1980年代

中森明菜…妹・明穂の自殺未遂事件から父母との関係を紐解く




 

1980年代アイドルと言えば松田聖子さんと「中森明菜」さんでしょう。
1982年に「スローモーション」でデビューし、次にシングル曲「少女A」が大ヒットしスターダムにのし上がりました。

そんな明菜さんですが、プライベートでは様々なトラブルに悩まされたこともあったのです。
中でも今回は明菜さんの妹で、2019年5月27日に肝硬変にて亡くなった「中森明穂」さんが起こした自殺未遂事件から振り返ってみたいと思います。

■中森明菜…自殺未遂事件の会見と真相について

■小杉理宇造の中森明菜やSMAPに対する対応がヤバ過ぎて怖い?!

名前:中森明菜(なかもりあきな)
生年月日:1965年7月13日(53歳)
職業:歌手、女優、アイドル
所属:FAITH(ファイス)
レーベル:ユニバーサルミュージック
出身:東京都清瀬市
学歴:明治大学付属中野高等学校定時制(中退)




Sponsored Links
 

中森明菜…妹・明穂の自殺未遂事件の概要

中森明菜さん(当時21歳)の妹・中森明穂さん(当時20歳)が、自殺未遂をしたというショッキングな事件が起きたのは、1987年1月19日の早朝でした。

最初、この知らせを聞いた時、明菜さんはあまりの驚きで一瞬絶句したと言います。
当時、レコード大賞2年連続受賞と1986年暮れから絶好調の明菜さんにとって、6人兄妹の中でも、特に仲の良かった妹の明穂さんの自殺未遂は、それほど衝撃的なものでした。
何しろ、つい先日の成人式には、明菜さんは明穂さんに振袖をプレゼントしたばかりでもあったのです。

発端は些細なことでした。
東京都清瀬市の中里にある明菜さん実家で、酒に酔った明穂さんが朝帰りし、それを父親の明男さんが叱ったと言うものです。

その際に明男さんは明穂さんの頬を数回殴りました。
すると明穂さんは、いきなり台所にあった包丁を持ち出し、自分の左手首を切ったのです。
驚いた家族はすぐに119番通報し、午前5時32分頃、明穂さんは近くにある橋本病院に運び込まれました。

幸いにも明穂さんは命に別状はなく、ただ、左手首に約5センチ、7針を縫うケガと、右手小指にも2針縫うケガを負ったのです。

所轄の東村山署のよると、「家族の話を聞きますと、自殺するようなことは考えられないと言ってますね。酔って衝動的に自殺を図ったものと判断してます。自殺というよりも、親への反抗から来たものでしょう。事件性として薄いので、これ以上の取り調べは致しません」と発表されました。
明穂さんも治療を受けるとすぐに退院し、落ち着きを取り戻した様子だったと言います。

取材陣が中森家を訪れると、家族は顔を見せずに明菜さんの当時の事務所・研音から駆けつけた名幸房則マネージャーが取材陣に応待しました。
名幸マネージャーは、

今、お父さんに会って話して来ました。容態は大したことはないそうです。迷惑をおかけして申し訳ないですが、「家庭内で起こったことなので、取材は勘弁してくれ」とのことでした。本人も家に帰ってますし、明菜の方には僕から「大したことはない、こちらに来ると報道陣もいて大変だから、来なくていい」と伝えました。彼女もそれで了解してくれました。少しはホッとしてましたが、ただやっぱり非常に心配しております。

と語ったのです。

実は研音側も、この事件は新聞社から入った取材の電話で知らされていました。
驚いた事務所がすぐに都内の明菜さんのマンションへ連絡し、電話口の明菜さんは、声が震えるほどショックを受けていたと言います。
明菜さんと明穂さんは、年もそれほど違わないこともあってて、当時は本当に仲が良かったのです。




Sponsored Links
 

中森明菜…妹・中森明穂の性格は?

事件当時、明穂さんはこの年に成人式を迎えたばかりの20歳でした。
両親と長男の明浩さんとでの4人暮らしで、中森家では子宮筋腫の手術で入退院を繰り返していた母親の千恵子さんに代わって、明穂さんが家事全般を受け持っていたのです。

さらに、東京都大田区池上で精肉店を経営していた父親の明男さんは、通動が困難との理由で、土、日しか清瀬市の自宅には帰宅しないという状態が続いていたのです。
母親の千恵子さんも入院なとで家をあけがちで、両親のいない中森家の台所は明穂さんが担っていました。

それだけに、性格もしっかりしていたと言います。
近所に住む人からは、

気は結構強かった方ですね。明菜ちゃんのファンらしい男の子が、深夜にバイクで来てこの辺りにたむろしてると、「あんたたち近所迷惑になるから帰ってよ!」なんて、強い口調で言っていたこともありました。でも、私たち近所の人間と話す時は、すごく優しい感じなんですよ。小さい頃は、姉妹で家の前を掃除してたりね。そばを通りかかると。「おばさん、こんにちは」って、小さい子なのに躾(しつけ)もしっかりしてましたよ。ただ、最近は、深夜帰宅が多かったようなので、ちょっと心配してましたけど。

といった話も出ていたのです。

また、この年の4月からは明穂さんは美容学校に入学する予定で、事件の日は友人と学校見学をする予定でした。
迎えに来た友人は、群がる報道陣を見て、ただビックリしたと言います。
多感な年頃だけに、父親に叱責され、発作的に自殺を図ったのだろうと言うのがおおよその見解でした。

この日、明菜さんは新曲「TANGO NOIR」の振り付けを練習するスケジュールだったのですが、取りやめになっています。
ただ、明菜さんは最後まで実家に姿を見せませんでした。




Sponsored Links
 

中森明菜・明穂の母親とは?

この事件が起こる少し前、明菜さんには嬉しい嬉しいニュースがありました。
体調を崩していた母親の千恵子さんが全快したからです。

千恵子さんは1985年まで清瀬駅前でスナックパブ「みるきーはうす」を経営していました。
しかし、子宮筋腫で埼玉県所沢市にある防衛医大に入退院を繰り返していたのです。

一時は真っすぐに体を起こして歩けなかったほどだった千恵子さん。
しかし、治療の甲斐もあって、自転車で商店街に買い物に行けるほどに回復していたのです。

事件が起きた当時、スナックパブ「みるきーはうす」は休業中でしたが、家賃は払ってあり、千恵子さん自身も、「店をあのまま放っておくのももったいないから、暖かくなったらまた始めようかしら。もう平気よ」
と話していたのです。

紅白歌合戦のリハーサルでのインタビューでも、「昨年、最も嬉しかったことは?」という質問に、明菜さんは、「9月に両親と3人で伊豆旅行に行けたこと」と明菜さんは答えていました。




Sponsored Links
 

中森明菜・明穂の父親とは?

明菜さんの父親・明男さんは通動のため週末にしか自宅に帰れない日々が続いていました。
明菜さんも、どうにか一家そろって毎日過ごせるようにならないものかと考えていたのです。

そこで、明菜さんは池袋駅から東武東上線に乗って約30分ほどのみずほ台駅、そこから徒歩7~8分の土地(約150坪)に、3階建てのマンションを建設することを決心するのです。

この土地は中森家が代々持っていた土地で、それを1985年3月に、明男さんと明菜さんが所有することになったのです。
1986年9月26日に明菜さん名義で9500万円を銀行から借り受け、11月から工事が始まりました。

ビルの名称は「大明華ビル」で、棟上げ式には明菜さんを除く5人の兄弟と両親が出席したと言います。
1階が店舗で、2、3階は賃貸マンションでした。

2、3階の部屋はベランダがすべて南向きの1DK。
それが各階に4室あり、独身者向け部屋になっていました。

当初、1階の店舗は次男の明法(あきのり)さんがカレー専門店を経営するという説も流れていました。しかし、最終的には父親の明男さんが中華料理屋を始めています。
明男さんはこれまで経営していた池上の精肉店を廃業し、ここで新たなお店を開いたのです。

大明華ビルは自宅のある清瀬からだと車で約15分ほどの距離ともなり、十分に通える距離となったのです。
そうすることで、家族がいっしょに過ごせるようにもなりました。

中森明菜と家族のまとめ

1月20日に事件後、初めて明菜さんは、テレビ東京「ヤンヤン歌うスタジオ」収録のため姿を現しました。
しかし、その表情は普段にも増して固く、駆けつけた報道陣にも何も語りませんでした。

妹の明穂さんはその後、ラジオパーソナリティーを経て、テレビドラマ「月曜ドラマランド・スケバン保母さん ツッパリ風雲録」と「赤ちゃんに乾杯!」に出演しました。
また、1988年にはセミヌードを含む写真集「中森明穂写真集 1988夏」と、イメージビデオ「妹(いもうと)」を発売しています。

ただ、この写真集やイメージビデオの発売しに際し、明菜さんへの相談がなかったことで2人の仲は悪化してしまいます。
また、実家や親戚との金銭トラブルなどで、大明華ビルも売却することになりました。

明菜さんが慕ってい母親の千恵子さんは1995年6月に他界…
2019年5月27日に肝硬変で妹の明穂さんが52歳という若さで亡くなりました。
明穂さんが亡くなって2日後には、東京都清瀬市の葬祭ホールで葬儀が行われました。

父・明男さんいわく、明穂さんは「姉ちゃんに会いたい」と願っていたと言います。
中森家や親族も勢ぞろいする中、明菜さんは姿を見せることはありませんでした。




Sponsored Links
 



ピックアップ記事

  1. 明石家さんまと大竹しのぶ…結婚の馴れ初めと離婚原因とは?
  2. 「ナンシー久美の店」は横浜駅西口で母親が運営するスナックだった?!
  3. 木幡育也騎手が使用したフロセミドとはどんな薬?
  4. 佳那晃子…借金4億の原因と返済までの日々を振り返る
  5. 光GENJI…解散理由は不仲説ではなかったのか?!

関連記事

  1. 1980年代

    太田裕美…旦那・福岡智彦と“結婚延期”していた?!

    代表曲は「木綿のハンカチーフ」。“…

  2. 1980年代

    堀ちえみ…後藤次利との結婚話は何だったのか?!

    1981年の第6回ホリプロタレントスカ…

  3. 1980年代

    樋口可南子・糸井重里…馴れ初めから略奪婚まで

    1980年代は、コピーライターや空間プ…

  4. 1980年代

    和泉雅子…南極から北極に向けての冒険を振り返る

    愛称は「珍獣ハンター・イモト」ことイモ…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links

最近の記事

  1. 草刈正雄…嫁・大塚悦子との馴れ初めから結婚までを振り返る
  2. 水谷豊…伊藤蘭との馴れ初めと結婚式の様子を振り返る
  3. 宮崎緑…夫・椿康雄との結婚から離婚までを振り返る
  4. ナオミ・グレース…夫・松下進と福生市に住み続ける理由とは?
  5. ヒロシ&キーボー…キーボー逮捕の原因「介護疲れ」って本当なの…
  6. 田原俊彦…昔、紅白出場をドタキャンしたことがある?!
  7. 森進一と森昌子…息子が生まれる前年の年末・年始
  8. 高樹澪…元夫・田中博信との結婚秘話や馴れ初めとは?
  9. 森進一…緑内障を患い失明の危機に陥ったことがあった?!
  10. 諸星和己…若い頃に胸骨骨折の状態でコンサートに出たことがある…
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 1970年代

    長者番付からわかるスポーツ選手の年収(1979年度)
  2. 1970年代

    松任谷由実…夫・松任谷正隆との結婚までの馴れ初め
  3. 2000年代

    滝沢カレン…彼氏A君(実業家)の名前は「ゆうすけ」…って誰?!
  4. 1970年代

    紅白のトリだった美空ひばりが出演NGとなったワケとは?
  5. 2000年代

    H!NATA(えぐちひなた)をWiki風にプロフィールを紹介してみた件
PAGE TOP