1990年代

藤田朋子…ヘア写真集騒動と2分の記者会見の真相とは?!




 

1990年代はヘアヌード写真集が立て続けに出版された時代でもありました。
同時にトラブルになったケースも多く、「藤田朋子」さんの場合は、写真週刊誌に藤田さんと有名カメラマン・荒木経憔さんのツーショットが掲載されたのです。

また、藤田さんの初ヌード写真集「遠野小説」が本人が反対する中、発売されることになりました。

名前:藤田朋子(ふじたともこ)
本名:桑山朋子
生年月日:1965年8月3(53歳)
職業:女優
所属:ホリプロ・ブッキング・エージェンシー
出身:東京都世田谷区
学歴:私立玉川学園高等部・玉川大学文学部外国語学科英語学専攻



Sponsored Links
 

1996年3月、当時30歳だった藤田朋子さんはNHK朝ドラマ「ノンちゃんの夢」で国民的ヒロインとなり、清純派女優として活躍していました。

そのため、この突然の発表にマスコミは騒然としたのです。
藤田さんの元には取材が殺到し、ワイドショーも連日報道合戦を繰り広げました。

ところが、話はここから奇妙な方向に展開し始めます。
取材に対し藤田さん側は「ヌードは撮影したが、出版はしないという約束」、「公表前にネガチェックをさせなかったのは契約違反だ」と主張し、契約破棄や写真集の出版中止を訴えました。

一方、出版元の風雅書房と、藤田さんから「裏切り者」と名指しされた出版プロデューサーの高須基仁さんは「ヌード撮影は本人も承諾しており、契約も交わしている」と藤田さんとは正反対の主張を展開したのです。

両者の言い分は平行線のまま、写真集発売の期日が近づきました。
もっとも、「撮影はしたが出すつもりはなかった」という藤田さんの発言は不可解に思われたのですが、ほどなく藤田さん側は東京地裁に出版差し止めの仮処分を申請し、本心であることがわかります。

結局、両者の対立は法廷闘争にまで持ち込まれ、東京地裁で開かれた審理、尋問に出廷した藤田さんは法廷で号泣しながら写真集の不当性を訴えました。

しかし、まさにこの当日、風雅書房側は写真集を予定より早く店頭に並べ、実質的に発売に踏み切ってしまうのです。

この翌日、東京地裁が出版差し止めの仮処分の決定を下し、写真集は発売即で発禁となったのですが、すでに書店に並んでいた初版5万部は瞬く間に完売しており、写真集は実質的に世の中に流通してしまいました。

怒りの収まらない藤田さん側は翌日の夜に緊急記者会見を開きます。
予定より15分ほど遅れて登場した藤田さんは、表情一つ変えずに手にした原稿を読み上げました。

その間、わずか2分。
直後に会見を切り上げてしまいます。

この質疑応答も一切なしという対応には詰め掛けた報道陣も騒然…
「こんなの会見じゃないよ!」といった怒号が飛び交い、興奮した報道陣が藤田さんをガードする事務所スタッフにつかみかかるなど、現場は大混乱となりました。

それまで「藤田さんは本当にダマされたのではないか?」、「ヘアヌードビジネスに利用されてかわいそうだ…」という同情的な論調もありました。
しかし、この会見で藤田さんが世間には「わがまま女優」と映ったことも否定できません。

両者の争いは、この2カ月後に藤田さん側に1000万円近い和解金が払われることでようやく収束しました。
当事者が口をつぐんでしまい、真相はヤブの中となってしまいましたが、女優・藤田朋子さんが最も注目を集めた時でもありました。




Sponsored Links
 



ピックアップ記事

  1. 大浦龍宇一…仕事上のトラブルは借金と父親が原因だった?!
  2. 沢田研二…若い頃に起こした2つの暴行事件とは?!
  3. 宮田俊哉…ネイリストの姉「宮田菜月」は今何してるの?
  4. 堀江しのぶ…死因の「スキルス性胃がん」を知らずにこの世を去る
  5. キャシー中島…長女の夫(猪田武)が再婚していた話はガセ?!

関連記事

  1. 1990年代

    仁支川峰子(西川峰子) の流された家は今?!

    2010年4月に甲状腺乳頭がんで生死の…

  2. 1990年代

    鈴木麻奈美…業界を卒業した現在は実業家に転身している?!

    1997年にデビューし、キャッチコピーは「1億…

  3. 1990年代

    小松千春…現在までの活動を振り返ってみた件

    1991年度の旭化成水着キャンペーンガ…

  4. 1990年代

    市川染五郎の隠し子と母親スキャンダルとは何だったのか?

    七代目・市川染五郎さん(本名:藤間照薫)と言えば、松本幸四郎さんの息子…

  5. 1990年代

    後藤久美子…アレジとの出会い・馴れ初めから結婚(事実婚)まで

    1987年の新語・流行語大賞の流行語部門で銅賞に選ばれた愛称の「ゴクミ…

コメント

    • Log
    • 2020年 12月 13日

    こんにちは。宜しくお願いします。
    いや〜、これはヤラセだと思いますよ。
    発売してから発売中止になったのも、最初から5万部限定だと思えば…。
    和解金をもらったと言っても、本当にもらったかも分からないから、何とでも言える。
    プロレスの抗争劇みたいなもので、裏では打ち上げで一緒に飲みに行っているでしょう。
    役を演じているだけです。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links

最近の記事

  1. 山本譲二…妻の植木悦子との馴れ初めとは?!
  2. 松田聖子…デビュー5年目でも収入はとんでもなかった?!
  3. 牛島和彦…妻の光江との馴れ初めから結婚まで
  4. 八千草薫…メニエール病という病気を患ったことがある?!
  5. 具志堅用高…妻・香澄との馴れ初めから結婚まで
  6. 森繁和…妻・靖子との馴れ初めはファンレターだった?!
  7. 久米宏 …愛人が自殺未遂をして謹慎処分になったことがある?!…
  8. 倉田保昭…クラタスポーツ・スタジオを全国展開しようとしていた…
  9. ジャッキー佐藤とナンシー久美…ジャパン女子プロレスリング設立…
  10. 都はるみ…引退の理由は中村一好が関係していたのか?!
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 1990年代

    田丸美寿々…一方的な離婚と現在について
  2. 2000年代

    すみれ…元の彼氏(中村玄也)が死んだ理由は何だったのか?!
  3. 2000年代

    紺野まひる…「夫が亡くなる」という話は完全にガセ?!その理由は…
  4. 2000年代

    西野翔…現在はDJやコスプレイヤー(Aira)としても活躍中?!
  5. 1960年代

    若尾文子の泥沼離婚騒動の真相とは?…
PAGE TOP