1980年代

大貫映子…ドーバー海峡横断から現在までを振り返る




 

1982年8月にドーバー海峡を遠泳横断した日本人女性をご存知でしょうか。
名前は大貫映子さん、当時22歳だった彼女は9時間32分という好タイムで泳ぎ切ったのです。

名前:大貫映子(おおぬきてるこ)
本名:増島映子
生年月日:1960年7月19日(59歳)
出身:東京都
学歴:早稲田大学文学部




Sponsored Links
 

1982年8月1日、東京の女子大生・大貫映子(てるこ)さん(当時22歳)が、イギリスとフランスの間にあるドーバー海峡35.2キロの遠泳横断に挑戦しました。

低水温に負けない皮下脂肪をつけるため、アンチ・ダイエットを行い体重を61キロにまで増やした大貫さん。

練習は過酷なもので、1年間、毎朝7時からプールで8000メートルを泳ぎ切り、日曜日は江の島で終日トレーニングというハードなものだったのです。

同年4月には、ドーバー海峡と水温が近い(約17度)伊豆下田と大島間(約42キロ)を泳ぎ抜きました。

大貫さんは東京都豊島区生まれの一人っ子。
高校1年生の時にモントリオールオリンピック(1976年)の最終選考で、個人メドレーで9位になりましたが、夢はドーバー海峡を横断することだったのです。

この時は、早稲田大学の文学部3年生。
身長161センチ56キロでしたが、遠泳では極限まで貯蔵エネルギーを消費することに加え、低水温にも強いということで皮下脂肪をつけました。

去年は体重56キロでドーバー横断に失敗したから、今度はもりもり食べて61キロまで太っちゃったの。

と語った大貫さん。
これが成功の鍵ともなりました。

スタートはイギリス側のシェークスピア海岸。
お腹の部分に太い白線が入った紺のワンピース水着に身を包んだ大貫さんは、外国人泳者と一緒に6人でドーバー海峡に挑戦しました。

この日の水温は18.5度で珍しく高め。
最大の難関は潮流の激しい北フランスのグリネ岬沖でしたが、横なぐりの冷雨にうねる荒波を乗り切って、大貫さんは懸命に泳いだのです。

最後の2時間は、1分間に80ピッチというパワフルなクロールで、ゴールのカレー海岸まで飛ばしに飛ばし、ついに9時間32分で泳ぎ抜きました。
この瞬間に待ち構えていた海峡横断協会(CSA)の役員メンバーから、

やったぞ、テル!(愛称)

と、大歓声がわき上がりました。

ほんとに苦しかったけど、自分の目標だった時間を大幅に短縮できたなんて、信じられないわ。やっぱり太ったのが良かった。でも、日本に帰るまでにダイエットしなくっちゃ。

と、語った大貫さん

この時、ドーバー海峡を完泳したのは6人中の3人。
交通事故で左足を膝からなくしたエジプト人の男性(当時22歳)と、チリの男性電気技師(当時35歳)、そして大貫さんだけでした。
しかも、大貫さんは2着に2時間も大差をつけたダントツの1位だったのです。

実はこの12年前の1970年に、日本人の中島正一さん(当時36歳)が、10時間40分でドーバー海峡を横断しましたが、この時はウエットスーツを着ていたので海峡横断協会(CSA)が公認していません。
つまり、大貫さんはアジアで男女を通じ、初の快挙を成し遂げたのです。

さて、その後の大貫さんですが、ドーバー海峡を横断したこの年に、女性初の鳴門海峡横断に成功、1989年にはアマゾン上流3500キロをカヌーで下るなどの偉業を成し遂げました。

また、近年は海人(うみんちゅ)くらぶを主宰するなど、スポーツアドバイザーとして幅広い活動を行っています。
現在、結婚して増島映子さんとなり、2児(長男・長女)の母でもあります。




Sponsored Links
 



ピックアップ記事

  1. 梅宮アンナと羽賀研二が別れた理由を2017年に再調査してみた件
  2. 生島マリカの正体(息子、年齢、癌etc)が壮絶すぎる!!
  3. 中川礼二の「生涯禁酒」宣言は何処に?
  4. 河合奈保子の現在と転落事故のいきさつを振り返る
  5. 三津五郎…死因のフグ中毒死に勘三郎が弔辞で「バカヤロー」?!

関連記事

  1. 1980年代

    長者番付からわかる芸能人の年収(1985年度)

    任天堂のファミコンが大流行し、映画「ビ…

  2. 1980年代

    坂口良子と元夫・田山恒彦の馴れ初めと結婚から離婚

    芸能人・坂口杏里さんの母親でもある「坂…

  3. 1980年代

    和泉雅子…南極から北極に向けての冒険を振り返る

    愛称は「珍獣ハンター・イモト」ことイモトアヤコさんは、マッターホルン(…

  4. 1980年代

    森進一と大原麗子…離婚の原因は何だったのか?!

    「襟裳岬」や「港町ブルース」、「おふく…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links

最近の記事

  1. 山本譲二…妻の植木悦子との馴れ初めとは?!
  2. 松田聖子…デビュー5年目でも収入はとんでもなかった?!
  3. 牛島和彦…妻の光江との馴れ初めから結婚まで
  4. 八千草薫…メニエール病という病気を患ったことがある?!
  5. 具志堅用高…妻・香澄との馴れ初めから結婚まで
  6. 森繁和…妻・靖子との馴れ初めはファンレターだった?!
  7. 久米宏 …愛人が自殺未遂をして謹慎処分になったことがある?!…
  8. 倉田保昭…クラタスポーツ・スタジオを全国展開しようとしていた…
  9. ジャッキー佐藤とナンシー久美…ジャパン女子プロレスリング設立…
  10. 都はるみ…引退の理由は中村一好が関係していたのか?!
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 1980年代

    浅沼正人(Johnny)…妻・世津子との馴れ初めから結婚まで
  2. 1990年代

    薬丸裕英と石川秀美…馴れ初めと結婚会見秘話
  3. 1980年代

    穂積隆信…「積木くずし」と試練の人生から最期まで
  4. 1970年代

    黒沢明…自殺未遂の背景には何があったのか?!
  5. 1980年代

    神田正輝と松田聖子…馴れ初めから結婚式を振り返る
PAGE TOP