1980年代

BUCK-TICK…今井寿(ギター)逮捕の真相とは一体?!




 

1987年にメジャーデビューを果たした5人組ロックバンド「BUCK-TICK(バクチク)」。
後のヴィジュアル系バンドやアーティストに多大な影響を与えたバンドとしても知られています。

そんなBUCK-TICKで、主に作詞や作曲を担当していたギターの「今井寿」さんが、LSD所持で逮捕されたのは1989年4月のことでした。
この事件により、BUCK-TICKは謹慎処分となり、約半年間の活動休止を強いられることになります。

バンド名:BUCK-TICK(バクチク)
活動期間:1984年~
所属:有限会社バンカー
レーベル:JVCケンウッド・ビクターエンタテインメント
メンバー:
櫻井敦司(さくらいあつし・ボーカル)
今井寿(いまいひさし・ギター)
星野英彦(ほしのひでひこ・ギター)
樋口豊(ひぐち ゆたか・ベース)
ヤガミトール(やがみとーる・ドラムス)




Sponsored Links
 

1989年4月21日の午後2時過ぎ。
前日の高知市で行われたコンサートを終え、羽田空港到着ロビーに降り立ったBUCK-TICKの今井寿さん(当時23歳)。

その今井さんを待機していた捜査員が麻薬取締法違反容疑(現:麻薬及び向精神薬取締法)で逮捕し、新宿署に連行しました。
今井さんは終始神妙で、全く抵抗する様子は見せなかったと言います。

今井さんをリーダー格とするBUCK-TICKは当時、女子中高生を中心に圧倒的な人気を誇るロックバンドでした。
1985年12月にギターの今井さんを中心に、櫻井敦司さん、星野英彦さん、樋口豊さん、ヤガミトールさんの5人で結成され、1987年11月、アルバム「SEXUAL×××××!」を発表して正式にデビューしたのです。

今井さんを含むメンバーの4人は群馬県立藤岡高校の出身。
すでに解散していたBOGWYの氷室京介さんの後輩にあたります。

また、BUCK-TICKと言えば、30センチもある金髪をヘアスプレー2缶も使って固め、トサカのように立てたメンバーのヘアスタイルや、お洒落なパンクファッションも人気でした。

今井さんが逮捕された1989年、この年の1月に出したLP「TABOO」は、この時すでに30万枚を売る大ヒット。
偶然にも、今井さんが逮捕された日に発売された2巻組5万セット(計10万巻)が、ものすごい売れ行きを見せ、BUCK-TICK人気のすごさを見せつけていたのです。

今井さんの逮捕を目の当たりにした他のメンバーは、

(LSDのことは)全く知らなかったので、驚いています。まさか…という気持ちです。

と一様にショックを隠しきれない様子でした。
しかし、今井さんが新宿署で取り調べを受けている間は、他のメンバーも自宅で謹慎するという厳しい状態が続いたのです。

BUCK-TICKはこの年の3月から、春の全国コンサートツアーに入っており、5月31日に故郷・群馬音楽センターで行なわれる最終公演まで、あと19本のステージが残っていましたが、逮捕を受けて全て中止となりました。

そもそもこの事件は、1年前の1988年の10月、東京・原宿の竹下通りにあるブティックの男性店員A(当時21歳)が、外国人客からLSDを購入したことが発端です。
男性店員Aが1錠1600円のLSDを467錠、これを7回に分けて購入し密売していました。

この時、Aはすでに逮捕されていましたが、同じくブティックの店員で、今井さんの高校の同級生である岩崎和弘さんがLSD10錠を3万5千円で今井さんに売り、今井さんはLSDを数錠を服用したというのです。

LSDは水溶液を紙に染み込ませ、その紙をガムのように噛むものが多いそうですが、今井さんが購入したものは当時アメリカで流行していた別タイプのもので、丸薬状の強力なLSDだったと言います。
ちなみに錠剤状のLSDが摘発されたのは、この事件が初めてでした。

東京・東中野にある今井さんの自宅と、LSDを売った岩崎さんの自宅は通りを隔てて、40メートルほどしか離れていません。
おそらく高校の同級生で、近所の住人でもある岩崎さんから今井さんはLSDが容易に手に入ることを聞き込み、頼繁に行き来していたものと思われます。

しかし、店員Aが売りさばいたLSDは、今井さんが岩崎さんから買った10錠を含めて400錠を超えており、捜査の成り行き次第ではさらに芸能界に波及することも危惧されていました。
また、今井さんが逮捕された直後には、大勢のファンが自宅を囲むように集まって、励ましの手紙を書いていたのです。

以後、今井さん以外のメンバー全員は半年間の謹慎期間に入りました。
今井さんには執行猶予付きの有罪判決が下り、同じく謹慎となったのです。

謹慎期間中にバンド名を「X-BEAT」に改名して活動を再開させるのでは?という報道もありましたが、そのようなことはなく、この年の12月29日に東京ドーム「バクチク現象」と題したライブで復活を遂げました。

BUCK-TICKはメジャーデビュー以降のメンバーの脱退・加入などのメンバーチェンジが一切行われていません。
レコードとビデオの記録的な大ヒットに加え、強烈なイメージのCMも人気を呼んで、まさにBUCK-TICK現象に火がついたばかり…
そんな矢先に起こった事件でした。




Sponsored Links
 



ピックアップ記事

  1. 長者番付からわかる芸能人の年収(1985年度)
  2. 中村錦之助(萬屋錦之助)と有馬稲子の離婚報道
  3. ソルティーシュガー…池田謙吉と「走れコウタロー」の誕生秘話
  4. 木下あおいの結婚や旦那・彼氏について調査した件
  5. 岡元あつこ…元旦那・柳本啓成と離婚後の現在の活動とは?!

関連記事

  1. 1980年代

    沖雅也…死因(自殺)の原因は「うつ病」だったのか?!

    1983年6月、東京は新宿の高層ビルで若手スタ…

  2. 1980年代

    熊田康則…妻の杉本定和子との結婚から馴れ初めまで

    川合俊一さんや井上謙さんらと共に「バレ…

  3. 1980年代

    五社英雄(映画監督)はなぜ刺青を入れたのか?

    1980年、フジテレビの花形プロデュー…

  4. 1980年代

    なぜ松島トモ子はライオンとヒョウに噛まれたのか?

    石垣食品の「ミネラル麦茶」のCMや「ひ…

  5. 1980年代

    長者番付からわかる芸能人の年収(1983年度)

    東京ディズニーランド開園し、ファミリーコンピュ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links

最近の記事

  1. 草刈正雄…嫁・大塚悦子との馴れ初めから結婚までを振り返る
  2. 水谷豊…伊藤蘭との馴れ初めと結婚式の様子を振り返る
  3. 宮崎緑…夫・椿康雄との結婚から離婚までを振り返る
  4. ナオミ・グレース…夫・松下進と福生市に住み続ける理由とは?
  5. ヒロシ&キーボー…キーボー逮捕の原因「介護疲れ」って本当なの…
  6. 田原俊彦…昔、紅白出場をドタキャンしたことがある?!
  7. 森進一と森昌子…息子が生まれる前年の年末・年始
  8. 高樹澪…元夫・田中博信との結婚秘話や馴れ初めとは?
  9. 森進一…緑内障を患い失明の危機に陥ったことがあった?!
  10. 諸星和己…若い頃に胸骨骨折の状態でコンサートに出たことがある…
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 1980年代

    倉田まり子…投資ジャーナル事件から現在までの転身に衝撃!?
  2. 1970年代

    柴俊夫…嫁の真野響子との馴れ初めや結婚会見のサプライズとは?!
  3. 1980年代

    藤村有弘…天涯孤独の中、死去する?!
  4. 2000年代

    池田有希子(モーリーの妻)が韓国人って話は本当なの?!
  5. 2000年代

    板野友美…妹の板野成美の現在とこれまでの活動とは?!
PAGE TOP