1980年代

川口浩…何度もがんに立ち向かうも「探検隊シリーズ」が終了する




 

壮絶な闘病を続けていた「川口浩」さんの命がついに力尽きたのは、1987年11月17日午後6時39分…
心電図が真っすぐの線になったときでした。

享年51歳…
「川口浩探検隊」(テレビ朝日系)で絶大な人気を誇った隊長のあまりにも早すぎる死でした。

名前:川口浩(かわぐちひろし)
生年月日:1936年8月22日~1987年11月17日(享年51歳)
職業:俳優、司会者、探検家、タレント
出身:東京府
学歴:慶應義塾高等学校(中退)




Sponsored Links
 

1987年の7月末ごろから川口さんは「食べ物が喉を通りにくい」と違和感を訴えるようになっていました。
検査を受けると食道がんと診断され9月7日、東京女子医大に入院したのです。

2年前にも川口さんは胃がんの手術を受けていました。
胃の5分の3を切除し生還しています。
その後は定期検診を受けるようになりましたが、4月の検診時には何も発見されなかったのです。

その5月後、食道がんを見つけた担当医が夫人の野添ひとみさんに「普通の人なら1年半ぐらいかかるところを1カ月ぐらいでがんが育ってしまう異常体質」と説明しました。

母で女優の三益愛子さんは膵臓がんで1982年に亡くなっています。
父で作家の川口松太郎さんもまた1985年に亡くなるまでに食道がんの手術を2度受けていました。
典型的ながん家系だったのです。

9月末になると、川口さんは「喉が痛い」と言い出します。
食堂がんに加え、下咽頭がんも併発していました。

担当医は声帯を取る手術を勧めましたが、川口さんは「死んでも声が出なくなるのはイヤ」と拒否…
手術の代わりにコバルト照射を行うことになったのです。

下咽頭がんは徐々に小さくなりましたが、食道がんの進行はそれにも増して早いものでした。
11月1日に食道から痰(たん)を出すためのバイパス手術が行われ、メスで患部を開いてみると、予想以上に進行していたため、同時に食道、胃、脾臓を摘出しました。

14日、気管支を切開し痰を出すための管が肩と首の間から差し込まれると、しゃべることができなくなります。
ひとみ夫人が白いボードを買ってきて、そこに大きな文字を書いてやりとりをしました。

「耳は聞こえる」というので川口さんは筆談、ひとみ夫人は声に出して伝えました。
それからわずか3日後に亡くなってしまうのですが、周囲はあの隊長が簡単に命を落とすとは想像できませんでした。
「必ず乗り切ると信じていた」と川口浩探検隊の関係者も語っていたのです。

同番組がスタートしたのは1977年…
川口さん率いる探検隊が秘境で遭遇するさまざまなアクシデントに向かっていくシリーズは足かけ9年、45回にも及びました。
その多くがヤラセで、視聴者はそれを知りながら楽しむというバラエティーだったのです。

「川口さんは次第に本物を求めるようになり、危険を顧みず自ら何でもチャレンジするようになるんです。あんな強靭な精神力を持った人が亡くなるとは…」と関係者もコメント。

17日の昼前、川口さんはボードに「30%駄目だ。気力で頑張る」、さらに「みんな元気でみんな仲良く」と書きました。
傍らにいたひとみ夫人と長女の目に涙があふれます。

すると川口さんは「泣くな」と書いて、「サンキュー」と続けました。
それが最期の言葉でした。

夕方、容体が急変…
ひとみ夫人が「浩、浩…」と叫びながら川口の頬を叩いたが反応はなく、そのまま帰らぬ人となったのです。

1995年5月4日には妻のひとみ夫人が甲状腺ガンのため死去…
享年58歳でした。
川口さんが病魔に侵される数年前には脾のう胞を患うなど病気がちだったと言います。

その後、2005年1月26日にはユニバーサルミュージックから「川口浩探検隊」シリーズ中6本が初めてDVD化され、発売されま、2007年には日本文芸社より未確認生物編の5話が山口正人氏によりコミック化されました。




Sponsored Links
 



ピックアップ記事

  1. 円広志…パニック障害で番組降板
  2. 江角マキコの年金未納問題が生んだ政治家への波紋
  3. 長瀬愛…元祖キカタン女優の現在とは?!
  4. 松方弘樹…仁科亜季子との結婚から離婚に至るまで
  5. 宮田俊哉…ネイリストの姉「宮田菜月」は今何してるの?

関連記事

  1. 1980年代

    清水ひとみ…ストリップ界から姿を消して現在の行方は?

    1980年代後半に活躍したストリッパーの「清水…

  2. 1980年代

    堀江淳の「死亡説」はこうして生まれた

    覚えておられる方も多いはず…「水割りをくだ…

  3. 1980年代

    美空ひばり…死因は癌(がん)ではなく間質性肺炎と肝硬変?!

    愛称は御嬢(おじょう)…戦後の歌謡界を代表…

  4. 1980年代

    長者番付からわかるスポーツ選手の年収(1983年度)

    青木功さんが日本男性初の全米ツアー優勝し、スピ…

  5. 1980年代

    宮川大助・花子の闘病の日々

    夫婦漫才の大御所といえば、「宮川大助・花子」さ…

  6. 1980年代

    マリアン…現在は娘「ERICA」と「AMI」の裏方として活動している?!

    1980年代に人形のような可愛らしい外見にと、…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links

最近の記事

  1. 松山英太郎…死因の食道がんで父親・河原崎國太郎の葬儀に出れず…
  2. 渥美清…男はつらいよのために晩年まで家族ことも明かさず
  3. 若山富三郎…死因となった心筋梗塞を勝新太郎が看取る
  4. 榊原兄妹(魁、爽)はなぜオーストラリア国簎を選んだのか?
  5. コルファー羽鳥ジュリア…wiki風にプロフィールを紹介してみ…
  6. 水無昭善(阿闍梨)…あのトラブルから今現在は何をしている?!…
  7. 藤井サチ…玉川学園高校から上智大学にAO入試で合格する?!
  8. 平野紫耀…弟の名前が莉久(Ricky)で母親は闘病中て知って…
  9. トラウデン直美…同志社国際高校を経て慶応義塾大学に入る?!
  10. 下嶋兄の姉「下嶋生」(しもじまうぶ)ってどんな人なの?
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

カレンダー

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 1990年代

    山口百恵(三浦百惠)…自宅に暴漢が乱入した事件をプレイバックする
  2. 2000年代

    吉澤友貴…堀井新太と熱愛から結婚する可能性はあるの?!
  3. 1960年代

    藤山寛美が松竹新喜劇を除籍された驚くべき理由とは?
  4. 2000年代

    潮田玲子のポエムを全文見たけどやっぱり痛いわ…
  5. 1980年代

    マリアン…現在は娘「ERICA」と「AMI」の裏方として活動している?!
PAGE TOP