1970年代

高倉健…江利チエミとの離婚の真相が衝撃?!





2014年1月に83歳で亡くなった「高倉健」さん。
遺作となった2012年公開の映画「あなたへ」は、高倉さん演じる刑務所の指導技官が、亡き妻(田中裕子さん)の生前の真意を知るために富山から九州まで旅するロードムービーです。

妻への深い思いを胸に秘める寡黙な男は「幸福の黄色いハンカチ」(1977年)以来のハマリ役となりました。
そんな高倉さんが実生活で愛した女性はただ一人…
夫婦生活13年目に破局を迎えた江利チエミさんでした。

名前:高倉健(たかくらけん)
本名:小田剛一(おだごういち)
生年月日:1931年2月16日~2014年11月10日(享年83歳)
職業:俳優・歌手
所属:高倉プロモーション
出生地:福岡県中間市



Sponsored Links

二人がなぜ別れたのか?…
はっきりしない不可思議な離婚劇でした。

結婚3年目に妊娠したのですが…
江利さんは仕事を優先して結局産みませんでした(後に重度の妊娠高血圧症候群と発覚)。
以降、夫婦の関係がギクシャクするのですが、それが離婚の原因ではありませんでした。

1971年9月3日、それぞれが別の場所で記者会見を開きます。
江利さんは赤坂プリンスで、離婚の理由を「私のいたらなさ」と述べました。

一方の高倉さんは銀座の東映本社で会見に臨む手はずとなっていたのですが、本人は姿を見せず、代わって当時の岡田茂東映社長(故人)が「高倉君は今、痔の手術で入院しております」と説明したのです。

実は、この入院話が本当だったかどうかは怪しいのです…
実はその前夜、高倉さんは週刊誌記者の直撃を受けていました。
「すべて私の不徳のいたすところ」と繰り返すばかりだったといいます。

高倉さんは誠実に対応しようとする性格…
会見に出れば、ヘタなことをしゃべってしまうのではと東映側がおそれたことが理由ではないかと言われています。

後日、判明するのですが、実は言葉にできない事実があったのです。
夫婦の家に家政婦として入り込んでいた江利さんの異父姉Y子が2億円を横領…
さらに高倉さんにまで触手を伸ばしていたことがわかり、罪を感じた江利さんが離婚を申し出たのです。

「妹が憎い。同じ母の血を引きながら、妹は華やかなスポットライ上を浴びているのに、姉の自分は惨めな女中にしかすぎない。いつか必ず復讐してやる!」…
Y子は大学ノートにこのような手記を残していました。

2億円を使い尽くすと「高倉が家に収入を入れないために、金融業者から借金をしなけれぱならなくなった」とマスコミにウソを並べ立てます…
ついには高倉さん名義の不動産まで勝手に抵当に入れ、金を捻出しました。

離婚後、江利はY子を刑事告訴…
Y子は懲役3年の実刑が下りました。

江利さんは高倉さんに土下座して謝り、泣きながら「いつかまた一緒になって欲しい」と頼んだのです。
高倉さんも「ほとぼりがさめたら」と答えましたが、それは叶いませんでした。

1982年2月に江利さんが45歳の若さで亡くなったからです。
一人暮らしのマンションで酔って嘔吐…
吐しゃ物が気管に詰まって窒息死したのです。

テネシーワルツで一世を風靡した彼女も、高倉さんと別れたあとは地方回りの日々…
毎晩、酒を浴びるように飲んでいました。

江利さんの墓は高倉さんと暮らした家から歩いて数分の法徳寺(世田谷区)にあります。
毎年の命日前後になると、早朝の薄暗い中、一人で花を手向ける高倉さんの姿が見られたといいます。



ピックアップ記事

  1. 中村錦之助(萬屋錦之助)と有馬稲子の離婚報道
  2. 金原あすか…現在は「愛内りりあ」に名前を変えて活動中?!
  3. 山尾志桜里…夫で元ライブドア役員「山尾恭生」は金欠でヤバい?!
  4. 清原和博…覚醒剤の入手先(入手ルート)は弘道会?!
  5. 高田みづえ…若嶋津との出会いや馴れ初めとは?

関連記事

  1. 1970年代

    井上陽水…石川セリに曲「ダンスはうまく踊れない」を贈って口説く?!

    名曲「少年時代」の歌手としても知られる「井上陽…

  2. 1970年代

    松方弘樹…仁科亜季子との結婚から離婚に至るまで

    1979年11月7日午後6時…都心のホテル…

  3. 1970年代

    長者番付からわかる芸能人の年収(1977年度)

    王貞治選手がホームラン世界記録756号を達成し…

  4. 1970年代

    加藤登紀子…夫は革命家・藤本敏夫で2人は獄中婚だった?!

    「おときさん」の愛称で親しまれているシンガーソ…

  5. 1970年代

    長者番付からわかるスポーツ選手の年収(1976年度)

    1976年は第12回インスブルックオリンピック…

  6. 1970年代

    岸恵子…フランス人映画監督と結婚から離婚まで

    「まんが日本昔ばなし」が毎日放送系で開始されば…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links

最近の記事

  1. 新田恵利…熱海の家は「伊豆山エリア」or「多賀・網代エリア」…
  2. 紺野美沙子…息子は慶應義塾大学を卒業している?!
  3. 金村義明…息子がキャディを始めたワケとは一体?!
  4. 紺野ぶるま…旦那はオードリー若林似の会社員?!
  5. 佐藤二朗…嫁のルミは息子に「オジサンみたい」と言われたことが…
  6. 清貴…LGBTをカミングアウトして本来の自分を取り戻す?!
  7. つちやかおり…娘(次女)は病気を乗り越えグラフィックを学んで…
  8. 山本譲二…交通事故で全治2ヵ月の重傷を負ったことがある?!
  9. 古尾谷雅人の息子・高藤疾土は父親の名前で再び役者を志す?!
  10. 王理恵…姉は理香で妹は理沙で2人とも一般女性?!
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 2000年代

    ASKA…覚醒剤逮捕から2018年現在の活動まで
  2. 1980年代

    初代・三波伸介の死因はタバコが原因だった?!
  3. 1970年代

    長者番付からわかるスポーツ選手の年収(1975年)
  4. 1980年代

    衣笠祥雄…なぜ広島カープの監督になれなかったのか?
  5. 2000年代

    福山雅治…結婚のショックで株価も下落?!
PAGE TOP