1980年代

山下泰裕…引退会見で「結婚願望」を語る?!




 

世界選手権で4度、1984年のロサンゼルスオリンピックでも金メダルに輝いた柔道家の「山下泰裕」さん。
国民栄誉賞も受賞した山下さんが引退を発表したのは、1985年6月17日のことでした。

引き分け含む203連勝、また対外国人選手には生涯無敗という大記録を打ち立てた無敵の王者の引退式だったのです。

名前:山下泰裕(やましたやすひろ)
生年月日:1957年6月1日(62歳)
職業:柔道家
出身:熊本県上益城郡山都町(旧矢部町)
学歴:東海大学大学院体育学研究科博士課程修了




Sponsored Links
 

1985年6月17日、東京都の霞ヶ関ビル内にある東海大校友会館で正式引退発表をした山下泰裕さん(当時28歳)は、王者の風格の中に一抹の寂しさを漂わせていました。
当時、現役引退の声が急に山下さんの周囲で囁(ささや)かれていましたが、山下さんに引退を決意させたものは何だったのでしょうか。

この年の4月には、山下さんが1977年に史上最年少の19歳で制覇した全日本選選手権のタイトルを9年連続で獲得していました。
決勝の斎藤仁さん(五段)との戦いには勝ったものの、山下さんの力の衰えは誰の目にも明らかだったのです。

「昨年の12月頃までは、まだやれると思っていたんです。ところが今年の選手権の調整に入った1~3月頃、自分の肉体的な衰えがハッキリわかりました。1回戦か2回戦で負けるかもしれないとさえ思ったんです。

とコメントした山下さん。
山下さんの強さを支えたものは彼の強い精神力だったのですが、その精神力にもかげりが見え始めていたと言います。

国内の試合で自分が負けても「山下が負けた」で済みますが、国際試合で負けると「日本が負けた」と言われます。だから私はそれを励みにもして来たし、負けないことを誇りにして来ました。私はよく度胸がいいと言われましたが、本当は神経質なんです。国際試合では、控え室から逃げ出したくなることもありました。そんなプレッシャーから、国際試合はオリンピックを最後にしたい気持ちがあったんです。

と語った山下さん。

1979年(パリ)、1981年(オランダ・マーストリヒト)、1983年(モスクワ)の世界選手権の優勝と、1984年のロサンゼルスオリンピックで金メダルを獲得した王者・山下さんは巨大なプレッシャーと共に戦い続けて来たのです。

そして、引退年となった1985年9月に韓国ソウルで行われる世界選手権を前に、はっきりと自らの限界を悟ったのです。
柔道だけに青春を燃やした山下さんは、最高の思い出となる試合のことを尋ねられて、1977年の全日本選手権だと答えて涙ぐみました。

19才の怪童・山下さんは、それ以来、天下無敵の強さを誇って来ました。
モスクワオリンピックのボイコットで、出場を断念する悔しさも味わっています。

1ヵ月前の5月半ば、熊本県の実家でじっくり考えた末に引逃を決意し、6月に入って東海大の松前総長、佐藤宣践監督らと相談し、最終的に決まったと言います。

この1年前の10月に最愛の祖父・秦蔵さんを亡くしたことも山下さんの気持ちを弱くしたのかもしれません。
秦蔵さんが亡くなった日、山下さんは国民栄誉賞を受け、秦蔵さんの霊前で号泣したのでした。

引退発表のこの日の朝、山下さんは家に飾ってある泰蔵さんの写真に向かってこう言いました。

今日、現役引退を発表するけど、これからも頑張ります…

引退後については聞かれた山下さんは、

世界に通用する選手をを育てたい。いい時期が来たら1年間くらい海外へ出て勉強したいと思っています。

とコメントしました。

そして、結婚について尋ねられると、巨体を恥ずかしそうに縮めながら、

正直言って、今まで1、2回はお見合いの話もありましたが進展はしていません。引退問題に関して、色々な噂が先行して報道されました。結婚問題でも同じ事態が起きて、本当に結婚までたどりつけるかどうか、ちょっと心配したりもしています(笑)理想の人は、あまりハシャギすぎず、1歩下がって男性を支えてくれる人ですね。そんな人が現われたら、僕も若くはないんだから、おのずと時期は決まってくると思います。現在、全くアテはありませんが…

とも語ったのです。

怪我が完治しなかったこともあり、28歳という若さで引退を決意した山下さん。
日本だけでなく、世界にもその強さと人柄を愛された王者の引退はこうして幕を閉じました。




Sponsored Links
 



ピックアップ記事

  1. 紋舞らん…突然の失踪・引退から現在の状況とは?!
  2. 青田典子…整形を広島市の医師会でバラされる?!
  3. 織田裕二が若い頃に起こした大モメ事件に衝撃?!
  4. 岸恵子…フランス人映画監督と結婚から離婚まで
  5. 水谷豊…伊藤蘭との馴れ初めと結婚式の様子を振り返る

関連記事

  1. 1980年代

    長谷川一夫…妻・繁夫人を追うようにして同じ病院で亡くなる

    当たり役だった東宝歌舞伎新春特別公演の…

  2. 1980年代

    長者番付からわかるスポーツ選手の年収(1987年度)

    第1回ラグビーワールドカップ開幕され、小錦八十…

  3. 1980年代

    長嶋茂雄…長女・有希に芸能界デビューの話が出たことがあった?!

    “ミスタージャイアンツ”こと「長嶋茂雄」さんと言えば、誰もが知る野球界…

  4. 1980年代

    松野大介…現在の活動と中山秀征との関係は?!

    元お笑いタレントで小説家・コラムニストでもある…

  5. 1980年代

    志穂美悦子…長渕剛との馴れ初め・結婚から現在

    千葉真一さんが率いるJAC初の女優……

  6. 1980年代

    長者番付からわかるスポーツ選手の年収(1986年度)

    世界選手権自転車競技大会プロ・スプリントで、中…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links

最近の記事

  1. 山本譲二…妻の植木悦子との馴れ初めとは?!
  2. 松田聖子…デビュー5年目でも収入はとんでもなかった?!
  3. 牛島和彦…妻の光江との馴れ初めから結婚まで
  4. 八千草薫…メニエール病という病気を患ったことがある?!
  5. 具志堅用高…妻・香澄との馴れ初めから結婚まで
  6. 森繁和…妻・靖子との馴れ初めはファンレターだった?!
  7. 久米宏 …愛人が自殺未遂をして謹慎処分になったことがある?!…
  8. 倉田保昭…クラタスポーツ・スタジオを全国展開しようとしていた…
  9. ジャッキー佐藤とナンシー久美…ジャパン女子プロレスリング設立…
  10. 都はるみ…引退の理由は中村一好が関係していたのか?!
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 1970年代

    長者番付からわかるスポーツ選手の年収(1976年度)
  2. 1980年代

    志穂美悦子…長渕剛との馴れ初め・結婚から現在
  3. 1980年代

    竹中直人と美保純が過去に熱愛宣言をしていた件
  4. 1990年代

    吉野公佳…なぜ清原和博と噂になったのか?!
  5. 1980年代

    甲斐バンド…1986年の解散理由に感動させられる件
PAGE TOP