1980年代

萬田久子と佐々木力(内縁の夫)との事実婚が衝撃的?!




 

短大在学中の1978年にミス・ユニバース日本代表に選出…
その後はテレビドラマ「なっちゃんの写真館」や「京都殺人案内」、「八丁堀の七人」などの出演している「萬田久子」さん。
今回はそんな萬田久子さんと内縁の夫である佐々木力との事実婚についてです。

名前:萬田久子(まんだひさこ)
別名義:万田久子(まんだひさこ)
生年月日:1958年4月13日(60歳)
職業:女優
学歴:帝塚山短期大学
所属:オフィス萬田
出身:大阪府大阪市大正区



Sponsored Links
 

萬田さんが未婚の母となり記者会見をしたのは、1983年の2月1日のことでした。
「望んで未婚の母になったわけじゃないけど、誇りを持って生きている」…
記者会見で心境を問われた萬田さん(当時29歳)は悪びれた様子もなく、堂々とこう答えました。

前年の6月、萬田さんはCMなどの仕事をすべてキャンセルして、語学留学と称して渡米していました。
そして、1982年の10月にニューヨークで男児を出産したのです。

その父親というのが当時、アパレル会社を経営するヤリ手の実業家・佐々木力さん(当時36歳)でした。
実は萬田さんがニューヨーク滞在時に住んでいたのが、佐々木さんの所有するマンションだったのです。
しかも、すでに2年前から2人が交際しているとの噂が流れており、このことはすぐに明らかになりました。

ただ、初めのうちは各誌は匿名にしていたのですが、佐々木さん本人にまったく隠す様子がないので、しばらくすると各誌で本名を報じるようになったのです。

当初、なぜ名前を伏せていたか?というと、佐々木さんが芸能人でないことに加え、萬田さんとの仲が不倫だったからでした。
佐々木さんには正式に籍を入れた妻とその間に3人の子供がいたのです。

萬田さんもいずれは妻の座につきたいのだろうと思われていました。
なぜなら、会見で結婚について問われ、彼女は「(結婚を)望まない女性はいないでしょう」と答えていたからです。

この関係が世間に知られてから間もなく、萬田さん、佐々木さん、そして長男の3人は同居生活を始めます。
その後、1994年には佐々木さんと正妻との間で離婚が成立…
しかし、萬田さんが佐々木さんの籍に入ることはありませんでした。

当初、略奪愛とバッシングを受けたこともあって、萬田さんの中で色々と複雑な思いが交錯していたようなのです。
先妻やその家族への遠慮、彼女自身の女の意地…
そのうち無理に籍に入らなくても…という気持ちに傾いていったそうです。

法律上の正式な夫婦になることはありませんでしたが、萬田さんは佐々木さんにとことん尽くしました。
たとえば1999年暮れに、佐々木さんの香港の会社が倒産してしまったことがあります。

その直前、東京・目黒にある自宅の名義は佐々木さんから萬田さんに移され、それを担保に萬田さん名義で8000万円を借り入れし、苦境のパートナーをなんとか救おうと、萬田さんが借金を背負ったということがありました。

その後、佐々木さんのビジネスは好転…
2009年には佐々木さんがオーナーを務める会社がユニクロを展開するファーストリテイリングに買収され、60億円近くの売却益を得たのです。
このとき同じく株主だった萬田さんにも数億円が入ってきたといいます。

しかし、幸運ばかりではありませんでした…
前後して佐々木さんが愛人に産ませた女児の存在が発覚するのです。

隠し子騒動で萬田さんの心労がピークに達していた頃、追い打ちをかけるように、さらに悪いニュースが飛び込んできました。

2011年6月下旬、不調を訴えていた佐々木さんが病院で検査を受けると、胃がんが見つかったのです。
しかも進行の速いスキルス性で、すでに末期の段階でした。

8月に入ると、萬田さんは病院に泊まり込み、つきっきりで看病しましたが9日に佐々木さんは帰らぬ人となったのです。
がんがわかってからわずか40日…
佐々木もさんもまだ60歳でした。

結局、最後まで萬田さんが佐々木さんの籍に入ることはなかったのです。
現在も第一線で活躍している萬田さんに、このような過去があったのです。




Sponsored Links
 



ピックアップ記事

  1. 大橋巨泉…パイプカット宣言の裏側には何があったのか?!
  2. 竹内まなぶの実家「スーパータケウチ」は茨城のここ!?
  3. 酒井法子と野島伸司の熱愛から破局…その原因とは?
  4. 志穂美悦子…長渕剛との馴れ初め・結婚から現在
  5. 安藤優子…3度の不倫報道と略奪婚について

関連記事

  1. 1980年代

    美空ひばり…死因は癌(がん)ではなく間質性肺炎と肝硬変?!

    愛称は御嬢(おじょう)…戦後の歌謡界を代表…

  2. 1980年代

    永井真理子は現在もずっとミュージシャンとして活動中!

    1980年代後半から1990年代前半にかけて活…

  3. 1980年代

    堀江淳の「死亡説」はこうして生まれた?!

    「水割りをくださ~い」と言えば、198…

  4. 1980年代

    水原茂(元監督)…弟子・長嶋茂雄に見送られこの世を去る

    プロ野球界において巨人の第2期黄金時代…

  5. 1980年代

    喜多郎…前妻・田岡由伎は山口組組長の娘だったの?!

    世界でも高い評価を受けているシンセ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links

最近の記事

  1. 山本譲二…妻の植木悦子との馴れ初めとは?!
  2. 松田聖子…デビュー5年目でも収入はとんでもなかった?!
  3. 牛島和彦…妻の光江との馴れ初めから結婚まで
  4. 八千草薫…メニエール病という病気を患ったことがある?!
  5. 具志堅用高…妻・香澄との馴れ初めから結婚まで
  6. 森繁和…妻・靖子との馴れ初めはファンレターだった?!
  7. 久米宏 …愛人が自殺未遂をして謹慎処分になったことがある?!…
  8. 倉田保昭…クラタスポーツ・スタジオを全国展開しようとしていた…
  9. ジャッキー佐藤とナンシー久美…ジャパン女子プロレスリング設立…
  10. 都はるみ…引退の理由は中村一好が関係していたのか?!
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 1980年代

    志村けんとビートたけしの有名な美談はガセだった?!
  2. 2000年代

    岡田英吉(鑑定団プロデューサー)の陰湿イジメが他にも発覚!?
  3. 2000年代

    三浦浩一の息子(長男・次男・三男)がこれから大活躍?!
  4. 1990年代

    Mi-Keメンバー宇徳敬子・村上遥・渡辺真美の現在とは?
  5. 1990年代

    やるならやらねば…死亡事故で番組打ち切り
PAGE TOP