2000年代

GACKTと野田聖子…仮想通貨「スピンドル」を介した意外な関係とは?




 

歌手や俳優として活躍する「GACKT」さんが、広告塔を務めていた仮想通貨「SPINDLE(スピンドル)」をご存知でしょうか?
通称「GACKTコイン」とも呼ばれたこの仮想通貨ですが、この「スピンドル」をめぐってGACKTさんだけでなく、政治家の「野田聖子」衆議院議負が絡み、大きな問題になったことがあリました。
2019年2月現在、もう一度このスピンドルに関して振り返ってみたいと思います。




Sponsored Links
 

仮想通貨「スピンドル」とは?

さて、そもそも「SPINDLE(スピンドル)」とは?という話からしたいと思います。
スピンドルはイーサリアムのブロックチェーンERC-20をベースに作られた仮想通貨(暗号通貨)で、2017年10月からGACKTさんを広告塔にして販売が開始されました。

運営元は「株式会社BLACKSTAR&co.」(ブラックスター社)で、2018年5月に取引所に上場することを目指したICO案件だったのです。
特徴として、何と言ってもGACKTさんが広告塔になって宣伝していること、そして投資・運用の資金調達プラットフォームを構築することを目的とした仮想でし仮想通貨だということです。

そうして、やはりGACKTさんの影響が大きかったのか、スピンドルは市場から約220億の資金を調達し、予定通り2018年5月に取引所に上場を果たします。

しかし、スピンドルは当初、最高値28.3円を記録したのですが、なんと、その1日後には20分の1まで暴落してしまったのです。
ただ、これだけであれば、数あるICO案件のあるあるで終わっていたはずです。

けれども、スピンドルは徐々に色々な問題が発覚していきました。
まずは2018年9月7日、スピンドルの発案者である宇田修一氏に対して、金融庁が行政処分が下されます。

宇田修一氏は、以前代表を務めていた「ドラグーンキャピタル株式会社」が、過去に金融庁から金融商品取引業の取り消し処分を受けていました。
この処分は投資家から集めたお金を不正利用した疑いに対する金融庁からの説明要求を宇田修一氏が1年間も無視し続けたことが理由です。

ちなみにドラグーンキャピタル社の役員メンバーは、スピンドルの開発および販売を担っているBLACK STAR&CO社とほぼ同じメンバーなのです。

この処分を受け、BLACKSTAR &Co.社は、2018年8月15日に本社を日本(東京都千代田区)からロンドンに移転し、併せて日本オフィスを閉鎖することを発表しました。

また、スピンドル自体の将来性にも疑問が出ていました。
スピンドルは有望なベンチャー企業がクラウドファンディングなどの資金調達として利用できるようなプラットフォーム構築を目指すとのことだったのですが、それ以上に具体的な内容はなく、プロジェクトは不透明で将来性が見えなかったのです。

スピンドルでは2018年11月22日に、仮想通貨ヘッジファンドのマッチメイキング・プラットフォーム「ZETA」のα版をリリースしています。
「ZETA」は世界中にある有益な投資案件を探し出せるプラットフォームと明記されていますが、実際のところは開発段階で、そもそもそんな巨大なプラットフォームを完成させることができるのかも疑問視されました。

このような背景も合わさり、スピンドルはあっという間に下がっていったと言われているのです。




Sponsored Links
 

GACKTと仮想通貨「スピンドル」の関係とは?

このような中、GACKTさんに対しても樣々な声が あがリました。
「GACKTコイン(ガクトコイン)」とまで言われていたスピンドルですが、実はこう呼ばれていたのには何もGACKTさんが広告塔だったからだけではありません。

実はGACKTさん自身もスピンドルの主要なメンバーだったからなのです。
東スポWEB(2018年7月27日)によると、「俺も被害者」と主張しているGACKTさんでしたが、中心メンバーだった彼は胴元であり、ボロ儲けした疑いが浮上していました。

知り合いの芸能関係者らにも投資を呼びかけていたそうで、一説には、GACKTさんはスピンドル上場直後に、数千万円分をうまく売り抜けたという情報も出たのです。

GACKTさんのブログ(アメブロ)にも、スピンドルの情報が度々紹介されており、単なる広告塔ではなくインフルエンサーの役目も担っていることがわかります。




Sponsored Links
 

野田聖子と仮想通貨「スピンドル」の関係とは?


一方の野田聖子議員とスピンドルにはどのような関係があったのか?
それは、2018年7月19日に朝日新聞が報じた「金融庁の担当者を呼び、無登録での仮想通貨交換業を行なっていたとして金融庁から通告を受けていた業者を同席させたうえで、庁のスタンスを説明させていた」という問題です。

これはどういうことかと言うと、野田聖子議員は秘書を介して「BLACKSTAR &Co.」に対して1年間に渡って通告を出していた金融庁の担当者を自らの事務所に呼びつけたという話です。

金融庁から通告を受け、書面での回答を求められた「BLACKSTAR &Co.」は、この通告後、野田議員の秘書が「BLACKSTAR &Co.」の関係者を伴い、金融庁に説明させたのです。

金融庁の担当者からすれば、違反が疑われる業者の隣に大臣秘書が同席しているため、「通告を撤回しなさい」という無言の圧力を感じ取ったとしても不思議ではありません。
つまり、金融庁に野田聖子議員が圧力をかけたと言われても仕方のない行為だったのです。

しかも、金融庁に情報公開請求していた内容が、開示決定前に野田議員に伝わっていたことも明らかになり、7月24日に金融庁は情報漏出を認め、野田議員も謝罪することになりました。

では、そもそも野田議員はどうして「BLACKSTAR&Co.」社の肩を持つような真似をしたのか?
実はスピンドルには、野田議員のも夫・野田文信氏が絡んでいたのです。

元暴力団員とも報じられた野田文信氏は「BLACKSTAR&Co.」社とつながりがあり、スピンドルの発起メンバーとされているのです。
スピンドルの立ち上げ時から「BLACKSTAR&Co.」社を支援し、仮想通貨交換業者にスピンドルの上場を働きかけるなどをしていた人物でした。

創業メンバーには一定割合のSPDトークン(スピンドルの通貨記号SPDの通貨引換証)が割り当てられており、文信氏も権利を持っていたのです。

つまり、野田事務所による金融庁担当者の呼び出しは、「単なる陳情処理」ではなく、野田夫妻の知人が絡むビジネスで、しかも夫妻の収入にも直結する話だったのです。

朝日新聞の報道を受け、野田議員は「仮想通貨業の一般的な説明を受けただけで、圧力ではない」と会見で釈明し、お咎めはありませんでした。




Sponsored Links
 

まとめ

今回のスピンドルに関して様々な人間が絡み、何やら仮想通貨(暗号通貨)自体が、きな臭いもののような印象を与えてしまったことは否めないでしょう。

GACKTさんや野田聖子議員に関しても、このスピンドルのことがあってからしばらくはあまりメディア露出が少なかったように思います。

現在、スピンドルの価格は0.08円前後(2019年2月4日現在)を推移しています。
運営元の「BLACKSTAR&Co.」社も特に今年に入ってから、目立った動きが見受けられません。
果たしてスピンドルはこの先、どのようになっていくのでしょうか。




Sponsored Links
 



ピックアップ記事

  1. 熊谷真実とつかこうへいの結婚とスピード離婚
  2. 小杉理宇造の中森明菜やSMAPに対する対応がヤバ過ぎて怖い?!
  3. Apinkチョロンの性格 タトゥー・すみません事件から徹底解明!
  4. 朝潮太郎…嫁の芋縄恵と1億円の豪華結婚式・披露宴を挙げる?!
  5. すみれ…元の彼氏(中村玄也)が死んだ理由は何だったのか?!

関連記事

  1. 2000年代

    小園凌央の弟・隼輝は成城大学卒業後は芸能界デビューする?!

    父親はタレントのヒロミさんで、母親はタレントで…

  2. 2000年代

    おかもとまりの子どもと旦那naoとの結婚秘話!

    ものまねタレントおかもとまりさん。芸人さん…

  3. 2000年代

    長者番付からわかる芸能人の年収(2004年度)

    シアトル・マリナーズのイチローがシーズン最多安打記録を84年ぶりに更新…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links

最近の記事

  1. 桜井賢…嫁の桂子との馴れ初めから結婚までを振り返る
  2. 王貞治…現役引退会見では何を語ったのか?!
  3. 中山千夏…参議院選に出馬した理由は何だったのか?!
  4. 加藤茶…元妻の田前鈴子との馴れ初めと結婚会見の様子とは?!
  5. 芹洋子…愛馬・キヨヒメで5000万円近くも稼いでいた?!
  6. 美川憲一…大麻取締法違反で逮捕される前に行った釈明会見とは?…
  7. 千昌夫…40億円で香港のホテルを買収したことがあった?!
  8. 金沢明子…若い頃に多忙とストレスで声が出なくなったことがある…
  9. 玉元光男…妻の牧野由美子との馴れ初めから結婚まで
  10. 清水紘治と大谷直子の馴れ初めと結婚・離婚まで
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 1960年代

    中村錦之助(萬屋錦之助)と有馬稲子の離婚報道
  2. 1970年代

    愛川欽也とうつみ宮土理…馴れ初めと結婚に至るまでの経緯
  3. 1980年代

    宝田明…元妻「児島明子」との馴れ初めから結婚・離婚まで
  4. 1970年代

    津川雅彦の娘・誘拐事件の結末と犯人Tについて
  5. 2000年代

    式守与之吉…休場の原因となった「ギラン・バレー症候群」とは?!
PAGE TOP