2000年代

反町理氏…パワハラ・セクハラ疑惑の内容とはいかに?!




 

2018年4月、フジテレビの報道局解説委員長でもある「反町理」氏が、フジテレビ内においてパワハラ・セクハラを行ったという疑惑があるというスクープが週刊文春から報じられました。

名前:反町理(そりまちおさむ)
生年月日:1964年4月26日(54歳)
職業:ジャーナリスト、フジテレビの報道局解説委員長
所属:フジテレビ
出身:神奈川県横浜市
学歴:早稲田大学政治経済学部政治学科、青山学院大学大学院国際政治経済学研究科




Sponsored Links
 

反町氏と言えば、1987年にフジテレビに入社した後は、首相官邸キャップ、政治部デスク等を経て、「BSフジLIVE プライムニュース」キャスターや「プライムニュース イブニング」のメインキャスターを担当していた大ベテランです。

そんな人物が本当にパワハラやセクハラを行っていたのか?…
結論から言えば、反町氏のパワハラ・セクハラ疑惑は完全に“クロ”だったようです。

その後のフジテレビの調査によると、反町氏は政治部の官邸キャップ時代に、後輩の若手女性記者をデートに誘いフラれると逆恨みしたり、政治部内で共有する取材メモを意図的にその女性に送らなかったり、時には罵倒することもあったと言います。
また、春の改編前にフジテレビが行った極秘調査では、被害者が少なくとも2人いたことが判明しました。

この件に関して5月1日、反町氏は200人ほどが集まった報道局の全体会議で深々と頭を下げ、「この気持ちについては当事者には私の口から直接お伝えした。今後は仕事で応えていくしかない、そのように考えております」と謝罪しています。

しかし当初、フジテレビの広報は「パワハラやセクハラの事実はなかったと認識している」と回答していました。
なぜ、反町氏が謝罪する流れとなったのでしょうか。

実は当時、反町氏がメインキャスターを務める「プライムニュース イブニング」の視聴率は約3パーセント前後と危機的状況にありました。
その上、パワハラ疑惑が浮上し、財務省の福田淳一次官(当時)のセクハラ問題を本腰入れて報じられないなどの問題も出ていたのです。

また、社内の女性局員から「説明して欲しい」などの声があがっていました。
結局、報道機関として被害者に謝らないとまずいという結論になり、反町氏が渋々、謝罪したという経緯があったのです。

反町氏が謝罪した会議では、岸本一朗専務取締役はパワハラ疑惑について、「当該事案について報道局として再調査してもらったが、確かに過去に部員とのトラブルがあった。これについて当時の上長が指導もしている」とコメントし、反町氏のパワハラ・セクハラの事実関係を認めました。

ちなみに、この会議には被害者となった女性局員も出席…
他部署に異動となった女性は、「少しでもフジテレビを好きになってもらえるようウソのない広報をしていきたい」と皮肉を交えながら挨拶したと言います。

これで一件落着…
と思いきや、これで幕引きとならず、その後もフジテレビ局員から「反町さんは謝罪したのに、週刊文春に対し法的措置も辞さないとコメントしたのはどういうことなのか!?」と疑問の声があがったのです。

と言うのも、この会議で報道局の幹部は質疑応答の時間を設けず、一方的に打ち切ったため、局員の怒りが爆発したのです。
翌朝のニュース編成会議で報道局長が「ダメな企業の典型的な対応」などと激しい突き上げをくらうなどの騒動も起きました。

また、反町氏に代わって4月から「BSフジLIVE プライムニュース」のメインキャスターに就任したの松山俊行氏には不倫疑惑が出たり、女性アナウンサーからフジテレビの伝統とされるセクハラ面接など多くの問題を抱えていることは否めません。
おそらく反町氏の件も氷山の一角なのでしょう。




Sponsored Links
 



ピックアップ記事

  1. 松山英太郎…死因の食道がんで父親・河原崎國太郎の葬儀に出れず
  2. ヒデとロザンナ…ヒデの死因とロザンナの現在とは?!
  3. 長者番付からわかる芸能人の年収(1985年度)
  4. 三船敏郎…介護は喜多川美佳でなく元妻・吉峰幸子がしていた?!
  5. セオドールミラー(アンミカの旦那)の会社と経歴がすご過ぎる件

関連記事

  1. 2000年代

    Apinkチョロンの性格 タトゥー・すみません事件から徹底解明!

    韓国の女性アイドルグループApink(エーピン…

  2. 2000年代

    エリーローズ…結婚して旦那がいるという話は完全にガセ?!

    若干12歳のときに、たまたまランチに居合わせた…

  3. 2000年代

    小松菜奈が「かわいい」or「かわいくない」と言われるワケとは?

    小学生向けのファッション雑誌「ニコ☆プチ」でデ…

  4. 2000年代

    葉山エレーヌ(アナウンサー)の肉食系らしからぬ堅実な判断

    かつては日本テレビの“朝の顔”ともいわれた葉山…

  5. 2000年代

    ゆりもり(年齢33歳)…大食いだけじゃない意外な素顔とは?!

    群馬県出身の美人フードファイター「ゆりもり」こ…

  6. 2000年代

    生島マリカの正体(息子、年齢、癌etc)が壮絶すぎる!!

    自叙伝「不死身の花」の著者、生島マリカさんをご…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links

最近の記事

  1. 和泉元彌…子供の学校をまとめると2019年はこうなる?!
  2. 石黒賢…父親でテニスプレーヤー「石黒修」がデビューのきっかけ…
  3. 浅村栄斗(楽天)…結婚相手と噂される彼女は「淡輪ゆき」だった…
  4. 春日俊彰(オードリー)…結婚相手とされる彼女Kのインスタを発…
  5. 安倍里葎子…橋幸夫との「今夜は離さない」を30年振りに歌う
  6. 芋洗坂係長…門司で店主を務める「二代目 清美食堂」は○○の発…
  7. 平尾昌晃…拳銃不法所持で逮捕された真相とは?!
  8. ドリーミングの寺田千代・嘉代は1963年1月8日生まれ?
  9. 神田松之丞…嫁が「食パン」ってどういうことなの?
  10. 橋幸夫…軍刀(サーベル)を持った男に切りつけられる?!
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

カレンダー

2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 1990年代

    奥山和由と黛りんたろうの「RAMPO」騒動の真相か如何に?!
  2. 1990年代

    工藤兄弟…今現在の姿は体操教室やサマーキャンプを主催している?!
  3. 2000年代

    与沢翼…現在はドバイ在住で資産は30億円?!
  4. 2000年代

    貴乃花親方…現在は元嫁の河野景子と政界進出を画策されてる?!
  5. 1990年代

    林葉直子…失踪→ヘア写真集→中原誠永世名人との不倫まで振り返る
PAGE TOP