1980年代

浦辺粂子…死因となった多臓器不全はガスコンロが原因?!





生まれは明治35年…
戦前から女優として活躍し、「ハレー彗星を2度見た」とも発言していた「浦辺粂子」さん。

80歳を過ぎても現役を続け、バラエティー番組で人気でしたが、1989年10月にガスコンロの火が浴衣に移り、大火傷を負って87年の生涯を閉じています。

名前:浦辺粂子(うらべくめこ)
本名:木村くめ
生年月日:1902年10月5日~1989年10月26日(享年87歳)
職業:女優
出生地:静岡県賀茂郡下田町(現在の静岡県下田市)
学歴:沼津女学校(中退)




Sponsored Links
 

浦辺さんは26歳の時に京都の資産家と結婚し、1年余りで離婚しています。
以後「女優に家庭は要らない」、「私はわがままで気を使うのは嫌い」と独身を貫いていました。

一人暮らしを続けた浦辺さんの元気の秘訣は、離婚の原因ともなったギャンブル…
競輪はフリーパス、競艇は特別パスを持っていました。
麻雀好きでも知られ、「仲間がだんだん死んじゃうからメンツが足りなくて大変なの」とも語っていたほどです。

元気に暮らす浦辺さんにアクシデントが起きたのは1989年10月25日朝8時前…
お湯を沸かそうとヤカンをガスコンロにかけたのですが、その際、浴衣の右のたもとに引火したのです。
助けを呼ぼうと浦辺さんは火だるまになりながら、玄関に向かいました。

「熱い、熱い、助けて」というかすれた声を聞きつけた隣家の住人が見たのは、浴衣が焼け焦げて裸同然で黒い門扉にしがみつく浦部さんでした。
その時は「大丈夫よ、大丈夫よ」、「救急車は嫌だから呼ばないで」と答えたと言います。

隣人はすぐさま119番通報…
腰のあたりでくすぶっていた火は洗面器の水で消し止め、東京・西新宿の東京医大病院に搬送されました。

救急車の中ではぐったりしながらも呼びかけに応答…
病院に着いた時も「早く帰りたいよ」と訴えるほど意識ははっきりしていたのです。

しかし、全身の70%に火傷を負う重傷…
無菌室に移されて4人の医師が治療に当たりましたが、87歳の高齢もあり、翌26日午前0時30分、多臓器不全で帰らぬ人となったのです。

実は、浦辺さんは火傷事故の3年前の1986年にも、自宅の階段から足を踏み外して転落する事故を起こしていました。
この時は仕事がオフだったため、マネージャーが連絡を取っていなかったのです。
このため発見が遅れ、意識不明のまま3日間、誰にも気づきませんでした。

連絡が取れないのを心配した知人が隣家の住人に連絡…
家の中で倒れている浦辺さんを発見したのです。
当時、階段下から風呂場や台所まで広がった血は、すでに固まっていたほどだったという。

頭を20針縫い、2ヵ月近く入院生活を送りました。
以降、足腰が弱っていたといわれ、火傷は周囲が心配していた中でのアクシデントだったのです。

明治35年生まれの浦辺さんは戦前から活躍し、60年以上の女優生活の中で300本以上の映画に出演しました。
それだけ女優への意識は高く、特に芸名である「浦辺粂子」に強い愛着と誇りを持っていたのです。

紫綬褒章の授賞式において本名で呼ばれた際にひどく立腹し、「この賞は浦辺粂子がもらったものです」と怒りを露わに挨拶したと言います。

浦辺さんの死を聞いた清川虹子さんは「あれだけみんなを楽しませてくれた人が、あんな死に方をしなければいけないかと思うと、とても辛い…周囲は心配していたんですが、一人の方がいい、自分は大丈夫と言っていたので」と悲しみをにじませました。

浅香光代さんも「周りは老人ホームに入るように勧めたけど、私は死ぬまでここにいたいと言ってね」とコメントしています。
多くの人に惜しまれた「おばあちゃんアイドル」の死でした。




Sponsored Links
 



ピックアップ記事

  1. 藤真利子…マッチ(近藤真彦)との親密な関係?!
  2. 藤田晋と奥菜恵…馴れ初めから離婚理由まで大暴露!?
  3. 木村秋則…現在はがんの治療に専念していたが…!?
  4. GAO(歌手)…性別・年齢の謎と2017年現在の活動
  5. 牧瀬里穂…旦那・NIGOとの馴れ初めから結婚まで

関連記事

  1. 1980年代

    ビートたけし…愛人Aと間に生まれた子供に関して

    コメディアンでタレント、映画監督で俳優でもある…

  2. 1980年代

    小柳ルミ子と大澄賢也…結婚式でダンスと濃厚キスを披露?!

    2007年に話題となった藤原紀香さんと陣内智則…

  3. 1980年代

    松田聖子…コンサート中に暴漢に襲われ怪我をする?!

    大阪府枚方市にTSUTAYAの1号店「蔦屋書店…

  4. 1980年代

    白石ひとみ…業界引退後は脚本家として活躍中?!

    宇宙企画の独擅場だった「美少女路線」に対抗して…

  5. 1980年代

    奥村雄大…座頭市での事故を経て現在は110キロの巨漢に?!

    座頭市シリーズといえば、「勝新太郎」さんのライ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links

最近の記事

  1. 野杁泉(赤木春恵の娘)…介護しながら夫・野杁和俊の会社を支え…
  2. 紫吹淳…実家は金持ちで父親は三洋電機はガセ?!
  3. 江口ともみ…事故の原因はどこにあったのか?
  4. 小鳩くるみ…43歳で結婚して現在は夫婦二人で暮らしている?!…
  5. 野々村直通監督…あの問題発言の後に本当に腹を切っていた?!
  6. ひでこコルトン…大学卒業から結婚・再婚を経て現在に至る
  7. 剣武輝希…秩父の温泉「宮本家」は1日6組限定の超老舗!?
  8. 小川真澄(元パンプキン)…現在はアイドルユニットをプロデュー…
  9. お箸マニア・三井和典(みついがずすけ)は四季彩堂のブランド青…
  10. 福井優子…観覧車通信の日本支局長が観覧車にハマった意外なきっ…
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

カレンダー

2019年1月
« 12月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 1990年代

    裕木奈江…バッシング事件の原因は「ポケベルが鳴らなくて」?!
  2. 1980年代

    黛ジュン…デビューから現在までを振り返る
  3. 1990年代

    FC岐阜ラモス瑠偉が再婚と娘は結婚について語る
  4. 1980年代

    布施明…オリビアハッセーとの結婚式は「ヒンズー教式」?!
  5. 2000年代

    北村匠海…父親が北村一輝っていうのは完全にガセ?!
PAGE TOP