2000年代

蛭子能収…サイコパス的な名言の数々に衝撃?!




 

漫画家であり、俳優、タレントとしても活躍中の「蛭子能収」さん。
世間にはどちらかというと、彼の本業である漫画家としてよりも、タレントとして多くの方に知られているかもしれません。

そんな蛭子さんですが、実際に「優しそうなおじさん」と思われている方も多いのではないでしょうか。
その「優しそうなおじさん」が、実は人か?悪魔か?と言われるくらいのサイコパス的な発言が多く取り糺されているのです…

名前:蛭子能収(えびすよしかず)
生年月日:1947年10月21日(71歳)
職業:漫画家、イラストレーター、タレント、ギャンブラー、俳優
所属:ファザーズコーポレーション
出身:熊本県天草市
学歴:長崎市立長崎商業高等学校卒業




Sponsored Links
 

タレント・俳優として近年では旅番組でも活躍してる漫画家の蛭子能収さんは、明石家さんまさんから「笑う悪魔」というニックネームをつけられているといいます。
テレビで見る限りでは人の良さそうなおっちゃんのような気がするのですが、なぜ彼は「悪魔」と呼ばれているのでしょうか?

それは彼の異常すぎる性格からきているといいます…
特に「生死」と「性」に関しては他の追隨を許さないほどに「どうかしてる」発言が多いのです。

かなり誇張が入っていると思われ、あくまで都市伝説ですが例を何点か紹介すると…

➀「人が死ぬと楽しい。ついおかしくて笑ってしまう」とテレビでコメント。
➁難民キャンプでの食料配給のシーンを見て「あれ、全部腐ってたら面白いよね」と笑いながらつぶやく。

➂ビートたけしさんの母親が亡くなった際、葬儀に参列し、ニヤニヤ笑っていたため北野家の遺族達を激怒させる(本人、曰く「葬式は苦手」)。

➃奥さんとのラブラブぶりを芸能レポーターから聞かれたさい「ほら、奥さんなら金を払わずにヤレますからね」と身も蓋もない発言をする。

➄そんな奥さんには「妊娠しても堕ろせぱいい」と言い、一切の避妊をさせなかった。

などなど…
まさに強烈なエピソードが満載なのです。

中でも特にスゴイのは「TVタックル」で大竹まことさんに突っ込まれた時のエピソードです。
気を悪くした蛭子さんは聞こえるか、聞こえないかの声で「…人殺しのくせに」とつぶやいたと言います(大竹まことは交通事故をおこし相手の男性が亡くなっている)。
あまりに非人道的な抵抗ですよね…

このような異常すぎる性格には何か原因があるのでしょうか?

蛭子さんは中学2年生の時に、不良グループに強制的に入らされ、いじめを受けていたといいます。
使い走りや持参した弁当をご飯と梅干しだけの日の丸弁当に無理矢理交換させられたり、学校で事件が起こると濡れ衣を着せられていました。

そのため、家に帰るとノートに嫌な相手を殺す漫画を描いて、学校の不満などを発散させていたといいます。
ひょっとすると、この頃から少しずつ蛭子さんの中の悪魔が育ってきていた…
つまりは「サイコパス」と言われる所以なのかもしれません。

そう考えると、ある意味で蛭子さんは、「最強芸能人」だとも言えるのではないでしょうか。




Sponsored Links
 



ピックアップ記事

  1. 佳那晃子…借金4億の原因と返済までの日々を振り返る
  2. 剛力彩芽…前澤友作のせいでアンビリバボーを降板になる?!
  3. 乱一世…あの「失言内容」って何て言ったんだっけ?
  4. 朝比奈マリア…旦那・上田健一との馴れ初めに雪村いづみが関係してた?!
  5. ひょっこりひょうたん島(NHK)の打ち切りは政治的圧力だった?!

関連記事

  1. 2000年代

    田中聖の現在までとバンド解散までの経緯が衝撃?!

    2006年にメジャーデビューしたジャニ…

  2. 2000年代

    クロちゃんの元カノ「滝沢かのん」はセクシー女優だったの!?

    お笑いグループ安田大サーカスのボケ担当、怖い顔…

  3. 2000年代

    和田勉…セクハラ騒動を起こして表舞台から消えていた?!

    「NHKを代表する演出家」や「ガハハおじさん」…

  4. 2000年代

    山本モナ…細野豪志と二岡智宏との不倫で二度も番組降板?!

    ノルウェー人とのハーフで、ストレートな…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links

最近の記事

  1. 山本譲二…妻の植木悦子との馴れ初めとは?!
  2. 松田聖子…デビュー5年目でも収入はとんでもなかった?!
  3. 牛島和彦…妻の光江との馴れ初めから結婚まで
  4. 八千草薫…メニエール病という病気を患ったことがある?!
  5. 具志堅用高…妻・香澄との馴れ初めから結婚まで
  6. 森繁和…妻・靖子との馴れ初めはファンレターだった?!
  7. 久米宏 …愛人が自殺未遂をして謹慎処分になったことがある?!…
  8. 倉田保昭…クラタスポーツ・スタジオを全国展開しようとしていた…
  9. ジャッキー佐藤とナンシー久美…ジャパン女子プロレスリング設立…
  10. 都はるみ…引退の理由は中村一好が関係していたのか?!
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 2000年代

    種田梨沙の病気(病名)が「ジストニア」だと言われる根拠
  2. 1970年代

    木之内みどり…不倫・引退騒動から現在までを振り返る
  3. 1980年代

    中本賢…嫁の奈良崎佐輝子との馴れ初めと結婚について
  4. 1970年代

    欧陽菲菲…夫・式場壮吉との馴れ初めと結婚を振り返る
  5. 2000年代

    式守与之吉…休場の原因となった「ギラン・バレー症候群」とは?!
PAGE TOP