1980年代

喜多郎…前妻・田岡由伎は山口組組長の娘だったの?!




 

世界でも高い評価を受けているシンセサイザー奏者・作曲家の「喜多郎」さん。
1994年には映画「天と地 (Heaven&Earth)」でゴールデングローブ賞作曲賞を、2001年にはグラミー賞を受賞しています。

そんな喜多郎さん、プライベートでは1984年に、元山口組・田岡一雄組長の長女、田岡由伎さんと結婚しているのです。

名前:喜多郎(きたろう)
本名:高橋正則(たかはしまさのり)
生年月日:1953年2月4日(66歳)
職業:キーボーディスト、シンセサイザー奏者、作曲家
出身:愛知県豊橋市。
学歴:愛知県立豊橋商業高等学校




Sponsored Links

喜多郎さん(当時30歳)と田岡由伎さん(当時29歳)は、1984年の年の瀬に戸隠神社(長野県長野市北西部)で結婚式を挙げました。
その日は早朝から猛吹雪で、凍りつくような寒い日だったのです。

羽織袴の新郎・喜多郎さんは、代表作となった「シルクロード」で一躍スターダムにのし上がったミュージシャン。
白無垢衣装の花嫁、由伎さんは日本最大規模の指定暴力団・山口組の故・田岡一雄組長の長女でした。

列席者は愛知県豊橋市の実家から駆けつけた喜多郎さんの両親と、由伎さんの母親・文子さん、そして異母兄となる故・田岡満さんなど身内だけです。

仲人を引き受けたのは、喜多郎さんが所属していた事務所の社長夫妻で、結婚指輪を持って車で東京を発ち、式が始まる午後1時ぎリぎリに現地へ到着していました。

神主の祝詞、新郎新婦の誓いの言葉、指輪の交換と厳粛に式は進み、式は約30分ほどで終わりました。
喜多郎さんはスニーカー、由伎さんは白い長靴を履いて、新郎に手を取られながら新雪が50センチも降リ積もった神社の前庭へ降リ立ったのです。

終わってホッとしたが、寒かったなあ。厳粛な式を挙げられてよかった。

と喜多郎さん。

由伎さんも、

三々九度の酒杯で思わず胸が熱くなリました。

とコメントしたのです。

二人は挙式の2年前、1982年に知り合いました。
喜多郎さんは由伎さんの背景を全く気にせず、由伎さんはそんな喜多郎さんの純粋さにひかれたと言います。

「大自然の中で素直に生きる」ことを求める喜多郎さん。
新居は200年前の廃屋を改造した北安曇(あずみ)郡八坂村の一軒家で、そこで二人の新しい生活が始まりました。

とは言え、喜多郎さんにはコンサートツアー「喜多郎・飛雲篇」が、翌年の1月17日からスタートしているため、いきなりの単身赴任で家にはほとんどいない状態。

一方の由伎さんは、これまで経験したことのない、雪下ろしや今まで喜多郎さんがやっていた1年分の漬け物作りなども、やることになったのです。

ただ、やはりそんな生活が難しかったのか、二人の結婚は長くは続かず、6年後の1990年に離婚。
その後 喜多郎さんは生活の拠点を海外に移しました。

それからの喜多郎さんは、アメリカ音楽誌ビルボードのニューエイジ部門アルバム・チャートで、日本人初の8週連続第1位を獲得、さらにはグラミー賞を受賞するなどアメリカで不動の地位を築きました。

また、離婚後も長野県との関係は残り、2013年には信濃大町にて、「北アルプス喜多郎コンサートin信濃大町」を開催しています。

一方、由伎さんは心理カウンセラーやエッセイストとして活躍し、有限会社ユキオフィスを立ち上げ、そこの代表取締役に着任。
また、甲陽運輸株式会社や株式会社セルフィール監査役に就くなど、実業家としても活躍しています。




Sponsored Links
 



ピックアップ記事

  1. 布袋寅泰…妻・今井美樹の父親の葬儀で大怪我する?!
  2. ミスターちん…2018年現在は世田谷で「はりきゅう治療院」を開業中?!
  3. 古今亭志ん朝(3代目)…拳銃不法所持が発覚したことがあった?!
  4. 桑原幸子…現在はゴム製品を販売する会社の社長になっている?!
  5. フィンガー5の現在…晃と正男は活動中で一夫は不動産会社を経営?!

関連記事

  1. 1980年代

    大友柳太朗…自殺の原因は「老い」だった?!

    1985年にべテラン俳優が自宅マンション屋上か…

  2. 1980年代

    志穂美悦子…長渕剛との馴れ初め・結婚から現在

    千葉真一さんが率いるJAC初の女優……

  3. 1980年代

    水谷八重子の飛び降り騒動の真相は不倫?!

    明治時代に始まった「壮士芝居」、「書生…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links

最近の記事

  1. 山本譲二…妻の植木悦子との馴れ初めとは?!
  2. 松田聖子…デビュー5年目でも収入はとんでもなかった?!
  3. 牛島和彦…妻の光江との馴れ初めから結婚まで
  4. 八千草薫…メニエール病という病気を患ったことがある?!
  5. 具志堅用高…妻・香澄との馴れ初めから結婚まで
  6. 森繁和…妻・靖子との馴れ初めはファンレターだった?!
  7. 久米宏 …愛人が自殺未遂をして謹慎処分になったことがある?!…
  8. 倉田保昭…クラタスポーツ・スタジオを全国展開しようとしていた…
  9. ジャッキー佐藤とナンシー久美…ジャパン女子プロレスリング設立…
  10. 都はるみ…引退の理由は中村一好が関係していたのか?!
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 1980年代

    なぜ松島トモ子はライオンとヒョウに噛まれたのか?
  2. 1980年代

    金田賢一…嫁・梓のぼる(大村由美子)との馴れ初めとは?!
  3. 2000年代

    林昌範…現在は「船橋中央自動車学校」で営業部長に?!年収は〇〇万円
  4. 1980年代

    穂積隆信…「積木くずし」と試練の人生から最期まで
  5. 2010年代

    仁藤優子…喉が不調となった原因とは何だったのか?
PAGE TOP