1980年代

山本譲二…妻の植木悦子との馴れ初めとは?!

1980年にリリースした「みちのくひとり旅」が大ヒットしたことがきっかけで、一躍スターダムにのし上がった演歌歌手の「山本譲二」さん。

プライベートでは元女優の植木悦子さんと9年間の交際を経て結婚。
2人の間には2人の娘が生まれました。

今回はそんな山本譲二さんと植木悦子さんの馴れ初めに関するお話です。

名前:山本譲二(やまもとじょうじ)
生年月日:1950年2月1日(70歳)
職業:演歌歌手、俳優
所属:ジョージ・プロモーション
レーベル:テイチクエンタテインメント
出身:山口県下関市
学歴:早鞆高等学校




Sponsored Links

山本譲二さんが9年間の交際を経て、元女優の植木悦子さんと結婚宣言をしたのは1986年のこと。
1986年2月4日の午後、当時36歳だった山本譲二さんは、“北島三郎歌手生活25周年記念新宿コマ劇場特別公演”の記者発表の席でこう語ったのです。

彼女は素晴らしい友達ですし恋人です。しかし僕には仕事もありますし、ヒットを飛ばして男になって、それからおやじ(北島三郎さん)に相談するつもりでした。結婚についてはまだ彼女の両親にも話していません。今年、納得のいく行動をとってから結婚するつもりでした。

山本譲二さんが結婚を決意した女性とは、元女優の植木悦子さん(当時31歳)。
栃木県小山市出身の彼女は地元の高校を出て上京、タイピスト(タイプライターを打って印字する職業の人)学校に通う中でスカウトされてモデルとして活動していました。

その後、23歳の時にTBSのドラマ制作スタッフに紹介されて、テレビ小説「文子とはつ」(1977年10月3日~1978年3月31日)に出演、これを機に女優の道を歩み始め、「二十四の瞳」や「必殺仕置人」、「ぬかるみ女」などに出演していました。

実は発表の4年前、1982年に山本譲二さんは植木悦子さんについてこのように話しています。

悦ちゃんに初めて会ったのは5年前。その頃、すでに僕は「夜霧のあなた」、「帰っておいで」、「側においでよ」の3枚のレコードをビクターから出していましたが全くヒットせず、スケジュールはガラガラで事務所から「ただで給料をもらっていいな」なんて陰口をたたかれてた状態ですよ。やむなく新宿で弾き語りを始めたんです。ちょうどそんな時、赤坂のスタジオで、ディレクターの紹介で彼女と会ったんです。その頃、彼女コロコロ太っててね、最初は何も感じなかったですよ。ところがそれから間もなく、僕の弾き語りをしている店に来てくれたんです。2回目に会った時は、肌のつやが良くて健康的で、綺麗な子だなあって見直しましたよ。それに、話してみると楽しいしねぇ

これが2人の馴れ初めでした。
不遇の時代に励まし、和ませてくれたのが植木悦子さんだったのです。

植木悦子さんは山本譲二さんの洗濯してくれたり、彼にお金がないのがわかると、黙って1万円札をポケットに入れてくれたりもしたと言います。
こうした献身的な面がある一方で、こんなこともあったと山本譲二さんは打ち明けていました。

彼女は僕より4つ年下なんだけど、彼女の方が姉さんみたいな感じでね。一面、短気なところがあるんですよ。喫茶店なんかで話しても、たわいないことでカッとして、いきなりパチンとやられたりね。それにスポーツが得意なんです。彼女、クロールが得意でね。僕がどうしても勝てない。信じられなかったですよ

植木悦子さんに支えられ歌い続けた山本譲二さんは、1980年に「みちのくひとり旅」の大ヒットで一躍くスターダムにのし上がりました。

「もう会いにくくなったね、スターになっちゃったし」なんて皮肉っぽく言われるようになりました。でも、洗濯物を時々頼んだりするんです。将来どうなるか、それはわかりません。彼女もモテますからね。僕の方は向こう3年間、結婚ということは絶対にありません。このまま歌にかけて突っ走っていきます

当時はこのように語っていたのです。
実際に1986年の結婚発表まで、彼にスキャンダルらしいものはありませんでした。

また、2人の結婚発表を受け、山口県下関市に住んでいた山本譲二さんの母親・ハルエさん(当時61歳)はこのようにコメントしています。

近所の人が新聞記事を持ってみえて、びっくりしたんですわ。お父さんを起こしたら「本当か、これ!」と最初は怒ってるようでしたけど、「さすがは俺の子だなぁ、俺も40年お前と連れ添ってるけど、譲二も9年間も1人の女を愛し続けたか、さすが俺の子だ」なんて感心し始めましてねぇ。私があの子に見合いをすすめると、その度に「嫁さんのことは自分で決めるからね」と怒られました。そんな息子が見つけた相手ですから、きっと素敵な人だと思ってるんです。今から会うのが楽しみです

仲人はもちろん、山本譲二さんが“おやじ”と慕う北島三郎さん。
その北島三郎さんも、

私は譲二の親父さんやおふくろさんから譲二を預かっている身。歌手として売り出したいし、嫁さんも見つけなければなぁといつも思っていました。彼女とは何年か前に会って知っています。もちろん仲人は私がやります。式を今年中にと言っているから、早く話を進めたいと思っています

と語り、2人の結婚を心から祝福していたのでした。




Sponsored Links



ピックアップ記事

  1. 秋野暢子…若い頃に「卵管狭窄」という病気を疑われたことある?!
  2. 渡辺謙…白血病の闘病・克服までの道のりを振り返る
  3. 尾野真千子…元旦那の名前は「森博貴」で双子の兄はCEO?!
  4. 飯田覚士…星野敬太郎の元妻・美紀と不倫関係がヤバい?!
  5. 三津五郎…死因のフグ中毒死に勘三郎が弔辞で「バカヤロー」?!

関連記事

  1. 1980年代

    佐々木つとむ殺人事件の経緯や真相とは何だったのか?!

    ものまねタレントの神奈月さんの師匠で、はたけん…

  2. 1980年代

    太田裕美…旦那・福岡智彦と“結婚延期”していた?!

    代表曲は「木綿のハンカチーフ」。“…

  3. 1980年代

    清水アキラ…なぜ「ザ・ハンダース」を脱退したのか?!

    素人参加型のバラエティ番組「ぎんざNO…

  4. 1980年代

    近藤真彦…母の遺骨盗難事件の真相や犯人は?!

    時は年の瀬も迫った1987年暮れ…当時の男性トップアイドル・「近藤…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links

最近の記事

  1. 山本譲二…妻の植木悦子との馴れ初めとは?!
  2. 松田聖子…デビュー5年目でも収入はとんでもなかった?!
  3. 牛島和彦…妻の光江との馴れ初めから結婚まで
  4. 八千草薫…メニエール病という病気を患ったことがある?!
  5. 具志堅用高…妻・香澄との馴れ初めから結婚まで
  6. 森繁和…妻・靖子との馴れ初めはファンレターだった?!
  7. 久米宏 …愛人が自殺未遂をして謹慎処分になったことがある?!…
  8. 倉田保昭…クラタスポーツ・スタジオを全国展開しようとしていた…
  9. ジャッキー佐藤とナンシー久美…ジャパン女子プロレスリング設立…
  10. 都はるみ…引退の理由は中村一好が関係していたのか?!
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 1970年代

    辰吉丈一郎…子供の頃に宇宙人に出会って強くなった?!
  2. 1960年代

    荒木一郎…「ハレンチ歌手」として逮捕されたことがある?!
  3. 2000年代

    misonoの旦那Nosukeの「精巣がんによる胚細胞腫瘍」ってどんな病気?
  4. 1990年代

    宮沢りえ…新聞の広告にサンタフェが掲載され世間を賑わす
  5. 2000年代

    白石小百合…退社理由は香水販売だけでなく「紺野あさ美」などと同期だった?!
PAGE TOP