1980年代

実は結婚していた大江千里のデビューから現在まで





「十人十色」、「あいたい」、「格好悪いふられ方」、「ありがとう」など…
アラフォー以上の世代で「大江千里」さんを知らない人はいないのではないでしょうか。

名前:大江千里(おおえせんり)
生年月日:1960年9月6日(56歳)
職業:シンガーソングライター・ミュージシャン・ジャズピアニスト・俳優
出身:大阪府藤井寺市
出生:東京都板橋区
学歴:関西学院大学経済学部



Sponsored Links
 

デビューの翌年にシングル曲「十人十色(1984年)がCMに起用されて順風満帆な芸能生活をスタートさせた大江さん…
ドラマのテーマ曲に起用された「格好悪いふられ方」(1991年)は、オリコンチャート2位を獲得して大ヒットしました。

翌年の1992年にも「ありがとう」がドラマに起用されてこちらもヒットを飛ばすなど、80年代後半 90年代前半のポップスシーンで大活躍しました。
さらには作詞・作曲・編曲家としても、松田聖子さん、光GENJIさん、渡辺美里さんなどの著名アーティストに数多くの楽曲を提供し、プロデュースも手がけており、印税収入は一般人が聞くと卒倒しそうな額に違いないでしょう。

外見は、今でいうメガネ男子で雰囲気イケメンならぬ雰囲気メガネだった大江さんは、俳優としても多くの映画やドラマに出演しました。
また、頭の回転も良かったので、テレビ番組の司会、ラジオ番組のパーソナリティーとしても起用され、幅広い分野で評価されていたのです。

ちなみに、1983年5月のデビュー時につけられたキャッチフレーズは「私の玉子様、スーパースターがコトン」…
今聞くと笑ってしまうのですが、このフレーズの作者は、当時売れっ子コピーライターだった林真理子さんで、大江さんがいかに期待されていたのかがわかります。

しかし、トラブルがあったわけでもないのに、近年はテレビで見かけることはなくなりました。
あれほどの売れっ子だったのに、懐かしの音楽番組などから声がかからないわけはないのですが…

莫大な印税収入のお陰で、番組に出て小金を稼ぐ必要もないのかもしれませんが、雑誌やWEB媒体のインタビューに答える大江さんのコメントからは、日本の芸能界に対する未練は微塵も感じられないのです。

大江さんは、2008年に47歳にして長年の夢だったジャズミュージシャンを目指して渡米し、音大卒業後に全米デビューを果たしています。
現在もニューヨークを拠点に活動中で、最新情報は本人のツイッターで見ることができます。
ただ、若い頃を知るファンには、残念なのが外見の変化です。

いや、年相応の老い方をしただけなのだが、なにせ久しぶ見る方にとっては、「こんなんだったけ!?」と、驚いてしまう感じなのです…
最近では2013年5月9日にFacebookで既婚であることを公表…
2008年の渡米後に一般女性と結婚していたことが報じられました。
たまには日本のテレビでも、その姿を見せて欲しいものです。



ピックアップ記事

  1. 内藤裕子アナウンサー…現在は事故・NHKを退局を経て「カレー大学院」?!
  2. 黒田勇樹…引退理由は舞台降板で現在の活動は何してるの?
  3. 河合奈保子の現在と転落事故のいきさつ
  4. 清水富美加…突然の引退・出家には何があったのか?!
  5. 伊藤咲子…城みちるとの恋愛騒動と別れ秘話

関連記事

  1. 1980年代

    松本明子と旦那のなれそめに兄弟が関係している?

    80年代に歌手デビューし、バラエティー番組や映…

  2. 1980年代

    長者番付からわかる芸能人の年収(1983年度)

    東京ディズニーランド開園し、ファミリーコンピュ…

  3. 1980年代

    高田みづえ…若嶋津との出会いや馴れ初めとは?

    1985年9月27日、午前10時にホテルニュー…

  4. 1980年代

    松野大介…現在の活動と中山秀征との関係は?!

    元お笑いタレントで小説家・コラムニストでもある…

  5. 1980年代

    原田貴和子…妹・原田知世と「2人そろって奇跡のアラフィフ!」

    今や“奇跡のアラフィフ”と呼ばれる原田知世さん…

  6. 1980年代

    ジェリー藤尾…渡辺友子との離婚を老人ホームで語る

    1940年にNHKアナウンサーの父・藤尾薫宏さ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links

最近の記事

  1. 松山英太郎…死因の食道がんで父親・河原崎國太郎の葬儀に出れず…
  2. 渥美清…男はつらいよのために晩年まで家族ことも明かさず
  3. 若山富三郎…死因となった心筋梗塞を勝新太郎が看取る
  4. 榊原兄妹(魁、爽)はなぜオーストラリア国簎を選んだのか?
  5. コルファー羽鳥ジュリア…wiki風にプロフィールを紹介してみ…
  6. 水無昭善(阿闍梨)…あのトラブルから今現在は何をしている?!…
  7. 藤井サチ…玉川学園高校から上智大学にAO入試で合格する?!
  8. 平野紫耀…弟の名前が莉久(Ricky)で母親は闘病中て知って…
  9. トラウデン直美…同志社国際高校を経て慶応義塾大学に入る?!
  10. 下嶋兄の姉「下嶋生」(しもじまうぶ)ってどんな人なの?
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

カレンダー

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 1990年代

    森高千里の「顎関節症」との戦いの日々
  2. 1970年代

    石田純一…元妻といしだ壱成との関係がちょっといい話?!
  3. 1980年代

    宮川大助・花子の闘病の日々
  4. 2000年代

    飯島愛…「プラトニック・セックス」で衝撃告白
  5. 1990年代

    岸部四郎のバブル期の借金地獄から自己破産
PAGE TOP