1980年代

竹下景子…旦那・関口照生との結婚までの馴れ初め





女優でありながら、TBS系「クイズダービー」で“三択の女王”と呼ばれるなど、才色兼備が魅力の「竹下景子」さん。
結婚は30歳になっていた1984年4月…
「お嫁さんにしたい女優ナンバーワン」だっただけに、センセーショナルに報じられました。

名前:竹下景子(たけしたけいこ)
本名:関口景子(せきぐちけいこ)
生年月日:1953年9月15日(64歳)
職業:女優
出生地:愛知県名古屋市東区
学歴:東京女子大学文理学部社会学科



Sponsored Links
 

竹下さんを射止めたのは15歳年上のカメラマン・関口照生氏(経済産業省産業部門有識者会議委員)…
デビュー直後の1973年、銀行CMの仕事で知り合ったのがきっかけで飲み友達として付き合い始めました。

1978年には関口氏が水着写真集「水中花・竹下景子」をポナペ島で撮影…
その後、女性誌が「半同棲生活」と報じるなど、2人の仲はマスコミを何度もにぎわせるようになります。

ウワサが出るたび、2人は「単なる仕事上のお付き合い」と親密交際を否定しましたが、関口氏は竹下さんの人気上昇にあわせて仕事の幅を広げ、いつしか年収3000万円に…
自分のスタジオを構え、伊豆には別荘、ジャガーを乗り回し、クルーザーを所有する一流カメラマンとなったのです。

婚約を発表したのは交際から10年以上も過ぎた1984年1月…
関口氏の仕事の都合で婚約会見は竹下さん単独で行われました。
会見で「関口さんとは長い付き合いですが、結婚を意識したのは最近のこと」と語ったのです。

ちなみに結婚を切り出したのは竹下さんから…
前年に飼い始めたハスキー犬が大きくなり、自分のマンションでは無理になったことにかこつけて、「犬も片親だと非行になるかな?結婚してみようかな」と話を持ち出し、関口氏が「ウン」と答えたエピソードも明かされました。

15歳の年齢差についても質問が出ましたが、「そのことはあまり考えていません」とアッサリ…
女優と妻の二足のワラジを履くことから「悪妻になるかも」と宣言し、子供は「まだいいです。マル高の記録に挑戦してみます」と語ったのです。

関口氏に対しては「うまいこと玉の輿に乗りやがって」などとやっかむ声も聞かれました。
しかし、婚約を機にトレードマークの顎のヒゲを剃り落とし、「ボクはヒモにはなれない。自尊心だよ」とコメントしたのです。

挙式は都内のホテルで4月21日に行われました。
8500万円の花嫁衣装に身を包んだ竹下さんの姿はウエディングサービス会社の広告として翌日の新聞紙面を飾ったのです。

待望の男児が生まれたのは結婚から2年後の1986年3月20日…
関口氏は分娩に立ち会い、出産シーンを撮影しました。
誕生の瞬間を捉えた写真は翌年、竹下さんが原稿を書いた出産・育児体験エッセー「ハロープラスワン」に掲載され、話題を呼んだのです。

その後の竹下さんは悪妻宣言とは裏腹の良妻賢母になりました。
2001年3月に関口氏に胃がんが発見された時は献身的に夫を支えたのです。

2002年6月に胃の5分の1を切り取る手術を受け、「カミさんは大きな意味で支えてくれました。これだけわがままやってきて、こんな時にありがたさを感じたのじゃ遅いんでしょうが」と感謝しました。

竹下さんは女優として活躍中…
がんを克服した関口氏も仕事に復帰して活動を続けています。



ピックアップ記事

  1. 西村和彦…二度の「離婚原因」は何だったのか?!
  2. 野坂昭如と大島渚の殴り合いの原因は何だったのか?!
  3. 河相我聞…現在はラーメン屋を廃業して息子たちが活躍中?!
  4. 相原勇と曙…破局の真相は如何に?!
  5. 尾崎豊…死因の真相は何だったのか?!

関連記事

  1. 1980年代

    清水ひとみ…ストリップ界から姿を消して現在の行方は?

    1980年代後半に活躍したストリッパーの「清水…

  2. 1980年代

    千堂あきほが消えた理由は盗聴事件の真相を知れば納得!

    1987年「ロッテ CMアイドルはキミだ!」の…

  3. 1980年代

    萬田久子と佐々木力(内縁の夫)との事実婚に衝撃?!

    短大在学中の1978年にミス・ユニバース日本代…

  4. 1980年代

    間寛平…アメマ裁判でも笑いをとる?!

    お笑いだけではなく、マラソンランナーとしても大…

  5. 1980年代

    アンルイス…元旦那・桑名正博との電撃結婚と離婚

    バブル景気で沸く1980年代…個性的なファ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links

最近の記事

  1. 松山英太郎…死因の食道がんで父親・河原崎國太郎の葬儀に出れず…
  2. 渥美清…男はつらいよのために晩年まで家族ことも明かさず
  3. 若山富三郎…死因となった心筋梗塞を勝新太郎が看取る
  4. 榊原兄妹(魁、爽)はなぜオーストラリア国簎を選んだのか?
  5. コルファー羽鳥ジュリア…wiki風にプロフィールを紹介してみ…
  6. 水無昭善(阿闍梨)…あのトラブルから今現在は何をしている?!…
  7. 藤井サチ…玉川学園高校から上智大学にAO入試で合格する?!
  8. 平野紫耀…弟の名前が莉久(Ricky)で母親は闘病中て知って…
  9. トラウデン直美…同志社国際高校を経て慶応義塾大学に入る?!
  10. 下嶋兄の姉「下嶋生」(しもじまうぶ)ってどんな人なの?
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

カレンダー

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 2000年代

    長者番付からわかる芸能人の年収(2003年度)
  2. 2000年代

    白石小百合…退社理由は香水販売だけでなく「紺野あさ美」など同期だった?!
  3. 1990年代

    野村貴仁(元巨人)年棒推移や結婚していた事実が発覚した件
  4. 1970年代

    三船敏郎…介護は喜多川美佳でなく元妻・吉峰幸子がしていた?!
  5. 1990年代

    酒井法子と野島伸司の熱愛から破局…その原因とは?
PAGE TOP