1980年代

フランク永井…自殺未遂の原因は何だったのか?!




 

「有楽町で逢いましょう」や「東京ナイト・クラブ」など昭和を代表するムード歌謡界の大歌手として知られる「フランク永井」さん。
そんなフランク永井さんに、思わぬ不幸が襲ったのは1985年のことでした。

名前:フランク永井(フランクながい)
本名:永井清人(ながいきよと)
生年月日:1932年3月18日~2008年10月27日(享年76歳)
職業:歌謡歌手
レーベル:ビクターエンタテインメント
出身:宮城県志田郡松山町



Sponsored Links
 

1985年10月21日の深夜2時頃、フランク永井さん(当時53歳)の夫人は、2階の寝室から夫が出て行ったのに気づきます。

最初はトイレかと思っていましたが、彼はなかなか戻らない…
そのうち階段の方から物が落ちる大きな音が聞こえました。

これは尋常なことではないと、夫人は寝室を出て1階に下ります。
らせん階段を見ると、手すりにネクタイ4本が結びつけられ、フランク永井さんがぶら下がっていました。

最初は冗談かと思って、夫人はその場にあった椅子をあてがって立たせてみましたが、フランクさんはぐったりしたまま…
首吊りを図ったのでした。

重大な事態に気づいた夫人は、すぐネクタイを緩めフランク永井さんを下ろし、救急車を呼びます。
目黒消防署の救急隊が駆けつけましたが、瞳孔が開き、呼吸、脈も弱っていました。

救急隊員によって、人工呼吸を施されたフランク永井さんは、東京都文京区の大学病院に搬送されましたが、当初の担当医に「脳死に近く、よくなっても植物人間状態」との重篤な状態だと告げられます。

フランク永井さんは大歌手として順風満帆な人生を送っているように見えました。
自殺の理由については芸能マスコミも首をかしげましたが、およそ10日後に週刊誌のスクープによって驚愕の原因が続々と明らかになります。

元愛人と称するクラブホステスが「隠し子」の巨額な養育費を要求していたというのです。
フランク永井さんは元愛人に1030万円の養育費を支払い、さらに7000万円を要求されていました。
元愛人は「支払って認知しないと世間に全部ぶちまける」と要求したと言います。

10月31日に当時40歳の元愛人自身がワイドショーに出演し、1歳になる女児がフランク永井さんとの間の子であること、認知されず生活も苦境にあることを訴えました。

この元愛人はスレンダーな美熟女で元プロ野球選手とも結婚歴がある女性だったのです。
事態はフランク永井さんと元愛人の泥仕合の様相を呈して来ました。

ところが、この元愛人には次々と新事実が出てきます。
結婚詐欺で訴え出る人が現れたり、別のプロ野球選手と過去に同様な養育費騒ぎを起こしたことが判明しました。

騒動に決着がついたのは1987年4月。
医大の鑑定結果が出たのです。

結果は女児は99.996%の確率で、元愛人と前夫の元プロ野球選手の間の子で、ほぼフランク永井さんの子ではないことが確実になったのです。

フランク永井さんは一命を取り留めましたが、後遺症が残りました。
1988年ごろに自力で歩いたり、カラオケで歌ったりと「奇跡の回復」が報じられましたが、カムバックはありませんでした。

糟糠(そうこう)の妻と呼ばれた夫人も看病疲れと10億円と言われるフランク永井さんの財産管理を巡り、親族とトラブルになり、うつ病を発症。
1992年に離婚しています。

フランク永井さんは2008年10月27日、肺炎で姉と共に入所した高級老人ホームで76年の生涯を終えました。
本人と家族の生活を一変させた余りに悲惨な騒動だったのです。




Sponsored Links
 



ピックアップ記事

  1. キャシー中島…長女の夫(猪田武)が再婚していた話はガセ?!
  2. ザ・タイガース…解散理由の知られざる真相とは?
  3. 岩下志麻の娘や弟ってどんな人なの?意外と知らない著名な家族
  4. 脚本家・ジェームス三木…女性関係を元妻に暴露され泥沼離婚
  5. 武田久美子の元夫の職業は「ファイザー製薬」の営業マン?!

関連記事

  1. 1980年代

    山崎方正は「第一種情報処理技術者試験」に合格している?!

    落語家として、またお笑いタレントとして…

  2. 1980年代

    田中裕子…沢田研二との出会いと馴れ初め

    1979年のNHK連続テレビ小説「マー…

  3. 1980年代

    マリアン…現在は娘「ERICA」と「AMI」の裏方として活動している?!

    1980年代に人形のような可愛らしい外見に、訛…

  4. 1980年代

    研ナオコに起きた離婚騒動の経緯とは何だったのか!?

    女優やコメディエンヌとしてバラエティー…

  5. 1980年代

    甲斐バンド…1986年の解散理由に感動させられる件

    1974年のシングル曲「バス通り」でデ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links

最近の記事

  1. 山本譲二…妻の植木悦子との馴れ初めとは?!
  2. 松田聖子…デビュー5年目でも収入はとんでもなかった?!
  3. 牛島和彦…妻の光江との馴れ初めから結婚まで
  4. 八千草薫…メニエール病という病気を患ったことがある?!
  5. 具志堅用高…妻・香澄との馴れ初めから結婚まで
  6. 森繁和…妻・靖子との馴れ初めはファンレターだった?!
  7. 久米宏 …愛人が自殺未遂をして謹慎処分になったことがある?!…
  8. 倉田保昭…クラタスポーツ・スタジオを全国展開しようとしていた…
  9. ジャッキー佐藤とナンシー久美…ジャパン女子プロレスリング設立…
  10. 都はるみ…引退の理由は中村一好が関係していたのか?!
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 1970年代

    初代・引田天功の死因と生前の女性問題が衝撃?!
  2. 1970年代

    さだまさし…相方の吉田正美と「グレープ」を解散する
  3. 1990年代

    長者番付からわかるスポーツ選手の年収(1992年度)
  4. 1980年代

    そのまんま東…元嫁の片平貴美代(片平夏貴)との馴れ初めとは?
  5. 1980年代

    ビートたけし…愛人Aと間に生まれた子供に関して
PAGE TOP