2000年代

ユンソナの現在と反日発言の真相について解き明かす…





日本でデビューした韓流スターは数多くいます。
ただ、韓流スターの元祖といえば、歌手ではBoAさん…
そして女優・タレントの分野では「ユンソナ」さんではないでしょうか。

名前:ユンソナ(尹孫河) ※歌手活動名はsona
生年月日:1975年11月17日(41歳)
職業:韓国のタレント、女優、歌手
出生:韓国・全羅北道全州市
学歴:百済芸術大学卒業



Sponsored Links
 

韓国で女優デビューしていたユンソナさんが来日したのは2000年のこと…
それから約10年間、日本で女優や歌手として多くの番組に出演し、完璧な日本語を駆使してバラエティーでも大活躍しました。

さらに、何本もの有名CMに起用され、一時はユンソナさんのスロットマシーンまであったほどです。
それもそのはず…
来日後すぐの2001年に出演したドラマ「Fighting Girl」では平均視聴率13.2%のヒットを飛ばし、ドラマで深田恭子さんの相手役を務めたユンソナさんの名前は日本中に知れ渡ったからです。
しかも、2003年には木村拓哉さん主演のドラマ「GOOD LUCK!!」にも出演しています。

しかし、いつの間にか日本の芸能界から姿を消したユンソナさん…
きっかけは、2006年の韓国人男性との結婚と出産で、これを機に日本での活動を徐々にセーブしていたのです。
そうして2012年にはレギュラー出演していた毎日放送制作の情報番組「住人十色」を降板し、韓国に帰国することを明かしました。

結婚·出産という望ましい「寿フェードアウト」かのように思えるのですが、実は事実ではない発言内容が報道され、イメージが急落したという経緯もあるのです。

2003年、韓国でのドラマの製作発表会と新聞の取材に対して、ユンソナさんが「歪曲された日本歴史教育に悩み苦しんだ」などの発言をしたとされ、この情報が日本のネット上で瞬く間に拡散されてしまうのです。

実は週刊文春が東亜日報に取材したところ、ユンソナさんの発言を聞いたとされる記者は「ドラマ発表会の場ではなく懇親会席上での発言」と記事内容を部分的に否定していました。
またユンソナさん本人も、そのときの発言はただ日本の親しい友達と関わりながら経験した文化の違いに対する個人的なエピソードを話したまでで…
「親日ではなければ反日」という決めつけがひどいような気がすると、とコメントしています。
加えて、所属事務所もユンソナさんの反日感情については否定していたのです。

しかし、一度拡散された「ユンソナ=反日」のイメージは拭いきれず、その頃からネット上で高まっていた嫌韓感情と相まってユンソナさんのイメージが急落…
日本の芸能界でどんどん居場所を失っていく結果となりました。

その影響もあってか、日本語の公式ブログ「ユンソナのあ・は・はな毎日。」は、2015年11月2日から更新されていません。
一方でインスタグラムの投稿は活発で、マメに更新されています。

しかも、韓国語と日本語で投稿するという律義さ…
これはユンソナさんが日本の芸能界からは消えてしまいましたが、日本のファンを大事にしているのか?と思いきや、実は2016年5月にユンソナさんがプロデュースした韓国コスメブランドを日本で発売し、これが通販番組のQVCを通して大ヒット…
ユンソナさんもQVCに出演して商品をアピールし、すっかり有能な実業家へと成長しているからなのです。



ピックアップ記事

  1. 松坂季実子…業界卒業後は広告代理店の派遣社員として働く?!
  2. 脚本家・ジェームス三木…女性関係を元妻に暴露され泥沼離婚
  3. 宮沢りえの自殺未遂騒動に中村勘三郎は関わっていたのか?!
  4. 有働由美子アナウンサーがナチュラルエイトに所属したワケとは?!
  5. 小川ローザ…川合稔の事故死から現在まで

関連記事

  1. 2000年代

    高橋健一(元キンコメ)の痴漢は冤罪ではないのか?

    人気お笑いコンビ「キングオブコメディ」(人力舎…

  2. 2000年代

    田島寧子…水泳選手から女優に転身して現在は「派遣社員」?!

    「金がいいです~!」という印象的なコメントで人…

  3. 2000年代

    下嶋兄の姉「下嶋生」(しもじまうぶ)ってどんな人なの?

    峰竜太さんと海老名美どりさんの長女で、…

  4. 2000年代

    スミス楓…彼氏は誰?浜田雅功に抱かれたって本当なの?!

    アメリカクォーターでモデルの「スミス楓」さん……

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links

最近の記事

  1. 夏井いつき…二人の夫との馴れ初めと結婚(再婚)
  2. 中村仁美…子供は若草幼稚園から立教小学校に入学している?!
  3. 岡田朋峰(岡田真澄の娘)のプロフィールを紹介!?
  4. 佐々木勉…音楽にかけた人生とプロフィール
  5. misonoの旦那Nosukeの「精巣がんによる胚細胞腫瘍」…
  6. 北村匠海…父親が北村一輝っていうのは完全にガセ?!
  7. 小宮孝泰…病気説が出ている理由は何なのか?!
  8. 宮尾俊太郎を検索するとなぜ「真矢みき」の名前が挙がるのか?
  9. 飯田覚士…星野敬太郎の元妻・美紀と不倫関係がヤバい?!
  10. 飯田覚士…現在はボクシング塾を経宮している?!
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

カレンダー

2018年12月
« 11月    
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31  
Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 2000年代

    内藤裕子アナウンサー…現在は事故・NHKを退局を経て「カレー大学院」?!
  2. 2000年代

    山下久美子…子供(双子)の父親は結局誰だったのか?!
  3. 1990年代

    樹まり子…業界最高額の契約金は「3000万円」?!
  4. 2000年代

    松本明子の息子が通う中学校は成城学園だったの!?
  5. 1980年代

    寺山修司はサイコパス?!明らかになった奇行の数々…
PAGE TOP