1980年代

アグネスチャン…夫の金子力との馴れ初めから結婚まで




1972年に代表曲の一つ「ひなげしの花」で、日本での歌手デビューを果たした歌手の「アグネス・チャン」さん。
その後も「草原の輝き」や「星に願いを」などがヒットし、アイドル・タレントとしても一躍スターダムにのし上がりました。

そんなアグネスさん(当時30歳)が、結婚したのは1985年12月25日のこと。
相手は現在の夫でもある金子力(かねこつとむ)さん(当時31歳)でした。
果たして、二人の馴れ初めとはどのようなものだったのでしょうか。

アグネス・チャン

名前:アグネス・チャン
本名:陳美齡(英語:Agnes Meiling Kaneko Chan、広東語:チャン・メイリン、北京語:チェン・メイリン)
日本名:金子・陳・美齢(かねこ・チャン・メイリン)
生年月日:1955年8月20日(63歳)
職業:歌手、エッセイスト
学歴:スタンフォード大学大学院教育学博士課程




Sponsored Links
 

1985年10月21日の夜、東京・渋谷にあったワイン・パブ「モンクベリーズ」で、アグネス・チャンさんの2ヵ月遅れになる30歳の誕生日パーティーが開かれました。
これは彼女が出演している番組の関係者や知人を招待して、毎年開いているものでしたが、この年はアグネスさんにとっては生涯忘れられないパーティーとなったのです。

なぜなら、アグネスさんのお母さんと親族から、金子力さんとの結婚を許してもらった直後だっただけに、喜びも一入(ひとしお)だったからです。

それまでアグネスさんの親族は、「アグネスさんの結婚相手には同じ国の人から選びたい」と、金子さんとの結婚を頑(かたく)なに反対していました。
それが10月15日、二人で香港まで赴(おもむ)いて説得した結果、やっとOKが出たのです。

金子さんは、とても誠実で礼儀正しい、いい人だと思います。また、二人がとても仲良さそうに見えたので許しました。

と、母親の陳彰端淑(チャン・バンドンソ)さんはコメントしています。

そもそも、二人の馴れ初めは金子さんが1982年に、アグネスさんのマネージャーとなった時にまで遡(さかのぼり)ます。
ただ、この時はまだ二人ともビジネス上の関係でした。

アグネスさん自身も、

日本の男性はいい加減で、威張るから嫌い。

と、言っていたほどです。

それに加えて、アグネスさんの母親が結婚適令期になるアグネスさんを心配し、この時期にはお見合いの相手を世話していたのです。
そのため、アグネスさんは1984年までに6回ほどお見合いをしていました。

そのうち、同い年の貿易関係の実業家と、1984年11月には結婚寸前までいったとも噂されたのです。
しかし、その実業家との話が破談となり、アグネスさんの心に寂しい気持ちが残りました。
そんなアグネスさんを優しく励ましたのが金子さんだったのです。

当時、金子さんはアグネスさんのチーフマネージャーでした。
普通、チーフになると現場へは顔を出さないものなのですが、金子さんの顔が見えないと、アグネスさんは何となく物足りなく、「金子さん、今日はいないの?」と周りのスタッフに言っていたと言います。

前からお互いに好感は持ってはいましたが、特にこの辺りから、二人の間に恋心が芽生えて来たのでした。
関係者からも、

今年、NHKの特番「アグネス・チャンのルーツを探る」の収録で、中国・貴州に渡る前日の2月15日にお母さんを呼び寄せているんですけど、その時に自宅で食事をし、アグネスさんが金子さんを結婚相手として紹介したようですよ。

との情報も出ていました。
こうして二人の愛は静かに育まれていったのです。

二人の結婚式は、中国の古い占いによって決められました。
挙式は正式には1986年の1月11日香港の教会で行なわれたのですが、家族だけの結婚式は1985年12月25日、クリスマスの日にやはり香港の自宅で行なわれたのです。

午前2時に、真新しい櫛(くし)で髪をとかし、まず心の準備を整えました。
そして午前11時半、二人がそろって天に向かってお祈りをし、指輪の交換をします。
12月17日の結納からこの時までは、決して二人は会ってはいけないという香港の仕来(しきた)りがありました。

結婚後、金子さんは自分でPR関係の仕事を立ち上げ、アグネスさんは歌手活動を続けていくことになります。
また、横浜市戸塚区に5000万円の新居を建て、そこが二人の住まいともなりました。

その後、夫・金子さんは所属事務所トマス・アンド・アグネスの代表取締役社長に就任。
二人の間には3人の男の子が生まれ、2018年3月には長男の結婚披露宴が25日に台北、28日に東京、31日に香港にて催されました。




Sponsored Links
 



ピックアップ記事

  1. 古今亭志ん朝(3代目)…拳銃不法所持が発覚したことがあった?!
  2. 野坂なつみ…おなじみの「インテリメガネ」は伊達だった?!
  3. 朝潮太郎…嫁の芋縄恵と1億円の豪華結婚式・披露宴を挙げる?!
  4. 上原謙と大林雅美…馴れ初めと年の差婚の結末とは?
  5. ISSAの結婚相手は誰!?噂のサロンオーナーのAさんとは?…

関連記事

  1. 1980年代

    清水アキラ…なぜ「ザ・ハンダース」を脱退したのか?!

    素人参加型のバラエティ番組「ぎんざNO…

  2. 1980年代

    横山やすし…事件・事故の連続で芸能界追放される?!

    愛称は「やっさん」。漫才ブームの到…

  3. 1980年代

    水谷豊…伊藤蘭との馴れ初めと結婚式の様子を振り返る

    テレビドラマ「刑事貴族シリーズ」や「相…

  4. 1980年代

    和泉雅子…南極から北極に向けての冒険を振り返る

    愛称は「珍獣ハンター・イモト」ことイモトアヤコさんは、マッターホルン(…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links

最近の記事

  1. 山本譲二…妻の植木悦子との馴れ初めとは?!
  2. 松田聖子…デビュー5年目でも収入はとんでもなかった?!
  3. 牛島和彦…妻の光江との馴れ初めから結婚まで
  4. 八千草薫…メニエール病という病気を患ったことがある?!
  5. 具志堅用高…妻・香澄との馴れ初めから結婚まで
  6. 森繁和…妻・靖子との馴れ初めはファンレターだった?!
  7. 久米宏 …愛人が自殺未遂をして謹慎処分になったことがある?!…
  8. 倉田保昭…クラタスポーツ・スタジオを全国展開しようとしていた…
  9. ジャッキー佐藤とナンシー久美…ジャパン女子プロレスリング設立…
  10. 都はるみ…引退の理由は中村一好が関係していたのか?!
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 2000年代

    紺野ぶるま…旦那はオードリー若林似の会社員?!
  2. 1980年代

    林家しん平と桂木文…離婚会見で海老名香葉子が理由を語る?!
  3. 1990年代

    DJ BOSS(横田商会)をwiki的にプロフィールを紹介!
  4. 1980年代

    島田洋七…目薬と水虫薬を間違えて失明の危機に陥ったことがある?!
  5. 2000年代

    小林幸子…紅白を落選しても大豪邸の自宅が購入できるワケとは?
PAGE TOP