1990年代

森友嵐士…元嫁マリアと子供(娘)について振り返る




 

シンガーソングライターで音楽プロデューサー、最近はラジオパーソナリティーとしても活躍している元T-BOLANのヴォーカル「森友嵐士」さん。

そんな森友さんですがT-BOLANが全盛期だった1994年に、原因不明の発声障害に陥り、以後15年近くほとんど歌えない状態になってしまいました。
果たして、その原因は何だったのでしょうか。

名前:森友嵐士(もりともあらし)
生年月日:1965年10月30日(53歳)
職業:シンガーソングライター、音楽プロデューサー、ラジオパーソナリティ
所属:ビーイング
出身:広島県府中市
学歴:東海大学理学部化学科




Sponsored Links
 

東海大学時代からT-BOLANとして活躍していた森友嵐士さん。
実は東海大学在学中に理科(化学)の教負免許を取得しており、大学4年生の1年間だけは医学部解剖学に在籍していました。

ここではラット(ちょっと大きなねずみ)を使った実験を行い、卒業論文のタイトルは「思春期前ラットにおける卵巣の形態と機能」と医学部生として論文を書きあげています。

しかし、1994年に森友さんは原因不明の発声障害に陥り、ほとんど歌が歌えなくなってしまいます。
後にこれが「心因性発声障害」と判明しますが、当時の医師たちはこのメカニズムに関して知見がありませんでした。

酷いときは会話もうまくできず、西洋医学や東洋医学、ボイストレーナーなど、ありとあらゆる方法を試した結果、西洋医学の最高峰の先生に「心因性発声障害です」と診断されたのです。

ただ、声が出なかった原因が「心因性発声障害」であると診断された現在であれば、森友さんの心に影響を与えた出来事は少なからず想像できます。

1994年7月、森友さん(当時28歳)は元嫁・マリアさんと極秘結婚し、すぐに子供(娘)が生まれました。
1994年8月6日にリリースされたT-BOLANの初出アルバム「夏の終わりにII ~Lookin’ for the eighth color of the rainbow~」には「マリア」が収録されていますが、もちろんこれは妻のマリアさんのことです。

しかし、その半年後の1995年1月に2人は離婚してしまうのです。
原因はマリアさんは「多重人格障害」という病気でした。

幼い頃に父親から虐待を受けていたマリアさんは、子供の出産がきっかけで12人の多重人格障害であると診断を受けます。
この病気や過去を森友さんに知られるのことを恐れたマリアさんは、ノイローゼに陥りました。

産まれたばかりの娘を虐待したり、家に火を放ったりもしたそうです。
治療を開始したのですが実を結ばず、常に情緒不安定な生活を送っていました。
そのため、2人は互いの気持ちとは裏腹に、最終的には離婚という選択をするのです。

この時に愛するマリアさんを失うことになった精神的ショックと、心の葛藤が森友さんの「心因性発声障害」を促したことは容易に想像ができます。
特にミュージシャンは繊細な人も多いと言われており、森友さんは自分では気づかないうちに心に深い傷ができて歌えなくなってしまったのではないでしょうか。

一方、元嫁・マリアさんは森友さん以上に壮絶な人生を送っていました。
離婚から3年半が過ぎた1998年9月、マリアさんは歌であれば多重人格障害に関係なく想いを伝えることができると希望を持ち、ロックバンド「メリーメリーマリー」を結成し、シングル曲「アイシアイマショウ」でメジャーデビューを果たします。
その後「JUICE THE PUNK」のボーカルとしても活動していました。

そうして2003年には再婚し、人生に明るい展望が見えて来ていたのですが…
ここから一気に転落していくことになります。

再婚相手からDVを受けたマリアさんは、夫と別居して離婚調停をしながら、子供と都内を転々とする生活を送っていました。
その間にマリアさんの心は病んでいきます。

そうして、運命の2004年10月12日、午前6時29分頃に事件は起きました。
この日、埼玉県皆野調町皆野「美の山公園」の展望台付近の駐車場で、10~20代とみられる女性3名・男性4名の合計7人がレンタカーのワゴン車の車内で亡くなっているのが秩父警察署員によって発見されました。
この7人のうちの1人が、マリアさんだったのです。

遺書などから一酸化炭素中毒によって集団自殺をしたとわかったのですが、インターネットで仲間を集めたのがマリアさん(当時34歳)だったことが明らかになりました。

マリアさんは事件直前に娘を施設に預け、メッセージを残しています。

ごめんね。お母さんはもう死んじやうけど、あなたを産んで幸せだった

マリアさんに関しては詳しいプロフィールがわからず、本名は「シホ」さんであるという話や、T-BOLANの曲「SHAKE IT」の作詞を担当した「森下桂人」さんがマリアさんであるという話もありました。
どちらにしても、非常に複雑な人生を歩んだ女性であったことは間違いないでしょう。

一方、森友さんはマリアさんが施設に預けた子供を引き取り、再婚しています。
再婚相手との間にも子供ができ、現在は家族4人で過ごしていると言います。

マリアさんとの間に生まれた娘は2019年で25歳になる年齢で、現在は看護師の仕事に就いてると言います。
森友さんは歌が歌えなくなってから15年後、ようやくソロ活動が開始できるようになり、2017年8月16日には約21年振りの新曲を含むコンセプト・ベストアルバム「T-BOLAN ~夏の終わりに BEST~ LOVE SONGS+1 & LIFE SONGS」をリリースしました。




Sponsored Links
 



ピックアップ記事

  1. 萩尾みどり…夫の深水三章の馴れ初めから結婚まで
  2. 倉沢淳美…握手会でファンに襲われてから現在まで
  3. すみれ…元の彼氏(中村玄也)が死んだ理由は何だったのか?!
  4. 崎山つばさ…父親が作詞・作曲した曲をアルバム収録する!
  5. 宝田明…元妻「児島明子」との馴れ初めから結婚・離婚まで

関連記事

  1. 1990年代

    長者番付からわかる芸能人の年収(1997年度)

    消費税率を5%に引き上げられ、失楽園や…

  2. 1990年代

    田丸美寿々…一方的な離婚と現在について

    過去には「朝まで生テレビ!」や「報道特…

  3. 1990年代

    脚本家・ジェームス三木…女性関係を元妻に暴露され泥沼離婚

    脚本家として一時代を築いた「ジェームス…

  4. 1990年代

    川崎麻世…斉藤由貴とフライデー写真を撮られて反省した?

    かつて不倫騒動で度肝を抜いたゴシップと言えば、タレントの「川崎麻世」さ…

  5. 1990年代

    一色紗英…事件レベルと言われる交通違反の内容とは?!

    フジテレビ系のテレビ番組「学校へ行こう!」でデ…

コメント

    • s
    • 2023年 3月 25日

    マリアと嵐士の子供は、離婚した頃から元々嵐士が引き取っていて実家で育てていたし、看護士にはなっていません。

    • 瀧本文彦
    • 2023年 12月 29日

    長い時間待った甲斐がありました

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links

最近の記事

  1. 山本譲二…妻の植木悦子との馴れ初めとは?!
  2. 松田聖子…デビュー5年目でも収入はとんでもなかった?!
  3. 牛島和彦…妻の光江との馴れ初めから結婚まで
  4. 八千草薫…メニエール病という病気を患ったことがある?!
  5. 具志堅用高…妻・香澄との馴れ初めから結婚まで
  6. 森繁和…妻・靖子との馴れ初めはファンレターだった?!
  7. 久米宏 …愛人が自殺未遂をして謹慎処分になったことがある?!…
  8. 倉田保昭…クラタスポーツ・スタジオを全国展開しようとしていた…
  9. ジャッキー佐藤とナンシー久美…ジャパン女子プロレスリング設立…
  10. 都はるみ…引退の理由は中村一好が関係していたのか?!
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 1980年代

    高田美和…片岡秀太郎との結婚から「離婚お礼会見」まで
  2. 1970年代

    都はるみ…交際13年の末の結婚と離婚
  3. 1980年代

    若乃花(二代目)…元妻・幸子との結婚までの道程を振り返る
  4. 1970年代

    初代・引田天功の死因と生前の女性問題が衝撃?!
  5. 2000年代

    黒石高大…地元の出身中学は横浜市泉区にあった?!
PAGE TOP