2000年代

反町理氏…パワハラ・セクハラ疑惑の内容とはいかに?!




 

2018年4月、フジテレビの報道局解説委員長でもある「反町理」氏が、フジテレビ内においてパワハラ・セクハラを行ったという疑惑があるというスクープが週刊文春から報じられました。

名前:反町理(そりまちおさむ)
生年月日:1964年4月26日(54歳)
職業:ジャーナリスト、フジテレビの報道局解説委員長
所属:フジテレビ
出身:神奈川県横浜市
学歴:早稲田大学政治経済学部政治学科、青山学院大学大学院国際政治経済学研究科




Sponsored Links
 

反町氏と言えば、1987年にフジテレビに入社した後は、首相官邸キャップ、政治部デスク等を経て、「BSフジLIVE プライムニュース」キャスターや「プライムニュース イブニング」のメインキャスターを担当していた大ベテランです。

そんな人物が本当にパワハラやセクハラを行っていたのか?…
結論から言えば、反町氏のパワハラ・セクハラ疑惑は完全に“クロ”だったようです。

その後のフジテレビの調査によると、反町氏は政治部の官邸キャップ時代に、後輩の若手女性記者をデートに誘いフラれると逆恨みしたり、政治部内で共有する取材メモを意図的にその女性に送らなかったり、時には罵倒することもあったと言います。
また、春の改編前にフジテレビが行った極秘調査では、被害者が少なくとも2人いたことが判明しました。

この件に関して5月1日、反町氏は200人ほどが集まった報道局の全体会議で深々と頭を下げ、「この気持ちについては当事者には私の口から直接お伝えした。今後は仕事で応えていくしかない、そのように考えております」と謝罪しています。

しかし当初、フジテレビの広報は「パワハラやセクハラの事実はなかったと認識している」と回答していました。
なぜ、反町氏が謝罪する流れとなったのでしょうか。

実は当時、反町氏がメインキャスターを務める「プライムニュース イブニング」の視聴率は約3パーセント前後と危機的状況にありました。
その上、パワハラ疑惑が浮上し、財務省の福田淳一次官(当時)のセクハラ問題を本腰入れて報じられないなどの問題も出ていたのです。

また、社内の女性局員から「説明して欲しい」などの声があがっていました。
結局、報道機関として被害者に謝らないとまずいという結論になり、反町氏が渋々、謝罪したという経緯があったのです。

反町氏が謝罪した会議では、岸本一朗専務取締役はパワハラ疑惑について、「当該事案について報道局として再調査してもらったが、確かに過去に部員とのトラブルがあった。これについて当時の上長が指導もしている」とコメントし、反町氏のパワハラ・セクハラの事実関係を認めました。

ちなみに、この会議には被害者となった女性局員も出席…
他部署に異動となった女性は、「少しでもフジテレビを好きになってもらえるようウソのない広報をしていきたい」と皮肉を交えながら挨拶したと言います。

これで一件落着…
と思いきや、これで幕引きとならず、その後もフジテレビ局員から「反町さんは謝罪したのに、週刊文春に対し法的措置も辞さないとコメントしたのはどういうことなのか!?」と疑問の声があがったのです。

と言うのも、この会議で報道局の幹部は質疑応答の時間を設けず、一方的に打ち切ったため、局員の怒りが爆発したのです。
翌朝のニュース編成会議で報道局長が「ダメな企業の典型的な対応」などと激しい突き上げをくらうなどの騒動も起きました。

また、反町氏に代わって4月から「BSフジLIVE プライムニュース」のメインキャスターに就任したの松山俊行氏には不倫疑惑が出たり、女性アナウンサーからフジテレビの伝統とされるセクハラ面接など多くの問題を抱えていることは否めません。
おそらく反町氏の件も氷山の一角なのでしょう。




Sponsored Links
 



ピックアップ記事

  1. 鬼束ちひろ…病気休業から2017年現在までの軌跡
  2. 島倉千代子…爆発物事件が起きて本当に「人生いろいろ」だった件
  3. 高橋惠子…30数年前に舞台をすっぽかして逃避行した理由とは?!
  4. キャバ嬢に暴行した中山功太はこれでテレビ見納め?!
  5. 志尊淳は韓国人?本名の由来は実は〇〇だった?!

関連記事

  1. 2000年代

    牧瀬里穂…旦那・NIGOとの馴れ初めから結婚まで

    中学2年のときにスカウトされて、17歳…

  2. 2000年代

    秋吉久美子の息子(遊)の転落死から…

    アジア映画祭主演女優賞や日本アカデミー賞優秀主…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links

最近の記事

  1. 新田恵利…熱海の家は「伊豆山エリア」or「多賀・網代エリア」…
  2. 紺野美沙子…息子は慶應義塾大学を卒業している?!
  3. 金村義明…息子がキャディを始めたワケとは一体?!
  4. 紺野ぶるま…旦那はオードリー若林似の会社員?!
  5. 佐藤二朗…嫁のルミは息子に「オジサンみたい」と言われたことが…
  6. 清貴…LGBTをカミングアウトして本来の自分を取り戻す?!
  7. つちやかおり…娘(次女)は病気を乗り越えグラフィックを学んで…
  8. 山本譲二…交通事故で全治2ヵ月の重傷を負ったことがある?!
  9. 古尾谷雅人の息子・高藤疾土は父親の名前で再び役者を志す?!
  10. 王理恵…姉は理香で妹は理沙で2人とも一般女性?!
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 2000年代

    新田恵利…熱海の家は「伊豆山エリア」or「多賀・網代エリア」?!
  2. 2000年代

    向井亜紀…代理出産における東京高裁と最高裁の裁判結果
  3. 2000年代

    鹿賀丈史…体調不良の理由が「認知症」だと言われるワケとは?!
  4. 1980年代

    ポールマッカートニー…来日して大麻所持で逮捕されたことがある?!
  5. 2000年代

    宇多田ヒカル…徳島事件の真相とは如何に?!
PAGE TOP