2000年代

林昌範…現在は「船橋中央自動車学校」で営業部長に?!年収は〇〇万円




 

2001年にドラフト7位で、読売ジャイアンツに指名されてプロデビューした「林昌範」さん…
2017年12月29日には16年の野球人生を終え、現役引退を発表しました。

その後、現在に至るまで「船橋中央自動車学校」に勤め、今は「営業部長」に就任しているのです。

名前:林昌範(はやしまさのり)
生年月日:1983年9月19日(35歳)
職業:元プロ野球選手(投手)、野球解説者
出身:千葉県船橋市
学歴:船橋市立船橋高等学校




Sponsored Links
 

2017年に現役引退を発表した林昌範さんは、その後「船橋中央自動車学校」(株式会社船橋中央自動車学校)に就職しています。

学校名:株式会社船橋中央自動車学校
住所:千葉県船橋市飯山満町2-635
代表者:林敬
設立:1971年9月

ご覧の通り、船橋中央自動車学校は、昌範さんの父親である「林敬」さんが代表を務めており、昌範さんは言ってしまえば「コネ入社」という形になります。

なにしろ1971年9月に設立された船橋中央自動車学校は、勤続20年以上の人も多く、教習指導員の平均年齢は40代…
そんな中、2017年12月29日に現役を引退した30代の昌範さんは、いきなり2018年1月「営業部長」に抜擢されているのです。

「これまでパソコンをさわったことがほとんどない」にという昌範さん…
船橋中央自動車学校へ務める一方で、経営学を学び、このまま問題なければさらに出世を重ねて、父親の後を継ぐことになるものと予想されています。

この点に関してはネット上でも、

実家とはいえいきなり部長かよw

完全にコネやん

次期社長やんけ

実家金持ちだったのかー

絵に描いたようなコネやな

そのうち継ぐんやろ?輝かしいセカンドキャリアや

などとコメントがあがっていました。

さて、そんな林昌範さんの「年収(年俸)」に関してですが…
プロ野球選手時代の年俸は概ね下記のようになっています。

2002年・・・480万円(読売ジャイアンツ)
2003年・・・516万円(読売ジャイアンツ)
2004年・・・1,800万円(読売ジャイアンツ)
2005年・・・2,100万円(読売ジャイアンツ)
2006年・・・4,300万円(読売ジャイアンツ)
2007年・・・4,300万円(読売ジャイアンツ)
2008年・・・4,000万円(読売ジャイアンツ)
2009年・・・3,500万円(北海道日本ハムファイターズ)
2010年・・・4,000万円(北海道日本ハムファイターズ)
2011年・・・4,000万円(北海道日本ハムファイターズ)
2012年・・・2,600万円(横浜DeNAベイスターズ)
2013年・・・2,600万円(横浜DeNAベイスターズ)
2014年・・・2,600万円(横浜DeNAベイスターズ)
2015年・・・4,100万円(横浜DeNAベイスターズ)
2016年・・・4,100万円(横浜DeNAベイスターズ)
2017年・・・4,100万円(横浜DeNAベイスターズ)

ということで、現役時代の最高年俸は4,300万円(2006年、2007年)となっています。

では、現在の年収は?…
というと、船橋中央自動車学校が2018年3月12日から2018年4月9日まで出していた求人情報にヒントがありました。

なんとそこには「指導員資格が無い方でも、資格取得まで月給30万円保証」と出ていたのです。

すでに、この求人は終了していますが、この求人ページで昌範さんが会社の女性と一緒の写真があり、教習所の雰囲気や託児所も併設されていることなどを紹介していました。

つまり、月給(1ヵ月単位で定められた賃金)が30万円だとすると、ボーナスなどの有無にもよりますが、大体年収は400万円前後…
さらに、昌範さんは営業部長ですので、ざっくり600万円から800万円程度なのではないでしょうか。

ただ、昌範さん教習所以外にも講演やプロ野球の解説者としても活動しており、その分のプラスすると、1000万円近くになるのかもしれません。
やはり、さすがに現役時代よりも年収は下がっていると推察できます。

とは言え、昌範さんが船橋中央自動車学校の社長ともなれば話は別でしょう。

船橋中央自動車学校は、千葉県本免許学科試験合格率が7年連続(2011年~2017年)で第1位…
過去には「千葉県指定教習所学科競技大会」にも4回優勝、「全国指定教習所学科競技大会」に千葉県代表3回出場、「平成28年度第8ページ回全国指定教習所学科競技大会」では優秀賞受賞を獲得している千葉でも指折りの教習所です。

昌範さんが実家業を継げば、現役時代以上の年収を稼ぐ可能性も十分にありそうです。




Sponsored Links
 



ピックアップ記事

  1. 黒部の太陽…石原裕次郎と三船敏郎の苦難を乗り越え完成させる
  2. 大竹しのぶ…野田秀樹とは結婚せずに破局?!
  3. 尾野真千子…元旦那の名前は「森博貴」で双子の兄はCEO?!
  4. 倉沢淳美…握手会でファンに襲われてから現在まで
  5. 池山隆寛…息子が荒れてるってどういうこと?!

関連記事

  1. 2000年代

    紺野まひる…「夫が亡くなる」という話は完全にガセ?!その理由は…

    元・宝塚歌劇団雪組トップ娘役だった女優の「紺野…

  2. 2000年代

    宇多田ヒカル…徳島事件の真相とは如何に?!

    1998年12月、15歳でリリースしたシングル「Automatic」が…

  3. 2000年代

    上原美優…遺書の内容は亡くなった母へ宛てたものだった?!

    「上原美優」さんは、鹿児島県の種子島出…

  4. 2000年代

    松本明子の息子が通う中学校は成城学園だったの!?

    1983年に歌手デビューし、最近でも「しくじり…

  5. 2000年代

    鈴木亜美…事務所トラブルの原因は何だったのか?

    小室哲哉さんプロデュースで1998年2…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links

最近の記事

  1. 山本譲二…妻の植木悦子との馴れ初めとは?!
  2. 松田聖子…デビュー5年目でも収入はとんでもなかった?!
  3. 牛島和彦…妻の光江との馴れ初めから結婚まで
  4. 八千草薫…メニエール病という病気を患ったことがある?!
  5. 具志堅用高…妻・香澄との馴れ初めから結婚まで
  6. 森繁和…妻・靖子との馴れ初めはファンレターだった?!
  7. 久米宏 …愛人が自殺未遂をして謹慎処分になったことがある?!…
  8. 倉田保昭…クラタスポーツ・スタジオを全国展開しようとしていた…
  9. ジャッキー佐藤とナンシー久美…ジャパン女子プロレスリング設立…
  10. 都はるみ…引退の理由は中村一好が関係していたのか?!
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 1970年代

    泉谷しげる…過激な発言で番組を打ち切りに追い込む?!
  2. 2000年代

    堀佳子(人形作家)借金とマネジャーとの関係が疑問すぎる件
  3. 1980年代

    川崎敬三…ヤラセ事件で番組降板の真相とは何だったのか?
  4. 1970年代

    篠田三郎…嫁・高田章子との馴れ初めから結婚まで
  5. 1980年代

    三宅裕司…嫁・正子との婚約会見と馴れ初めとは?!
PAGE TOP