1980年代

向田邦子…死因となった飛行機事故の原因は何だったのか?!




 

1981年に「台湾で飛行機事故が発生」の第一報が飛び込んできたのは8月22日のことでした。
間もなく、「日本人乗客がいるもよう」と続報が入ります。

発表された乗客名簿にK・ムコウダの名前があったのです。
ドラマの脚本家として数々のヒット作を世に送り出してきた作家、「向田邦子」さん(当時51歳)でした。

名前:向田邦子(むこうだくにこ)
生年月日:1929年11月28日~1981年8月22日(享年:51歳)
職業:テレビドラマ脚本家、エッセイスト、小説家
出生地:東京府荏原郡世田ヶ谷町若林(現・東京都世田谷区若林)
学歴:実践女子専門学校国文科




Sponsored Links
 

向田さんは1980年に短編の連作で直木賞を受賞…
以降、写真をメインにした旅行記などの仕事も入るようになっていました。

向田さんは「仕事の煩わしさから逃れられる外国旅行が好きなの」と語り、この時も翌年に予定されている番組の取材を兼ね、1週間の予定で台湾を訪問していたのです。

事故が起きたのは午前10時10分(日本時間同11時10分)…
台北発高雄行きの遠東航空103便ボーイング737型機が、離陸からわずか十数分後に台北の南南西150キロの空中で分解、墜落しました。
機内には高雄に向かう向田向田さんとそのスタッフ3人を含め乗員乗客110人が乗っていましたが、全員が犠牲となったのです。

事故の原因は、その後の調査で、塩水により与圧隔壁が腐食…
貨物室の外板が破壊され、空中分解したからでした。

事故機は1969年に製造された比較的使用年数の少ないものでしたが、海洋に近い台湾島内を頻繁に飛行したため、塩水の影響が進行していたのです。

悲報を聞いた関係者からは一様に「信じられない、いや信じたくない」と声が上がります。
桃井かおりさんは「ウソ!信じられない」、「飽きられるまで向田さんの作品に使ってほしかったのに」と語っていました。
寺内貫太郎一家で主役を演じた小林亜星さんも「今、脂が乗りきった時だったのに」と早過ぎる死を惜しんだのです。

向田さんの初プロデュース作品で、遺作となったドラマ「わが愛の城」は、くしくも事故当日22日に撮影が完了…
主役の一人、岸本加世子さんは悲報を聞いてからは泣き通しで、真っ赤な目を隠すために眼帯をし、涙をこぼしながらインタビューに応じました。

世間を驚かせた突然の事故ですが、予感させる不思議な出来事も報じられています。
向田さんは6年前の乳がん手術以来、右手が動かないなど苦しんでいました。

妹が「どうせ死ぬなら飛行機が空中爆発という死に方をしたいわ」と言うと、向田さんは「それができたら最高ね」と答えたと言います。
それが現実のものとなってしまいました。

取材先は当初、シルクロードの予定だったのです。
しかし、カシュガル地区が政情不安なため、急きょ他の候補地を探すことになりました。

イスタンブールも検討されたのですが予算が合わず、結局、決まったのは台湾でした。
多くの作品で向田さんとタッグを組んだプロデューサー・久世光彦さんは、同年7月中旬に同じコースで台湾旅行をしており、向田さんにおいしいお店を紹介していたのです。

久世さんは「直木賞を取らなければ写真集を出そうなんて物好きな出版社もなかったろうバカな死に方をして!」と悔やみました。

松田優作さんを主演に迎えて制作予定だった正月ドラマ「虞美人草」は向田さんの死により制作中止となりましたが、久世さんは「弔い合戦をやろう」と晩年「虞美人草」のキャストをそのまま起用した「春が来た」を制作しています。
この番組は追悼番組として1982年の元日に放送されました。




Sponsored Links
 



Sponsored Links
 

ピックアップ記事

  1. 見栄晴の現在(結婚や子供)は府中でキャバクラ遊びって本当?!
  2. 秋野暢子…若い頃に「卵管狭窄」という病気を疑われたことある?!
  3. 藤田晋と奥菜恵…馴れ初めから離婚理由まで大暴露!?
  4. 南竜次…社員の半分が年収1000万円以上の会社を経営してる?!
  5. 一色紗英…事件レベルと言われる交通違反の内容とは?!

関連記事

  1. 1980年代

    島倉千代子…姉の自殺の背景には何があったのか?!

    愛称は「お千代さん」…と言えば、名曲「人生いろいろ」や「からたち日…

  2. 1980年代

    なぜ松島トモ子はライオンとヒョウに噛まれたのか?

    石垣食品の「ミネラル麦茶」のCMや「ひ…

  3. 1980年代

    太田博之…監禁・強要の容疑で逮捕されていた?!

    子役として映画やテレビドラマで活躍し、…

  4. 1980年代

    黛ジュン…デビューから現在までを振り返る

    1983年、ゴールデンウィーク初日の4月29日、話題の映画「女帝」(に…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links

最近の記事

  1. 山本譲二…妻の植木悦子との馴れ初めとは?!
  2. 松田聖子…デビュー5年目でも収入はとんでもなかった?!
  3. 牛島和彦…妻の光江との馴れ初めから結婚まで
  4. 八千草薫…メニエール病という病気を患ったことがある?!
  5. 具志堅用高…妻・香澄との馴れ初めから結婚まで
  6. 森繁和…妻・靖子との馴れ初めはファンレターだった?!
  7. 久米宏 …愛人が自殺未遂をして謹慎処分になったことがある?!…
  8. 倉田保昭…クラタスポーツ・スタジオを全国展開しようとしていた…
  9. ジャッキー佐藤とナンシー久美…ジャパン女子プロレスリング設立…
  10. 都はるみ…引退の理由は中村一好が関係していたのか?!
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 2000年代

    日本エレキテル連合…喧嘩して解散の危機?!
  2. 1970年代

    加山雄三…父・上原謙と共にホテルの経営破たんに頭を悩ませた日々
  3. 2000年代

    平野紫耀…弟の名前が莉久(Ricky)で母親は闘病中て知ってた?!
  4. 1980年代

    倉沢淳美…握手会でファンに襲われてから現在まで
  5. 1970年代

    加藤登紀子…夫は革命家・藤本敏夫で2人は獄中婚だった?!
PAGE TOP