2000年代

堺正章と岡田美里…離婚の理由と会見内容





芸能界のおしどり夫婦で知られた堺正章さん(当時54歳)と岡田美里さん(当時39歳)…
2001年6月当時、この2人の離婚には誰もが耳を疑いました。
しかも、すでに別居しており、岡田さんの著書「『しあわせ』のかたち-PTSDからの旅立ち」の中で別居・離婚の真相が記されていることでも話題となったのです。

名前:堺正章(さかいまさあき)
本名:栗原正章(くりはらまさあき)
生年月日:1946年6月6日(71歳)
職業:コメディアン、歌手、俳優、司会者、ラジオパーソナリティ
出生地:東京都世田谷区

名前:岡田美里(おかだみり)
生年月日:1961年8月24日(56歳)
職業:タレント、エッセイスト、実業家
出身:東京都港区
学歴:聖心女子大学文学部教育学科



Sponsored Links
 

6月25日、岡田さんが都内のホテルで出版会見を行いました。
離婚の理由をき聞かれて「最初に離婚を考えたのは5年くらい前。堺のそばで妻をやっていくのが大変でした。お中元やお歳暮で生きたクルマエビや殻つき生ガキ100個とか届いて、食べたいものも食べられない。宅配便が届かない日がない。礼状を書くのもすべて私」と日常の雑事が苦痛だったと告白したのです。

そして堺さんのことはこう言いました。
「結婚当初は堺も今ほど多忙でなく、週に4日間ゴルフをやっていた。なんで長者番付に載らなくちゃいけないの?(堺さんが出演中の)『ちゅらさん』のような仕事をしないお父さんがよかった」と。

さらに質問は、著書のタイトルにもあるPTSD(心的外傷後ストレス障害)について及びました。
「ある日、堺が付き人を怒鳴る姿を見て、いつか私や子供にも声を出すのかと思うようになった」…
3人目の子供を流産したショックで診察を受けた際、亡き父E・H・エリックから受けた家庭内暴力によるPTSDと診断された…
夫婦でのカウンセリングを勧められたが、多忙な堺さんは同行してくれなかったというのです。
離婚は多忙を極める夫を支える中で、日常のささいな悩みや心の不安を受け止めてもらえない寂さが理由でした。

しかし、これら一連の発言で岡田さんに同情が集まるどころか、「ぜいたく」、「わがまま」と批判が集まる結果に…
しかも、堺さんの母親までがワイドショーで「息子は一度も(美里さんを)怒ったことがない。本当に悔しい」と語ったことで、世間は岡田さんをバッシングしたのです。

そんな岡田さんを擁護したのは他ならぬ堺さんでした。
代理人によって離婚届を提出した27日、都内で会見を開いて、「(宅配便の件は申し訳ない。整理するのは大変だったろうと思います」、「私はしゃべるのが仕事でどうしても弁が立ってしまう。テンション高く仕事から家に帰って面と向かうと、加害的な雰囲気を感じたのでしょう」、「(一緒に病院に行けず)反省しています」などと約40分の会見の間、元妻を擁護する発言に終始したのです。
岡田さんの主張に対して「ほぼ反論はない」とまとめたのでした。

その後、岡田さんも自身のホームページで「配慮に欠ける発言をしてしまって悔やんでいます。(堺さんに対し)今も私の心の中に彼はいます。心から感謝しています」とフォローしました。
騒ぎにはなりましたが、最後はオシドリ夫婦らしい離婚に落ち着いたのです。



ピックアップ記事

  1. 谷亮子…参議院議員になって代表から外される?!
  2. 田代まさし…4回の逮捕と現在の活動とは?
  3. 吉沢京子…結婚から離婚の真相とは?
  4. 華原朋美…ガス中毒騒動は自殺未遂だったのか?!
  5. 長者番付からわかる芸能人の年収(2004年度)

関連記事

  1. 2000年代

    真中瞳…干された理由は何だったのか?!

    2000年代前半に大活躍した「真中瞳」さん。…

  2. 2000年代

    Niki(丹羽仁希)の彼氏は本当に山下智久で決まりなのか?!

    NEWSの元メンバー・山Pこと山下智久さんと、…

  3. 2000年代

    米倉涼子の元旦那(太田靖宏)の会社は儲かってる?

    2016年12月30日に協議離婚が成立し、離婚…

  4. 2000年代

    アンゴラ村長(本名:佐藤歩実)とスーパー3助の馴れ初めとは?

    ワタナベエンターテインメント所属のお笑いコンビ…

  5. 2000年代

    田島寧子…水泳選手から女優に転身して現在は「派遣社員」?!

    「金がいいです~!」という印象的なコメントで人…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links

最近の記事

  1. 松山英太郎…死因の食道がんで父親・河原崎國太郎の葬儀に出れず…
  2. 渥美清…男はつらいよのために晩年まで家族ことも明かさず
  3. 若山富三郎…死因となった心筋梗塞を勝新太郎が看取る
  4. 榊原兄妹(魁、爽)はなぜオーストラリア国簎を選んだのか?
  5. コルファー羽鳥ジュリア…wiki風にプロフィールを紹介してみ…
  6. 水無昭善(阿闍梨)…あのトラブルから今現在は何をしている?!…
  7. 藤井サチ…玉川学園高校から上智大学にAO入試で合格する?!
  8. 平野紫耀…弟の名前が莉久(Ricky)で母親は闘病中て知って…
  9. トラウデン直美…同志社国際高校を経て慶応義塾大学に入る?!
  10. 下嶋兄の姉「下嶋生」(しもじまうぶ)ってどんな人なの?
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

カレンダー

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 1990年代

    安藤優子…3度の不倫報道と略奪婚
  2. 2000年代

    おかもとまりの子どもと旦那naoとの結婚秘話!
  3. 1980年代

    石原真理子のプッツン女優から現在まで…
  4. 2000年代

    押尾学事件から2017年現在までの経緯
  5. 2000年代

    池谷直樹…不倫相手・谷口加奈(元新体操選手・A子)と職場不倫?!
PAGE TOP