2000年代

水野美紀…独立した理由は何だったのか?!

「水野美紀」さんの人生は最初から波乱に満ちていました。
自伝によると、産まれたときに「血液不適合」という病気で生死をさまよい、全身の血を半分抜いて輸血する必要がありましたが、「タバコも酒もやらないB型の健康な20歳前後の人」の血液が必要で、その中でもさらに諸条件が合致するものでなくてはならなかったといいます。

困難を極めたが小さい町で人々が呼びかけあった結果…
たった2人だけ輸血可能な人がいたおかげで、九死に一生を得たといいます。

名前:水野美紀(みずのみき)
生年月日:1974年6月28日(45歳)
職業:女優
所属オフィス・モレ
出身:香川県高松市
明治学院大学文学部英文学科(中退)




Sponsored Links
 

そんな水野さんが演技に目覚めたのは、小学6年生のときに「ガラスの仮面」を読んでから…
同時期に少林寺拳法も始めるようになり、その経験が上京後に倉田アクションクラブでアクションを習う下地になったといいます。

1987年に「第2回 東鳩オールレーズンプリンセスコンテスト」で準優勝し、芸能界入り…
戦隊ものやくノ一ものなどに出演した後、唐沢寿明さんと共演した「コーヒー ルシェリ」のCMで世間の注目を浴びました。
その後、所属していた事務所が閉鎖したため、1994年に周防郁雄社長で有名なバーニングプロダクションに移ります。

そして3年後、大出世作「踊る大捜査線」と出会うことになりました。
柏木雪乃役を演じた水野さんは、ドラマの人気と相まって大ブレイクを果たします。

その後も多くの映画・ドラマに出演していましたが、2005年に唐突に事務所から独立することになります。
水野さんは持ち味であるアクションや舞台も重視した活動をしたかったのですが、事務所は水野さんを清純派として売り出していたため、衝突したのが独立の理由といわれています。

しかし、独立が災いしてか、「踊る大捜査線」の映画化第3弾には出演できず、以降は仕事が激減…
メジャーな役をもらえない年月が続きました。

もはや第一線に戻るのは難しいかと思われた矢先、転機が訪れます。
某パーティーで水野さんは周防社長と再会…
そこで許しを得て傘下の事務所と業務提携を結ぶことになったといいます。

そこからまた大きな仕事に起用されるようになりました。
「踊る大捜査線」の最終作にも出演し、2005年のドラマ「アイムホーム」では木村拓哉さんの元妻役を演じることでゴールデンに返り咲いたのです。

最近では、深夜ドラマ「奪い愛、冬」の怪演が話題となり、順調な仕事ぶりが続いています。
危機に陥っても息を吹き返す不思議な運を水野さんは、誕生のときから持ち続けているのかもしれませんね。




Sponsored Links
 



ピックアップ記事

  1. 向井亜紀…代理出産における東京高裁と最高裁の裁判結果
  2. フィンガー5の現在…晃と正男は活動中で一夫は不動産会社を経営?!
  3. 若人あきらの失踪事件の真相は「シマ性健忘症」なのか?!
  4. 清原和博…母が難病!病名はアルツハイマーだけじゃなかった!?
  5. 鈴木麻奈美…業界を卒業した現在は実業家に転身している?!

関連記事

  1. 2000年代

    藤原竜也…ドラマ「デスノート」で死亡者が出た?!

    アニメ化や映画化され、大ヒットとなった…

  2. 2000年代

    辻岡義堂の実家はこのお寺だった?!その理由とは…

    愛称は「ギドー」や「義堂ちゃん」…と言えば…

  3. 2000年代

    照強…元ヤンキーと噂される力士の情報を調べてみた件

    伊勢ケ濱部屋の現役大相撲力士「照強翔輝…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links

最近の記事

  1. 山本譲二…妻の植木悦子との馴れ初めとは?!
  2. 松田聖子…デビュー5年目でも収入はとんでもなかった?!
  3. 牛島和彦…妻の光江との馴れ初めから結婚まで
  4. 八千草薫…メニエール病という病気を患ったことがある?!
  5. 具志堅用高…妻・香澄との馴れ初めから結婚まで
  6. 森繁和…妻・靖子との馴れ初めはファンレターだった?!
  7. 久米宏 …愛人が自殺未遂をして謹慎処分になったことがある?!…
  8. 倉田保昭…クラタスポーツ・スタジオを全国展開しようとしていた…
  9. ジャッキー佐藤とナンシー久美…ジャパン女子プロレスリング設立…
  10. 都はるみ…引退の理由は中村一好が関係していたのか?!
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 2010年代

    ジョイマン高木の「詩ツイート集」が必見?!
  2. 1980年代

    杉山清貴…元嫁・柳沢裕子との馴れ初めから結婚まで
  3. 1980年代

    具志堅用高…妻・香澄との馴れ初めから結婚まで
  4. 1980年代

    田中好子…投資ジャーナル事件に巻き込まれたことがある?!
  5. 1980年代

    薬丸裕英…交通事故で1人だけ全治1週間の怪我を負う?!
PAGE TOP