2000年代

ユンソナの現在と反日発言の真相について解き明かす…




 

日本でデビューした韓流スターは数多くいます。
ただ、韓流スターの元祖といえば、歌手ではBoAさん…
そして女優・タレントの分野では「ユンソナ」さんではないでしょうか。

そんなユンソナさんが日本の芸能界から姿を消した理由が反日発言にあるというのです。

名前:ユンソナ(尹孫河) ※歌手活動名はsona
生年月日:1975年11月17日(43歳)
職業:韓国のタレント、女優、歌手
レーベル:SME Records(2004年~2007年)
出生:韓国・全羅北道全州市
学歴:百済芸術大学卒業



Sponsored Links
 

韓国で女優デビューしていたユンソナさんが来日したのは2000年のこと…
それから約10年間、日本で女優や歌手として多くの番組に出演し、完璧な日本語を駆使してバラエティーでも大活躍しました。

さらに、何本もの有名CMに起用され、一時はユンソナさんのスロットマシーンまであったほどです。

それもそのはず…
来日後すぐの2001年に出演したドラマ「Fighting Girl」では平均視聴率13.2%のヒットを飛ばし、ドラマで深田恭子さんの相手役を務めたユンソナさんの名前は日本中に知れ渡ったからです。

しかも、2003年には木村拓哉さん主演のドラマ「GOOD LUCK!!」にも出演しています。

しかし、いつの間にか日本の芸能界から姿を消したユンソナさん…

きっかけは、2006年の韓国人男性との結婚と出産で、これを機に日本での活動を徐々にセーブしていたのです。
そうして2012年にはレギュラー出演していた毎日放送制作の情報番組「住人十色」を降板し、韓国に帰国することを明かしました。

結婚・出産という望ましい「寿フェードアウト」かのように思えるのですが、実は事実ではない発言内容が報道され、イメージが急落したという経緯もあるのです。

2003年、韓国でのドラマの製作発表会と新聞の取材に対して、ユンソナさんが「歪曲された日本歴史教育に悩み苦しんだ」などの発言をしたとされ、この情報が日本のネット上で瞬く間に拡散されてしまうのです。

実は週刊文春が東亜日報に取材したところ、ユンソナさんの発言を聞いたとされる記者は「ドラマ発表会の場ではなく懇親会席上での発言」と記事内容を部分的に否定していました。

またユンソナさん本人も、

そのときの発言はただ日本の親しい友達と関わりながら経験した文化の違いに対する個人的なエピソードを話したまでで…
「親日ではなければ反日」という決めつけがひどいような気がする

とコメントしています。

加えて、所属事務所もユンソナさんの反日感情については否定していたのです。

しかし、一度拡散された「ユンソナ=反日」のイメージは拭いきれず、その頃からネット上で高まっていた嫌韓感情と相まってユンソナさんのイメージが急落…
日本の芸能界でどんどん居場所を失っていく結果となりました。

その影響もあってか、日本語の公式ブログ「ユンソナのあ・は・はな毎日。」は、2015年11月2日から更新されていません。
一方でインスタグラムの投稿は活発で、マメに更新されています。

しかも、韓国語と日本語で投稿するという律義さ…

これはユンソナさんが日本の芸能界からは消えてしまいましたが、日本のファンを大事にしているのか?と思いきや、実は2016年5月にユンソナさんがプロデュースした韓国コスメブランドを日本で発売し、これが通販番組のQVCを通して大ヒット…

ユンソナさんもQVCに出演して商品をアピールし、すっかり有能な実業家へと成長しているからなのです。




Sponsored Links
 



ピックアップ記事

  1. 内田有紀…吉岡秀隆との離婚理由は何だったのか?!
  2. 若乃花(二代目)…親方の長女と離婚して銀座クラブのママと再婚?!
  3. ヤスタケ(スニーカー芸人)…カジサック(キンコン)のドッキリで炎上被害?!
  4. 紀平凱成…天才ピアニストと言われる所以とは?!
  5. 朝比奈彩…本名「松瀬彩」の実家は洲本市「○○地区」?!

関連記事

  1. 2000年代

    里谷多英…公然わいせつ事件から現在までを振り返る

    女子として冬季五輪初の金メダリストであ…

  2. 2000年代

    指原莉乃…AKB総選挙に隠された投票数の意味とは?!

    選抜総選挙では史上初となる3連覇(通算…

  3. 2000年代

    渡辺千穂の年齢や学歴(大学)はどこだっけ!?

    日本テレビ「ウチの夫は仕事ができない」…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links

最近の記事

  1. 鳳啓助…元嫁(鏡子)に勝手に離婚届を出されていた?!
  2. シャネルズ…なぜ2か月間も活動停止したのか?!
  3. 島田洋七…目薬と水虫薬を間違えて失明の危機に陥ったことがある…
  4. 左とん平…過去に賭博容疑で逮捕されたことがあった?!
  5. 大和田伸也…妻・五大路子との馴れ初めから結婚まで
  6. 池田満寿夫と佐藤陽子(バイオリニスト)の馴れ初めとは?!
  7. 和田アキ子…自然気胸を患って入院したことがある?!
  8. 三遊亭小圓遊(四代目)…食道静脈瘤破裂が原因で死去する
  9. 石橋貴明と野坂昭如は本番中にガチで喧嘩をしたことがある?!
  10. BOØWY(ボウイ)…解散宣言をした理由は何だったのか?!
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 1990年代

    山崎浩子…統一教会脱退後の今はスポーツライター?!
  2. 1990年代

    樹まり子…業界最高額の契約金は「3000万円」?!
  3. 1970年代

    風吹ジュン…若い頃におきた「拉致監禁騒ぎ」とは?
  4. 1970年代

    倍賞千恵子…小宮守(小宮健吾)とは格差婚が離婚の原因?!
  5. 1980年代

    宝田明…元妻「児島明子」との馴れ初めから結婚・離婚まで
PAGE TOP