1980年代

佐久間良子…元夫・平幹二朗との離婚劇の裏側とは?!




 

女優として、テレビドラマ「おんな太閤記」や「ドナウの旅人」、映画「五番町夕霧楼や「細雪」などに出演…
高い塀に囲まれた実家の敷地が500坪ほどあり、まさに箱入り娘だった「佐久間良子」さんです。
そして、そんな佐久間さんの夫であった平幹二朗(当時50歳)さんとの離婚が発表されたのは1984年5月のことでした。

名前:佐久間良子(さくまよしこ)
生年月日:1939年2月24日(79歳)
出生地:東京都練馬区
職業:女優
出身:東京都練馬区
学歴:川村高等学校



Sponsored Links
 

離婚の噂は数年前からありました。
中でも1984年3月に、佐久間良子さんが子供2人を連れて東京・世田谷の自宅を出たことで、離婚は決定的といわれていたのです。
そうして5月28日午後6時、東京・丸の内の東京会館で2人同席による離婚会見が開かれました。

佐久間さんはグレーのワンピースにネックレス…
平幹二朗さんはチャコールグレーのスーツという出で立ちで会見場に姿を現しました。
すでに2人とも、目にはうっすらと涙を浮かべているようだったといいます。

冒頭、進行役を務めた東宝のプロデューサーが2人の馴れ初めから概略を説明し始めたが、佐久間さんは思わずうなだれて涙ぐみました。
離婚の原因を聞かれた佐久間さんは「母、女優、妻の3役をまっとうできなかった。妻として健康面など夫への気配りができなかった」と自らの非について語りました。

子供について聞かれた際は表情を曇らせ、「私も父親なしで育ったのでこういう結果は迎えたくなかった。夫婦の会話がなくても家庭は続けられると思ったが、2人の子供も成長し、夫婦の不和を感じ始めるようになった」と平さんが答えます。

これに佐久間が続けました。
「子供たちは親の状態を敏感にキャッチし、チック症という症状も見えてきた。(子供たちのためにも)新しい生活の方がいいと思った」と語ったのです。

チック症とは、まぶたの筋肉が痙攣する神経性の病気で、娘にも妙に明るく騒ぐなど、様子が普通ではなくなっていたと言います。
離婚は子供たちのためを思った上での苦渋の決断…
というわけでした。

佐久間さんはこの時のことを2012年に連載した日経新聞の「私の履歴書」で「“子はかすがい”というが、私たちの場合、残念ながら逆になってしまった」と語っています。

会見では平さんの”男性問題”という無粋な質問も出ましたが、2人は一笑に付しました。
平さんが「今日も綺麗だが、18年前に共演した時も綺麗で、とてもいい相手役に会えたと思った。人生の共演には失敗したが、今後もテレビなどで共演できれば…」ときれいにまとめ、これに佐久間さんが微笑み、約30分の会見は終わりました。

二人はドラマ「皇女和の宮」の共演がきっかけで1970年4月に結婚…
14年間の夫婦関係が破綻した原因には性格の不一致もあったようです。

裕福な家庭で何不自由なく育ったお嬢さまの佐久間さんと、繊細な性質で孤独を好む平さんはすでに新婚旅行先でも些細なことで衝突していたと言います。

1979年には平さんが仕事に集中するため、子供のいる家を出て一時的に渋谷のマンションに移り住んだこともあるなど、お互いに多忙を極める中での生活だったのです。
佐久間さんは先ほどの「私の履歴書」の中で「気持ちの高まりは結婚する前がピークだった」と語っていました。

離婚後、平さんが子供の親権者となり、佐久間さんが保護者として養育を担当しました。
長男の平岳大さん(43歳)は2002年5月、舞台「鹿鳴館」で役者デビュー…
この舞台で親子3人共演を果たしています。




Sponsored Links
 



ピックアップ記事

  1. 杉本公雄…熊谷幸子との馴れ初めと結婚式までを振り返る
  2. 市村正親…篠原涼子との年の差婚の馴れ初めとは?
  3. 加藤紗里(27歳)の出身高校は広島の「安田女子高校」
  4. 長者番付からわかる芸能人の年収(1977年度)
  5. にしおかすみこ…干された理由と現在について

関連記事

  1. 1980年代

    浦辺粂子…死因となった多臓器不全はガスコンロが原因?!

    生まれは明治35年…戦前から女優として活躍…

  2. 1980年代

    長門裕之…女性遍歴を暴露して非難殺到する?!

    2011年5月に77歳で亡くなった元俳優の「長門裕之」さん。晩年は…

  3. 1980年代

    千昌夫…離婚慰謝料は「50億円」?!

    大ヒット曲「北国の春」で有名な「千昌夫」さん。かつておしどり夫…

  4. 1980年代

    長者番付からわかる芸能人の年収(1989年度)

    任天堂から「ゲームボーイ」発売され、消費税が3%に…テトリスやプリ…

  5. 1980年代

    高橋三千綱…中山一也に刺されて全治10日のケガを負う?!

    代表作である「さすらいの甲子園」(1978…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links

最近の記事

  1. 山本譲二…妻の植木悦子との馴れ初めとは?!
  2. 松田聖子…デビュー5年目でも収入はとんでもなかった?!
  3. 牛島和彦…妻の光江との馴れ初めから結婚まで
  4. 八千草薫…メニエール病という病気を患ったことがある?!
  5. 具志堅用高…妻・香澄との馴れ初めから結婚まで
  6. 森繁和…妻・靖子との馴れ初めはファンレターだった?!
  7. 久米宏 …愛人が自殺未遂をして謹慎処分になったことがある?!…
  8. 倉田保昭…クラタスポーツ・スタジオを全国展開しようとしていた…
  9. ジャッキー佐藤とナンシー久美…ジャパン女子プロレスリング設立…
  10. 都はるみ…引退の理由は中村一好が関係していたのか?!
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 2000年代

    森脇和成の結婚や離婚・子供など現在まで色々とあった件
  2. 1980年代

    沢田亜矢子…娘の父親に関しては未だに明かさず
  3. 1980年代

    島田洋七…目薬と水虫薬を間違えて失明の危機に陥ったことがある?!
  4. 1990年代

    赤坂晃が宮古島で再婚!?焼肉店589はどこにあるのか…
  5. 2000年代

    中村七之助の逮捕に松本潤や市川海老蔵が関係していた?!
PAGE TOP