1980年代

大友柳太朗…自殺の原因は「老い」だった?!





1985年にべテラン俳優が自宅マンション屋上から飛び降り自殺を遂げる事件が起きたのは9月27日のことでした。
往年は時代劇スターとして鳴らし、死の直前もドラマやバラエティーで売れっ子だった「大友柳太朗」さんです。
享年73歳でした。

名前:大友柳太朗(おおともりゅうたろう)
本名:中富正三
生年月日:1912年6月5日~1985年9月27日(享年73歳)
職業:俳優
出生地:広島県広島市中区
学歴:松山中学(現・愛媛県立松山東高等学校)




Sponsored Links
 

午前9時15時頃、東京・南青山のマンション前にドスンという音が鳴り響きました。
何事かと思った1階に住む住人が見に行くと植え込みの中に男性が倒れていたのです。
同じマンションの5階に住む大友柳太朗さんでした。

異変を感じ、「主人がいなくなった」とマンション内を捜し回っていた大友さんの妻も気付き、すぐに駆けつけたのですが、夫の姿を見て気を失って、そのまま寝込んでしまったのです。
大友さんは発見直後は息があり、救急車が呼ばれましたが、結局命は助かりませんでした。

自室の机には出演中のドラマのプロデューサーへのお詫びと共に「おかあちゃん、ゆっくり休んでください」という妻にあてた短い遺書が残されていたのです。
7階建てのマンションの屋上にはサンダルが揃えてあり、覚悟の自殺でした。

実は、そのしばらく前から奇行が見られていました。
死の数日前には、自宅前の道路で「ここで俺は死ぬんだ」と叫ぴ仁王立ち…
それで車が立ち往生し、警官を呼ぶ騒ぎにもなっていました。

当日の朝8時半、大友さんはマンションの管理人に「地下のトランクルームを開けてほしい」と頼みます。
管理人は鍵を開けましたが、大友さんは手にベルトを持っていて、何か様子がおかしい…
しかも、中から鍵をかけてしまいました。

これは自殺かと管理人は大友さんの妻を呼び、合鍵を使って開けましたが、室内にベルトが掛ける場所はなく、呆然と立ちつくす姿があったのです。

妻はいったん自室に連れ帰り、近所に住む長男に「様子がおかしい。家に来て」と電話をかけました。
その電話に向かった短時間に部屋から姿を消したのです。
一瞬の隙をついた自殺決行でした。

その1年ほど前から周囲に「老いてセリフ覚えが悪くなった」とよくこぼしていたと言います。
不眠にも悩み、家族に口癖のように「死にたい」と漏らしていました。

自殺の前日、伊丹十三監督の「タンポポ」の「ラーメンの先生」役での撮影を終え、監督に「アフレコ(映画・テレビで無声で撮影したあとで声や音を録音すること)はないでしょうか?」とわざわざ確認しています。
それを人生の一区切りと考えたのかもしれません。

もともと、生真面目な性格で知られ、トイレでも台本を読むといわれた完全主義者の仕事人間…
無趣味で、気晴らしをする機会もなく自分を追い詰めていったのでしょう。

大友さんは新国劇出身…
1950年代には東映の看板スターの一人として活躍し、主演だけでも100本以上ともいわれる売れっ子でした。

1980年代にNHK朝ドラ「なっちゃんの写真館」やフジ系「北の国から」などで老人役を好演…
バラエティーにも出演してひょうきん爺さんのキャラクター人気を集めました。

若い女性から「柳ちゃん」と声がかかり、「熟年アイドル」と呼ばれるほどの再ブレークの最中の「老い」を苦にした自殺だったのです。
社会問題になり始めた「高齢化社会」と絡めて報道するマスコミも多くありました。




Sponsored Links
 



ピックアップ記事

  1. 朝比奈マリア…旦那・上田健一との馴れ初めに雪村いづみが関係してた?!
  2. 神田正輝…岩に肩をぶつけて全治2ヵ月のケガを負う?!
  3. 宮田俊哉…ネイリストの姉「宮田菜月」は今何してるの?
  4. 西村知美…姉の香里がファンに誘拐されたことがある?!
  5. 長者番付からわかる芸能人の年収(1983年度)

関連記事

  1. 1980年代

    長者番付からわかる芸能人の年収(1983年度)

    東京ディズニーランド開園し、ファミリーコンピュ…

  2. 1980年代

    ビートたけし…元マネージャーが大麻所持で逮捕される?!

    お笑いタレントで映画監督、俳優でもある「ビ…

  3. 1980年代

    森進一と大原麗子…離婚の原因は何だったのか?!

    「襟裳岬」や「港町ブルース」、「おふく…

  4. 1980年代

    オスマン・サンコンさん…現在の活動とは?!

    お決まりのフレーズは「1コン、2コン、サンコン…

  5. 1980年代

    実は結婚していた大江千里のデビューから現在まで

    「十人十色」、「あいたい」、「格好悪い…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links

最近の記事

  1. 山本譲二…妻の植木悦子との馴れ初めとは?!
  2. 松田聖子…デビュー5年目でも収入はとんでもなかった?!
  3. 牛島和彦…妻の光江との馴れ初めから結婚まで
  4. 八千草薫…メニエール病という病気を患ったことがある?!
  5. 具志堅用高…妻・香澄との馴れ初めから結婚まで
  6. 森繁和…妻・靖子との馴れ初めはファンレターだった?!
  7. 久米宏 …愛人が自殺未遂をして謹慎処分になったことがある?!…
  8. 倉田保昭…クラタスポーツ・スタジオを全国展開しようとしていた…
  9. ジャッキー佐藤とナンシー久美…ジャパン女子プロレスリング設立…
  10. 都はるみ…引退の理由は中村一好が関係していたのか?!
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 1980年代

    ビートたけし…元マネージャーが大麻所持で逮捕される?!
  2. 1970年代

    平尾昌晃…幼妻(小沢深雪)との結婚から離婚まで
  3. 1970年代

    加山雄三…父・上原謙と共にホテルの経営破たんに頭を悩ませた日々
  4. 1970年代

    芹洋子…愛馬・キヨヒメで5000万円近くも稼いでいた?!
  5. 2000年代

    茂森あゆみ…現在は自ら音楽会を開催している?!
PAGE TOP