀彦との二股愛?!
  3. 浅香光代の子供の父親・政治家Sは佐藤栄作で確定?!
  4. 長者番付からわかるスポーツ選手の年収(1987年度)
  5. 三浦知良とりさ子…馴れ初めと田中律子との関係とは?

関連記事

  1. 1960年代

    藤山寛美が松竹新喜劇を除籍された驚くべき理由とは?

    アホを演じさせたらこの人を超える役者は今もいな…

  2. 1960年代

    市川猿翁と元妻・浜木綿子…45年前の離婚劇の真実

    実は東大出のインテリである香川照之さんは、20…

  3. 1960年代

    山本富士子が映画に出なくなった理由とは?

    1950年に記念すべき第1回ミス日本に選ばれた…

  4. 1960年代

    中村錦之助(萬屋錦之助)と有馬稲子の離婚報道

    愛称は萬錦(よろきん)…歌舞伎役者の中村錦…

  5. 1960年代

    石立鉄男と吉村実子…別居から離婚までの30年間

    以前よりウワサのあった石立鉄男さん(当時26歳…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links

最近の記事

  1. 夏井いつき…二人の夫との馴れ初めと結婚(再婚)
  2. 中村仁美…子供は若草幼稚園から立教小学校に入学している?!
  3. 岡田朋峰(岡田真澄の娘)のプロフィールを紹介!?
  4. 佐々木勉…音楽にかけた人生とプロフィール
  5. misonoの旦那Nosukeの「精巣がんによる胚細胞腫瘍」…
  6. 北村匠海…父親が北村一輝っていうのは完全にガセ?!
  7. 小宮孝泰…病気説が出ている理由は何なのか?!
  8. 宮尾俊太郎を検索するとなぜ「真矢みき」の名前が挙がるのか?
  9. 飯田覚士…星野敬太郎の元妻・美紀と不倫関係がヤバい?!
  10. 飯田覚士…現在はボクシング塾を経宮している?!
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

カレンダー

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 1980年代

    川口浩…何度もがんに立ち向かうも「探検隊シリーズ」が終了する
  2. 2000年代

    戸川京子…自殺理由は「ぜんそく苦」だった?!
  3. 1980年代

    山崎方正は「第一種情報処理技術者試験」に合格している?!
  4. 1990年代

    鈴木蘭々…ラジオ開局した兄の逮捕で芸能界を干されたの?!
  5. 2000年代

    木幡育也騎手が使用したフロセミドとはどんな薬?
PAGE TOP