1980年代

早乙女愛…元夫・江原春義(江原道を創業者)との馴れ初めから離婚まで





映画「愛と誠」(1974年)で、西城秀樹さんの相手役に選ばれ、役名を芸名にしてデビューした「早乙女愛」さん。
大物俳優との熱愛の噂が絶えず、「恋多き女」とも呼ばれましたが、1985年5月、26歳の時に5つの会社を経営する33歳の青年実業家、江原 春義氏(えばらはるよし)と電撃入籍しました。

名前:早乙女愛(さおとめあい)
本名:瀬戸口 さとみ(せとぐちさとみ)
生年月日:1958年12月29日~2010年7月20日(享年:51歳)
職業:女優
所属:アルファエージェンシー
出身:鹿児島県肝属郡高山町(現:肝付町)
学歴:鹿児島県立高山高等学校




Sponsored Links
 

2人が知り合ったのは1980年…
早乙女さんのファンだという江原春義氏が映画スポンサーに名乗り出たことがキッカケでした。
当時の早乙女さんは、1日に400通ものファンレターが殺到するほどの人気だったのです。

江原氏とは映画の企画が実現しなかったことで一時は疎遠になりましたが、1983年に再会…
1984年暮れ頃からは江原氏が早乙女さんのマンションを頻繁に訪れるなど距離が接近していきました。

1985年4月22日、親密交際をマスコミにキャッチされ、事態は急展開…
翌23日、2人は記者会見を開いて「早ければ夏にでも結婚式を挙げだい」と嬉しそうに発表したのです。

しかし、江原氏は9年間連れ添っていた前妻と3月末に離婚したばかり…
2人は2年ほど別居状態でしたが、江原氏は正式離婚を切り出す際「仕事に生きたい。どうか別れて欲しい」と頼んでいました。

しかし、離婚成立から1カ月も経たないうちに前妻はテレピで婚約会見を目にすることに…
この時点では慰謝料の額も決まっておらず、子どもの親権や養育費の問題も片付いていなかったのです。

怒りを爆発させた前妻は「仕事に生きるというからキレイに別れてあげたのに」と週刊誌に涙の訴えました。
元夫との東京旅行から帰った子供が「愛ちゃんに会った」と話したエピソードを暴露し、会社関係の人だと思っていた「愛ちゃん」がまさか早乙女愛だったとは!と悔しさをにじませたのです。

慰謝料として江原氏が1億円用意しているというウワサが流れる一方で、元妻側の5000万円要求に難色を示している報道も流れ、早乙女さんは「略奪婚」と書きたてられました。

幸せの絶頂から一転して、トラブルに巻き込まれることになった早乙女さんだが、所属事務所は「その件は早乙女と関係のないことですから、何も言っことはありません」とコメント…
5月4日に極秘入籍した早乙女さんは江原氏と5日から2週間のアメリカ旅行に出発しました。

18日に帰国した早乙女さんは「ロスとニューヨークへ。ミュージカルも見てきました。すっごくゴキゲンな旅でしたよ」とニッコリ…
江原氏は「(離婚トラブルは)解決だ」とコメントしましたが、元妻に配慮したのか挙式は延期となったのです。

11月22日、入籍から半年遅れで結婚披露宴が行われ、早乙女さんは3.3カラットのダイヤの指輪を見せながら、「今までにない身の引き締まる思いがしました」と心境を語りました。
プロポーズの言葉が「朝、早起きして区役所に行こう」だったことも明かされたのです。

1997年に長男を出産、早乙女さんは仕事を徐々に減らし2000年に引退…
2002年に江原氏の仕事の関係で米国に移住しましたが、2008年に離婚しています。

その後、息子と2人で暮らしていましたが、2010年7月11日に体調不良で入院…
あっという間に容体が急変し、20日に多臓器不全でシアトルの病院で亡くなってしまいます。
51歳の若さでした。

一方の江原氏は2008年に日本に帰国し、若者たちと共に世界中のクリエイティブなニュースを届けるWEBメディア「greenz.jp」を設立…
2009年にはR水素社会の実現を促進するNPO「R水素ネットワーク」を設立し、NPO「R水素ネットワーク」代表理事を努めています。




Sponsored Links
 



ピックアップ記事

  1. なべやかん…替え玉受験の真相と現在
  2. いしだ壱成…薬物逮捕の理由はヒッピー文化が関係してた?!
  3. 黒川紀章…脅迫状が届いて嫁の若尾文子と記者会見を開く?!
  4. 朝比奈彩…本名「松瀬彩」の実家は洲本市「○○地区」?!
  5. 中村錦之助(萬屋錦之助)と有馬稲子の離婚報道

関連記事

  1. 1980年代

    竹中直人と美保純が過去に熱愛宣言をしていた件

    俳優、声優、映画監督、タレント、コメディアン、歌手などなど、マルチに活…

  2. 1980年代

    三遊亭小圓遊(四代目)…食道静脈瘤破裂が原因で死去する

    キザな口調と仕草で人気を博した四代目・「三遊亭小圓遊」(さんゆうていこ…

  3. 1980年代

    東てる美…元旦那の山辺信雄と23歳差で結婚する?!

    テレビドラマ「渡る世間は鬼ばかり」や、…

  4. 1980年代

    黛ジュン…デビューから現在までを振り返る

    1983年、ゴールデンウィーク初日の4月29日、話題の映画「女帝」(に…

  5. 1980年代

    植村直己…妻・公子の出会いと最後の言葉とは?

    1970年に世界初五大陸最高峰登頂に成…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links

最近の記事

  1. 山本譲二…妻の植木悦子との馴れ初めとは?!
  2. 松田聖子…デビュー5年目でも収入はとんでもなかった?!
  3. 牛島和彦…妻の光江との馴れ初めから結婚まで
  4. 八千草薫…メニエール病という病気を患ったことがある?!
  5. 具志堅用高…妻・香澄との馴れ初めから結婚まで
  6. 森繁和…妻・靖子との馴れ初めはファンレターだった?!
  7. 久米宏 …愛人が自殺未遂をして謹慎処分になったことがある?!…
  8. 倉田保昭…クラタスポーツ・スタジオを全国展開しようとしていた…
  9. ジャッキー佐藤とナンシー久美…ジャパン女子プロレスリング設立…
  10. 都はるみ…引退の理由は中村一好が関係していたのか?!
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 2000年代

    草彅剛…全裸泥酔騒動の経緯がこれだ!
  2. 2000年代

    鬼束ちひろ…病気休業から現在までの軌跡
  3. 2000年代

    福原愛と錦織圭…熱愛報道から破局に至った理由とは?!
  4. 2000年代

    片岡鶴太郎はヨガ呼吸法で激やせしている?!
  5. 1990年代

    元祖・沖縄バラドル「早坂好恵」のデビューから現在まで
PAGE TOP