1990年代

FC岐阜ラモス瑠偉が再婚と娘は結婚について語る




 

1970年代後半から1990年代にかけて活躍し、現在のJリーグの立役者の一人である「ラモス瑠偉」さん…
彼を検索すると「再婚」の文字が出てきたり、また娘さんには「結婚」の文字が出てくることがあります。

ラモスさんに「再婚」のキーワードが出てくる理由を調べてみました。

名前:ラモス瑠偉(ラモスルイ)
生年月日:1957年2月9日(62歳)
職業:元サッカー選手(元日本代表)、サッカー指導者(JFA 公認S級コーチ)
出身:ブラジル・リオデジャネイロ



Sponsored Links
 

結論から言えばラモスさんに、「再婚」のキーワードが出てくるのは、ラモスさん本人が

絶対に再婚しない!

と宣言してることが発端のようです。

ラモスさんは30年ほど前に、当時美大生だった清水初音さんと、サッカー好きの男友達の紹介で出会います。
この時ラモスさんは一目惚れしたとか…

その後、ラモスさんが怪我で入院、入院中のイライラで怒りをぶつけた翌日、また看病に訪れた初音さんの献身的な看病に感激し、ラモスさんは結婚を決意します。
二人はおしどり夫婦と言われ、その後には一男一女をもうけ円満に過ごされました。

しかし妻の初音さんが2011年の7月、転移性肝がんで亡くなります。
52歳の若さでした。

その後のラモスさんは苦しい心中と、亡き妻への愛をこう語っています。

今までサッカーでトロフィーはいっぱいもらった。でも僕にとって1番のトロフィーがなくなってしまった。1番のトロフィーは初音ちゃんだった。

再婚なんてしない。同じ墓に入る。生まれ変わっても彼女と結婚する。

この時の言葉がラモスさんの再婚のキーワードにつながったようです。

妻を愛する何とも男らしい…
泣かせるラモスさんの言葉でした。



Sponsored Links
 

ラモス瑠偉さんの娘について

さて、ラモス瑠偉さんには長男の「ファビアノ」さんと「ファビアナ」さんという名前の娘さんがいらっしゃいます。
ファビアノさんはサッカー指導者、ファビアナさんは現在、「FABiANA」という名前で歌手をされています。

ただ、ラモスさんは基本的に二人のお子さんに関してはノータッチ…
でも、これは二人を信頼してるからと仰います。
それはラモスさんのオフィシャルブログでも表れてました。

今家では娘がせっせと就活中。
彼女は 俺が言うのも変だけど、いつも明るくて人を思いやる心を持ったやさしい素直な子だ。
俺の娘にしては なかなかよく出来た娘だと思う。
大学受験の時も 親はノータッチ。
俺は大学受けようとしてる事さえ知らなかった。
だから試験のすぐ直前までパゴッジに呼びだして歌わせてた。
車の免許も、これは子供2人ともだけど全部自分でアルバイトで貯めたお金で取りに行った。
ある日いきなり「受かったよ!!!大学!」
ある日いきなり 「やった!免許取れたよ!」
いつもこんな感じで報告を受けるだけだ。

中略

このところ、あまり見慣れないスーツ姿で家を出る事が多く、どうしたのかと思ったら 会社面接を受けているという。
聞けば4次面接だとか6次面接だとか・・・???
筆記があったり、プレゼンがあったり、グループ面接だの個人面接だの・・・
大きな会社になればなる程大変らしい。
そんなに大変なの知らなかった。
俺にしてみたら
「俺の娘だ!この会社で働らかせてあげるんだから大事にせえよ!」
くらい言いたいところだけど そこは我慢。
だまって見てるだけ。
俺はノータッチ。
ただ心の中では
「あなたの笑顔は最高だし観察力があり、頭の回転も早い。まわりへの気配りも十分過ぎるほど出来る子だし、なによりもなかなかいい根性を持っている。
きっと幸せな人生が待ってるぞ」
って俺はいつも思ってるし、信じて応援してる。
ただ、これだけは言いたい!
いきなり「結婚するよ!」
なんて報告は受けたくないぜ!!!
その時は ただだまって・・・なんて出来ませんから!!!

ノータッチなんかじゃなく、やっぱり家族を愛しているラモスさんらしいコメントでした。

ちなみにラモスさんの娘、ファビアナさんの結婚に関しても、ラモスさんのこのブログが原因だったようです。
でも、ファビアナさんと結婚するのは、ラモスさんがパパだと大変そうですね(笑)




Sponsored Links
 



ピックアップ記事

  1. 吉沢京子…結婚から離婚までの経緯と真相は?
  2. 伊藤咲子…城みちるとの恋愛騒動と別れ秘話
  3. 安枝瞳とピコ太郎(古坂大魔王)の馴れ初めは「カツアゲ」?!
  4. 三津五郎…死因のフグ中毒死に勘三郎が弔辞で「バカヤロー」?!
  5. ミスターちん…2018年現在は世田谷で「はりきゅう治療院」を開業中?!

関連記事

  1. 1990年代

    薬丸裕英と石川秀美…馴れ初めと結婚会見秘話

    1982年に15歳でデビューし、アイド…

  2. 1990年代

    逸見政孝…衝撃のがん告白と闘病生活

    芸能界やスポーツ界で著名人の難病告白や闘病宣言…

  3. 1990年代

    田中健…古手川祐子との離婚の原因は「ケーナ」?!

    南米ペルー、ボリビアなどが発祥の縦笛で…

  4. 1990年代

    田村英里子…降りかかった事件の数々を振り返る

    父親の仕事の関係で8歳から13歳までを旧西ドイ…

  5. 1990年代

    森本毅郎…「8日で4人と密会」のスキャンダルにも動じず

    ニュースキャスターの「森本毅郎」さん。…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links

最近の記事

  1. 高樹澪…元夫・田中博信との結婚秘話や馴れ初めとは?
  2. 森進一…緑内障を患い失明の危機に陥ったことがあった?!
  3. 諸星和己…若い頃に胸骨骨折の状態でコンサートに出たことがある…
  4. 杉村尚美…阿部信雄と結婚して現在は美容アドバイザー?!
  5. 尾崎豊…死因となった覚醒剤に手を出した理由とは!?
  6. 石野真子と長渕剛の離婚原因は「君と僕が見た空は高かった」?!…
  7. 秋野暢子…若い頃に「卵管狭窄」という病気を疑われたことある?…
  8. 朝加真由美…元夫・篠塚勝との馴れ初めとは?!
  9. 渡哲也…闘病(直腸癌)について弟・渡瀬恒彦が会見する
  10. 熊田康則…妻の杉本定和子との結婚から馴れ初めまで
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 2000年代

    田中義剛…北海道で評判が悪いと言われる理由とは ?!
  2. 2000年代

    桜金造…創価学会に相談ナシで都知事選に出馬?!
  3. 1980年代

    太田博之…監禁・強要の容疑で逮捕されていた?!
  4. 1980年代

    美空ひばり…死因は癌(がん)ではなく間質性肺炎と肝硬変?!
  5. 2000年代

    小澤マリア…今現在はタイやフィリピン、中国で活躍中?!
PAGE TOP