1980年代

清水ひとみ…ストリップ界から姿を消して現在の行方は?





1980年代後半に活躍したストリッパーの「清水ひとみ」さんは、OLからの転身に加え、「ストリップ界に舞い降りたかぐや姫」と、もてはやされ、テレビにも出演…
アイドル路線を切り開き、ストリップのイメージを刷新したことで注目されました。

名前:清水ひとみ(しみずひとみ)
生年月日:1962年2月17日(56歳)
職業:女優、ストリッパー
出生地:東京都




Sponsored Links
 

清水さんがデビューした1985年2月、風営法の大幅改正が施行されました。
劇場では当時、客が舞台に上がって踊り子相手に本番行為を行う「生板ショー」が行われていたのです。

しかし、風営法の改正でこれらが取り締まりの対象となり、全国各地で劇場の閉鎖が相次ぎました。
老舗の渋谷道頓堀劇場では生板ショーに代わる路線として「芸術作品をストリップで演じる」文芸路線を打ち出し、「劇団かぐや姫」を結成したのです。

改正風営法施行翌日の2月14日、道頓堀劇場で踊り子数人が急病で倒れるというアクシデントが起きました。
あわや興行中止かという瀬戸際で、踊り子の一人が「心当たりがある」と都内の不動産会社に勤める22歳のOLを呼び出したのです。
それが清水さんでした。

だまされて劇場に呼び出された清水さん…
「私、何にも聞いていません」と驚くものの、支配人は「1回でいいから」、「あとは相方がうまくやるから」と懇願します。

10分ほどの押し問答の後、清水さんはいつの間にか舞台に上がっていました。
清水さんは後に「右も左もわからなかったけど、お客さんの顔がみんな輝いている。それだけはわかって、気がついたら仕事になっていた」と語っています。

勤務先は翌日も休んで公演に出演…
1週間後には会社に辞表を郵送しました。

その後の清水さんは「劇団かぐや姫」のメインに抜擢されて活躍…
「女性には見せない」というストリップ界のタブーを打ち破り、「女性のためのストリップ」を上演したのです。

週刊誌上で作家の姫野カオルコさんがルポを行うなど新しい試みもありました。
清水さんの迫真の艶技をみせる一生懸命さがウケ、200人余りのファンクラブもでき、彼女の活動は「ストリップ界存亡の危機を救った」とも評されたのです。

そんな清水さんですが、女優業やタレント活動の他に、慶応通信教育受講など活動の幅を広げることで、1987年ごろからストリップは徐々に減少…
和田勉さん演出の舞台の主役に抜擢されたことをきっかけに、1988年12月に惜しまれながら引退しました。

もっとも、現役は引退しましたが、清水さんはストリップに関わり続けました。
1995年12月、渋谷道頓堀劇場が 閉鎖された際には、清水さんがラストステージに登場…

1999年4月にオープンした札幌道頓堀劇場では社長に就任しました。
清水さんは後輩に「芸」を教えるとともに経営者として活動し、2001年6月には渋谷道頓堀劇場も再スタートさせたのです。

こうして軌道に乗ったかに見えたストリップ劇場経営だったのですが、2007年4月、札幌道頓堀劇場が公然わいせつなどの容疑で摘発され、支配人や踊り子ら7人が逮捕されてしまいます。

この摘発直前に清水さんは雲隠れ…
その後は経営も成功せず、公の場から姿を消したのです。




Sponsored Links
 



ピックアップ記事

  1. 黒田勇樹…引退理由は舞台降板で現在の活動は何してるの?
  2. 森脇和成の結婚や離婚・子供など現在まで色々とあった件
  3. なべやかん…替え玉受験の真相と現在
  4. にしおかすみこ…干された理由と現在について
  5. 宇佐美蘭の子供…名前は「菫」と「桜」で病気って本当?!

関連記事

  1. 1980年代

    長者番付からわかるスポーツ選手の年収(1986年度)

    世界選手権自転車競技大会プロ・スプリントで、中…

  2. 1980年代

    長者番付からわかるスポーツ選手の年収(1987年度)

    第1回ラグビーワールドカップ開幕され、小錦八十…

  3. 1980年代

    清水国明は三度目の正直で離婚した?!

    アウトドア愛好者として有名な「清水国明」さん。…

  4. 1980年代

    岡田有希子…遺書から明らかになった自殺の真相とは?!

    1986年4月、18歳の人気アイドルの「岡田有…

  5. 1980年代

    吉沢京子…結婚から離婚の真相とは?

    1967年の東宝「燃えろ!太陽」で酒井和歌子さ…

  6. 1980年代

    和泉雅子…南極から北極に向けての冒険

    「愛称は珍獣ハンター・イモト」ことイモトアヤコ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links

最近の記事

  1. 野杁泉(赤木春恵の娘)…介護しながら夫・野杁和俊の会社を支え…
  2. 紫吹淳…実家は金持ちで父親は三洋電機はガセ?!
  3. 江口ともみ…事故の原因はどこにあったのか?
  4. 小鳩くるみ…43歳で結婚して現在は夫婦二人で暮らしている?!…
  5. 野々村直通監督…あの問題発言の後に本当に腹を切っていた?!
  6. ひでこコルトン…大学卒業から結婚・再婚を経て現在に至る
  7. 剣武輝希…秩父の温泉「宮本家」は1日6組限定の超老舗!?
  8. 小川真澄(元パンプキン)…現在はアイドルユニットをプロデュー…
  9. お箸マニア・三井和典(みついがずすけ)は四季彩堂のブランド青…
  10. 福井優子…観覧車通信の日本支局長が観覧車にハマった意外なきっ…
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

カレンダー

2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 2000年代

    飯島愛…死の真相は未だ明らかにならず
  2. 1970年代

    前田武彦のバンザイ事件と共産党の関係とは?
  3. 2000年代

    清原和博がダウンタウンと坂上の番組「はしご酒」に出た理由が謎すぎる件
  4. 1980年代

    藤真利子…マッチ(近藤真彦)との親密な関係?!
  5. 1990年代

    ヒロミ(B21)におきた花火事故の経緯がこれだ!
PAGE TOP