1980年代

甲斐バンド…1986年の解散理由に感動させられる件




 

1974年のシングル曲「バス通り」でデビューした「甲斐バンド」。
第8回日本有線大賞優秀新人賞を受賞するなど、様々な活躍を見せていましたが、1986年に解散しています。

その後は再結成と解散・活動休止が幾度か繰り返されていますが…
そもそも甲斐バンドが1986年に解散した理由は何だったのでしょうか?

甲斐バンド

バンド名:甲斐バンド
ジャンル:ロック、歌謡曲、フォーク
活動期間:1974年~1986年、1996年、1999年~2001年、2007年、2008年~2009年、2009年~
所属:甲斐オフィス
レーベル:キングレコード
メンバー:
甲斐よしひろ(ボーカル・ギター)
松藤英男(ドラムス・ボーカル・ギター)
田中一郎(ギター)
大森信和(ギター)※旧メンバー
長岡和弘(ベース)※旧メンバー




Sponsored Links
 

1974年11月に「バス通り」で鮮烈デビューを果たした甲斐バンド。
1979年にはSEIKOの腕時計のCMのタイアップで出した「HERO(ヒーローになる時、それは今)」が、初のオリコンチャート1位を獲得しました。
この曲は140万枚の大ヒットとなり、甲斐バンドの知名度を高める起爆剤ともなったのです。

その後もHEROに次ぐ大ヒットとなった「安奈」(1979年)などのヒット曲を次々に生み出し、その野性味たっぷりのライブは当時の若者のハートをがっちりとつかみました。

さらに、年間100本を超えるコンサートの動員力に加え、その当時までに発売したシングルが30枚、LPは17枚、さらにビデオなどを含めるとデビューからの12年間に何と150億円以上を稼ぎ出したのです。
だからこそ、この1986年の突然の解散は合点がいかないファンも多かったのです。

デビュー以来、九州出身(主に博多)のメンバーで結束し、活動して来た甲斐バンド。
実は12年間の間にある重大な間題抱えていました。

それはギタリストの大森信和(おおもりのぶかず)さんが耳を悪く(難聴)し、ステージ活動ばかりでなく、レコーディングでも微妙な音を聞き分けることが困離になっていたのです。

大森さんは甲斐バンドサウンドの核をなすキープレイヤーでした。
愛用のギター(レスポール、レス・ポール・モデル)で奏でるチョーキングは「泣きのギター」として、甲斐バンド独自のサウンドを創り出していたのです。

また、大森さんは甲斐バンドで最年長であり、皆が頼りにする存在でもありました。
リーダーの甲斐よしひろさんは、大森さんのことを「さん付け」で呼んでおり、メンバーが外で喧嘩をすると、よく仲裁に入っていたりもしたのです。

1986年になってスタッフを交え、何度も話し合いました。
この時、大森さんは甲斐バンド脱退を表明し、ギターの田中一郎さんは泣いて大森さんを引き止めたという話もあります。

そして相談の結果、「大森さんを他のギタリストに変えるくらいなら、いっそのこと解散して再出発しよう」という結論に至りました。
そして、12年間の総決算という意味を込めて、ラストLPとなる「REPEAT & FADE」(1986年3月5日)をそれぞれのプロデュースで作ったのです。

3月3日深夜、東京・青山のレストラン「CAY(かい)」でこの新アルバム発表会が行なわれました。
ステージに立ったリーダーの甲斐さんは解散について、

大森の耳が悪くなったということも理由の一つです。しかし、俺たちはこの12年間に音楽的にも全ての面でも十分やれたと満足してます。俺たちの解散とは消え去るといったようなトーンダウンしたものじゃないんだ。俺たちはもう真夏の夜の花火のように燃え尽きたんだ。12年間といえば長いような短いような年月でした。どうもありがとう。

と語ったのです。

甲斐バンドはこの年の3月14日から、四日市文化会館を皮切りに、全国50ヶ所をまわるファイナル・コンサート・ツアー「PARTY」を開始しました。
ツアーの最後は過去7年間にわたって、毎年12月に2回公演を行なってきたホームグラウンドの武道館で、6月23~27日の5日連続公演を行なって、12年間にわたる甲斐バンドに別れを告げたのです。
さらに6月29日には、横浜・黒澤フィルムスタジオで、1500人限定のオールスタンディングのシークレット・ギグを最後に甲斐バンド解散しました。

その後、甲斐バンドは再結成と解散・活動休止を繰り返しながらも、甲斐さんのソロ活動と並行しながら活動は続行されています。
最近でも2016年8月7日に「THE BIG GIG AGAIN 2016」を日比谷野外大音楽堂で開催しました。

一方、大森さんはバンド解散後、レコードメーカー(株式会社ファンハウス)のディレクターや音楽プロデューサーとして活躍していました。
その後も音楽活動や甲斐バンド再結成に参加していましたが、2004年7月5日に心臓疾患で亡くなっています。
52歳という若さでした。




Sponsored Links
 



ピックアップ記事

  1. 西村和彦…二度の「離婚原因」は何だったのか?!
  2. 橋本奈々未…引退理由はソニーミュージック村松俊亮か?盗撮か?
  3. 三宅アナ…息子はナイナイのマネージャーになっていた件
  4. 牧瀬里穂…旦那・NIGOとの馴れ初めから結婚まで
  5. 種田梨沙の病気(病名)が「ジストニア」だと言われる根拠

関連記事

  1. 1980年代

    アンルイス…元旦那・桑名正博との電撃結婚と離婚

    バブル景気で沸く1980年代…個性的なファ…

  2. 1980年代

    藤谷美和子…現在は小田原市内で徘徊している?!

    1978年に放送された人気学園ドラマ「…

  3. 1980年代

    薬丸裕英…番組収録中に事故で全治2ヵ月のケガを負った?!

    愛称は“ヤックン”こと「薬丸裕英」さん…

  4. 1980年代

    樋口可南子・糸井重里…馴れ初めから略奪婚まで

    1980年代は、コピーライターや空間プ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links

最近の記事

  1. 草刈正雄…嫁・大塚悦子との馴れ初めから結婚までを振り返る
  2. 水谷豊…伊藤蘭との馴れ初めと結婚式の様子を振り返る
  3. 宮崎緑…夫・椿康雄との結婚から離婚までを振り返る
  4. ナオミ・グレース…夫・松下進と福生市に住み続ける理由とは?
  5. ヒロシ&キーボー…キーボー逮捕の原因「介護疲れ」って本当なの…
  6. 田原俊彦…昔、紅白出場をドタキャンしたことがある?!
  7. 森進一と森昌子…息子が生まれる前年の年末・年始
  8. 高樹澪…元夫・田中博信との結婚秘話や馴れ初めとは?
  9. 森進一…緑内障を患い失明の危機に陥ったことがあった?!
  10. 諸星和己…若い頃に胸骨骨折の状態でコンサートに出たことがある…
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 2000年代

    向井亜紀…代理出産における東京高裁と最高裁の裁判結果
  2. 2000年代

    Faylan(飛蘭)の自己免疫疾患ってどんな病気なの!?
  3. 1990年代

    「加勢大周」は都内でバーテンダー・「新加勢大周」はパーソナルジム
  4. 1980年代

    堀ちえみ…後藤次利との結婚話は何だったのか?!
  5. 1970年代

    伊藤咲子…城みちるとの恋愛騒動と別れ秘話
PAGE TOP