1980年代

松田聖子…暴漢事件の詳細と犯人の驚くべき動機とは?!




 

代表曲「あなたに逢いたくて~Missing You~」や「赤いスイートピー」など、1980年代を代表するアイドルで歌手の「松田聖子」さん。
そんな松田聖子さんがコンサート中に暴漢に襲われ、全治約1週間のケガを負ったのは1983年のことでした。

今回は6000人のファンの前で起きた松田聖子さんへの暴漢事件と、犯人の動機に関して掘り下げていきたいと思います。

名前:松田聖子(まつだせいこ)
生年月日:1962年3月10日(57歳)
職業:歌手、シンガーソングライター、女優
所属:felicia club(フェリシアクラブ)
レーベル:EMI RECORDS
出身:福岡県久留米市荒木町
学歴:堀越高等学校




Sponsored Links
 

事件が起きたのは1983年3月28日、時間は午後7時40分過ぎのことでした。
この時、沖縄市の市営体育館では、「松田聖子スブリング・コンサート」が開演され、ちょうど1時間ほど経過していました。

スポットライトを浴びて歌う松田聖子さんに突然、黒い影が駆け寄ります。
その影は舞台横から現われたように見えたと言います。

そうして、その黒い影は40センチほどの凶器を振りかざして松田聖子さんの右側頭部に激しく打ちつけました。
それも1回ではなく、2回、3回…と数回も殴りつけたのです。

思いもかけぬ出来事に、場内は凍りついたように静まり返りました。
舞台近くにいたスタッフや警備員がいっせいにステージに登ると、ファンの叫びや悲鳴が一気に爆発したのです。

間もなく暴漢が取り押さえられ、スタッフが松田聖子さんを抱きかかえました。
松田聖子さんの顔は蒼白で、失神しているように見えたと言います。
時間にしてわずか1分足らずのこでした。

この日、夜8時からは「ザ・トップテン」(日本テレビ)の生放送があり、松田聖子さんのこのステージを生中継する予定だったのです。
会場には系列の沖縄テレビのカメラが入っており、この衝撃的な事件はニュースの時間に日本中のお茶の間に流されました。
もちろん、松田聖子さんの出演は不可能となり、コンサートも中止されたのです。

犯人は会場警備の警察官に、傷害の現行犯で逮捕されパトカーで沖縄署に連行されました。
一方、松田聖さんは車で浦添市にある牧港中中央病院(医療法人博愛会・牧港中央病院)に運ばれたのです。

こうして病院側からこのようなコメントが発表されました。

運ばれてたき時は、かなりの興奮状態で体も震え涙を浮かべてました。右側頭部と右手首に、それぞれ裂傷と打撲傷を受けていたので、レントゲンを撮りましたが、幸い骨折もなく、CT(X線断層撮影)の結果、脳内出血もありませんでした。念のため今夜は入院してもらい、明日(29日)には帰京できるでしょう。全治1週間の傷です。

沖縄署の調べでは、犯人は埼玉県に住む19歳の少年で、1982年春に高校を卒業してからノイローゼ気味で、近くの精神病院に入病中だったと言います。
26日に外出許可をもらったのですが、松田聖さんの大ファンで、沖縄コンサートがあるのを知りツアーに参加したのです。
そうして、「聖子を殴れば有名になれる」と、沖縄で陳列ケース棚を支えるステンレスの金具を買い、襲ったと自供しました。

松田聖さんもその後、コメントを出しており、

とても残念なことになり、悔しい。コンサートも中止になりファンの皆さんに申しわけないと思っています。でも、もう一度沖縄へやってきます。私はまた歌います、心配しないでください。

と語ったのです。
その後、4月5日の熊本コンサートから松田聖さん復帰を果たしています。






Sponsored Links
 



ピックアップ記事

  1. 黒田勇樹…引退理由は舞台降板で現在の活動は何してるの?
  2. 森脇和成の結婚や離婚・子供など現在まで色々とあった件
  3. 市村正親…篠原涼子との年の差婚の馴れ初めとは?
  4. misonoの旦那Nosukeの「精巣がんによる胚細胞腫瘍」ってどんな病気?
  5. 福山雅治…結婚のショックで株価も下落?!

関連記事

  1. 1980年代

    古舘伊知郎…妻・松尾美樹と豪華な結婚式を挙げる?!

    元テレビ朝日アナウンサーであり、現在はフリーアナウンサーとして活躍して…

  2. 1980年代

    都はるみ…引退の理由は中村一好が関係していたのか?!

    紅白出場回数29回。代表曲「好きになった人」や「北の宿から」、「大…

  3. 1980年代

    志穂美悦子…長渕剛との馴れ初め・結婚から現在

    千葉真一さんが率いるJAC初の女優……

  4. 1980年代

    神取忍…ジャッキー佐藤とのデビュー戦を迎えるまで

    “ミスター女子プロレス”や“女子プロレ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links

最近の記事

  1. 山本譲二…妻の植木悦子との馴れ初めとは?!
  2. 松田聖子…デビュー5年目でも収入はとんでもなかった?!
  3. 牛島和彦…妻の光江との馴れ初めから結婚まで
  4. 八千草薫…メニエール病という病気を患ったことがある?!
  5. 具志堅用高…妻・香澄との馴れ初めから結婚まで
  6. 森繁和…妻・靖子との馴れ初めはファンレターだった?!
  7. 久米宏 …愛人が自殺未遂をして謹慎処分になったことがある?!…
  8. 倉田保昭…クラタスポーツ・スタジオを全国展開しようとしていた…
  9. ジャッキー佐藤とナンシー久美…ジャパン女子プロレスリング設立…
  10. 都はるみ…引退の理由は中村一好が関係していたのか?!
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 2000年代

    片岡鶴太郎はヨガ呼吸法で激やせしている?!
  2. 2000年代

    水野美紀…独立した理由は何だったのか?!
  3. 1980年代

    田中裕子…沢田研二との出会いと馴れ初め
  4. 2000年代

    清貴…LGBTをカミングアウトして本来の自分を取り戻す?!
  5. 2000年代

    近藤サト…元旦那との離婚から現在までを振り返る
PAGE TOP