1990年代

岩崎宏美…前の旦那と離婚した理由とは何だったのか?!




 

1975年に「天まで響け岩崎宏美」のキャッチフレーズでデビューし、抜群の歌唱力で知られ、ポップス界をリードしてきたのが「岩崎宏美」さんです。
私生活では1988年に30歳で結婚し、2児をもうけましたが、夫のドイツ赴任をきっかけに別居し、結婚生活は7年で破綻しています。

名前:岩崎宏美(いわさきひろみ)
生年月日:1958年11月12日(59歳)
職業:歌手
所属:スリー・ジー
レーベル:インペリアルレコード
出身:東京都江東区
学歴:堀越高等学校




Sponsored Links
 

夫は三井財閥の大番頭といわれ、明治の日本経済を動かした益田孝氏の玄孫で、一流商社に勤めるエリートサラリーマン…
財界の御曹司との結婚は当時「玉の輿婚」と報道されました。

しかし、1988年は昭和天皇の病状悪化が報道されており、世間には自粛ムードが広がっていたため、岩崎さんは取材を逃れるように予定を4日繰り上げ12月13日、都内の教会で極秘挙式しました。

「昔から雪の降るクリスマスに結婚したい」と憧れていたと言い、12月に純白のウエディングドレスで式を挙げ、「私って世界一幸せな花嫁ね」と泣いたと言います。
岩崎さんは芸名を夫の苗字である「益田宏美」に改め、翌年に長男(益田元気)、1992年には次男(益田勇気)が誕生しました。

幸せいっぱいと思われた生活ですが、1993年10月、夫が独デュッセルドルフに赴任するころから雲行きが怪しくなります。
岩崎さんは夫の後を追って1994年2月に渡独するのですが、わずか10日で子供と共に帰国してしまいました。

岩崎さんは「言葉の壁があるし、上の子が幼稚園へ上がる前の大事な時期に迷いながら暮らしたくない」とコメントしました。

けれどもマスコミの間では「夫の社内序列がそのまま持ち込まれた現地夫人たちの人間関係が、受け入れられなかった」、「休日でも行事に駆り出され、さらにパーティーの打ち上げでプロの岩崎に対し『1曲歌ってよ』と言った」という情報が伝わり、岩崎さんがドイツでの生活になじめなかったと報道がされたのです。

岩崎さんの夫は通常3~5年といわれる海外勤務を1年5カ月で終え、1995年3月に帰国しました。
異例の短期勤務に当初「岩崎さんが夫を日本に帰して欲しいと直談判した」というウワサも流れました。

ところが、直後の3月13日に離婚届が提出されます。
離婚話を切り出したのは岩崎さんでした。

会見では「(夫は)想像していなかったからショックのようでした」、「(1994年2月に)子供を連れてドイツに行ったとき、そういう(離婚の)話をしました」、「仲は良かった…ケンカするほどしゃべっていなかった」などと語っています。

当初、親権は夫、養育権は岩崎さんが得ました。
しかし、間もなく夫は再婚して、2人の息子は新しい母と養子縁組を結びます。

一時は裁判も考えた岩崎さんですが、最終的に2カ月に1度の面接交渉権を得て決着しました。
岩崎さんは後に雑誌のインタビューで夫の独赴任後間もなく離婚を意識したと語っています。

夫不在の家で音楽に浸る生活を続けているうち、歌いたい気持ちが高まって離婚の文字がちらつくようになったと言います。

岩崎さんはほぼ結論が出た状態で渡独…
離婚を切り出した10日間の独滞在は「メチャクチャだった」をとも語っています。

岩崎さんは離婚後、名前を岩崎宏美に戻し、歌手活動を本格再開…
2009年に10歳年下のミュージカル俳優、今拓哉(こんたくや)さんと再婚して話題になりました。




Sponsored Links
 



ピックアップ記事

  1. ローラに似ていると言われた水沢アリーの現在
  2. DJ BOSS(横田商会)をwiki的にプロフィールを紹介!
  3. 森田正光(気象予報士)の離婚スキャンダルの真相とは?
  4. 辰吉丈一郎…子供の頃に宇宙人に出会って強くなった?!
  5. 松田聖子…アメリカ人・ジェフとの不倫と暴露本

関連記事

  1. 1990年代

    Mi-Keメンバー宇徳敬子・村上遥・渡辺真美の現在とは?

    1992年に「想い出の九十九里浜」が大ヒットし…

  2. 1990年代

    桂枝雀…天才落語家の自殺の原因はなんだったのか?!

    皆から「天才落語家」と呼ばれた落語家の一人「(…

  3. 1990年代

    森脇和成…「消えた」と言われながらも舞台で活躍していた?!

    「そう言えば一時期、復帰したはず」…けれど…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links

最近の記事

  1. 松山英太郎…死因の食道がんで父親・河原崎國太郎の葬儀に出れず…
  2. 渥美清…男はつらいよのために晩年まで家族ことも明かさず
  3. 若山富三郎…死因となった心筋梗塞を勝新太郎が看取る
  4. 榊原兄妹(魁、爽)はなぜオーストラリア国簎を選んだのか?
  5. コルファー羽鳥ジュリア…wiki風にプロフィールを紹介してみ…
  6. 水無昭善(阿闍梨)…あのトラブルから今現在は何をしている?!…
  7. 藤井サチ…玉川学園高校から上智大学にAO入試で合格する?!
  8. 平野紫耀…弟の名前が莉久(Ricky)で母親は闘病中て知って…
  9. トラウデン直美…同志社国際高校を経て慶応義塾大学に入る?!
  10. 下嶋兄の姉「下嶋生」(しもじまうぶ)ってどんな人なの?
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

カレンダー

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 2000年代

    ミスターちん…2018年現在は世田谷で「はりきゅう治療院」を開業中?!
  2. 1970年代

    島倉千代子…男に騙されて「人生いろいろ」だった件
  3. 1990年代

    北大路欣也…父・市川右太衛門の老人ホーム入居騒動の真相
  4. 2000年代

    とにかく明るい安村は浮気ネタを活かせないから消えたの?!
  5. 1980年代

    水谷八重子の飛び降り騒動の真相は不倫?!
PAGE TOP