1980年代

長渕剛…筋トレや生活習慣を見直した理由は「溶連菌」だった?!




 

日本を代表するシンガーソングライターの「長渕剛」さん。
お酒は飲まず、50代になってからは禁煙、さらに筋トレで肉体改造に励んでいます。

そんなタフなイメージを持つ長渕さんが、筋トレや生活習慣の見直しを始めた理由の一つに、実は「溶連菌感染症(ようれんきんかんせんしょう)」が関係していたのです。

名前:長渕剛(ながぶちつよし)
生年月日:1956年9月7日(62歳)
職業:シンガーソングライター、俳優、詩人、画家、書道家
所属:Office REN(オフィス・レン)
レーベル:ユニバーサルGEAR
出身:鹿児島県鹿児島市
学歴:九州産業大学芸術学部(中退)




Sponsored Links
 

1985年8月のツアー開始当初から体調不良だった長渕剛さん(当時28歳)。
特に1985年暮れ以降は高熱が続き、食欲もばったりとなくなっていました。
持ち前のガッツと薬で何とか頑張っていましたが、それも限界がきていたのです。

ただでさえ痩せているのに、1回2時間のハードなステージをこなす度に、汗を出し切って3キロも体重が減ってしまうという長渕さん。

ステージの合間に2、3日休むと熱が一時的に下がり、普通の状態に戻るのですが、無理をすると疲れがたまり、抵抗力はダウンする一方でした。

こんな状態で迎えた1986年1月22日の武道館公演の開幕前には、長渕さんは楽屋でグッタリと横になっていました。

大丈夫だよ、何とかやれるから。

と強がっていましたが、ついに打ち上げパーティーには出られず、どうしようもなくなって都内の病院へ運び込まれたのです。

病名は「溶連菌感染症」、「急性糸球体腎炎」というものでした。
「溶連菌感染症」とは、A群β溶血連鎖球菌という細菌によって起こる感染症のことです。

また、「急性糸球体腎炎」とは、急性上気道炎を中心とする感染(主にA群β溶連菌)の後に、10日前後の潜伏期間を経て血尿・蛋白尿、尿量減少、むくみ、高血圧で発症する一過性の急性腎炎症候群のことです。

喉(のど)をやられる溶連菌は誰でも多少持っているのですが、長渕さんの場合は通常の約30倍に増えており、これが高熱の原因になって腎炎を併発していました。

ファンにすまないから、何としてもコンサートを続けたい!

と、デビュー10周年ということもあり、長渕さんは決意を語っていましたが命には代えられません。

やむなく1月27日の那覇から3月7日の豊田市まで、20本のステージを中止しましたが、ファンも「完治させて欲しい」と受け入れてくれました。

医師は静養して体力をつけることをすすめ、事務所も慎重を期してスケジュール組みをしましたが、当の長渕さんは、

俺から歌をとったら何も残らない。いつまでも寝てられるか。

と、悔しそうにしていたのです。

こうして長渕さんは2ヶ月の静養を経て復帰しました。
しかし1994年9月9日にも、「Captain of the Ship」ツアーをスタートさせた際に、溶連菌感染症を発症。
そのため僅か3公演しかできず、残りの日程は全て公演中止となってしまいます。

溶連菌はコンサートなどで疲れがたまると出てしまうとのこと…
このような背景もあり、長渕さんは肉体改造や生活習慣などを見直して、最高のパフォーマンスができるように心がけていたのです。







Sponsored Links
 



ピックアップ記事

  1. 秋野暢子…若い頃に「卵管狭窄」という病気を疑われたことある?!
  2. クロベエ(チェッカーズ)…舌癌で亡くなった後のメンバーの確執
  3. 宮沢磨由の妹「宮澤那名子」はヴェルサイユ宮殿で歌った最初の日本人のメンバーだった…
  4. 父親の仕事から読み解く「斎藤アリス」は春日局の末裔?!
  5. 潮田玲子のポエムを全文見たけどやっぱり痛いわ…

関連記事

  1. 1980年代

    朝加真由美…元夫・篠塚勝との馴れ初めとは?!

    1971年にミス・セブンティーンコンテ…

  2. 1980年代

    長者番付からわかる芸能人の年収(1986年度)

    英チャールズ皇太子とダイアナ妃が来日し…

  3. 1980年代

    植村直己…妻・公子の出会いと最後の言葉とは?

    1970年に世界初五大陸最高峰登頂に成…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links

最近の記事

  1. 鳳啓助…元嫁(鏡子)に勝手に離婚届を出されていた?!
  2. シャネルズ…なぜ2か月間も活動停止したのか?!
  3. 島田洋七…目薬と水虫薬を間違えて失明の危機に陥ったことがある…
  4. 左とん平…過去に賭博容疑で逮捕されたことがあった?!
  5. 大和田伸也…妻・五大路子との馴れ初めから結婚まで
  6. 池田満寿夫と佐藤陽子(バイオリニスト)の馴れ初めとは?!
  7. 和田アキ子…自然気胸を患って入院したことがある?!
  8. 三遊亭小圓遊(四代目)…食道静脈瘤破裂が原因で死去する
  9. 石橋貴明と野坂昭如は本番中にガチで喧嘩をしたことがある?!
  10. BOØWY(ボウイ)…解散宣言をした理由は何だったのか?!
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 1970年代

    前田武彦のバンザイ事件と共産党の関係とは?
  2. 2000年代

    式守与之吉…休場の原因となった「ギラン・バレー症候群」とは?!
  3. 1980年代

    西村知美…姉の香里がファンに誘拐されたことがある?!
  4. 1980年代

    宮崎緑…夫・椿康雄との結婚から離婚までを振り返る
  5. 2000年代

    畑野ひろ子…子供の小学校は「成城学園初等学校」なの?!
PAGE TOP