2000年代

東郷かおる子…現在までの活動をWiki風に紹介してみた件

1978年頃から1990年までの間、洋楽専門誌「ミュージック・ライフ(MUSIC LIFE)」の編集長を務めたのが「東郷かおる子」さんです。
伝説のロックバンドQueen(クイーン)を初めて日本で紹介した人物としても知られています。
今回はそんな東郷さんのこれまでを振り返ってみたいと思います。

名前:東郷かおる子(とうどうかおるこ)
職業:音楽評論家
出身:神奈川県




Sponsored Links
 

神奈川県出身の東郷かおる子さん。
高校卒業後は新興音楽出版社(現:株式会社シンコーミュージック・エンタテイメント)に入社しています。
そして1978年頃から1990年までの間は洋楽専門誌「ミュージック・ライフ(MUSIC LIFE)」の編集長を務めました。

東郷さんは生年月日や年齢を明らかにしていませんが、20代の頃にミュージック・ライフの編集長になっていたとすると、今は60代になっているかと思います。

当時、日本で洋楽は今ほどメジャーではなく、東郷さんも「キャッシュ・ボックス(Cash Box)」や「ビルボード(Billboard)」、「ニュー・ミュージカル・エクスプレス(NIE)」などを読んだり、辞書を引きながらツアーなどの情報を得ていたのです。

1970年代にはクイーン(Queen)やチープ・トリック(Cheap Trick)、ジャパン(Japan)などを積極的に取り上げ、1970年代前半にはロックのラジオ番組のDJも担当しました。

中でも当時、東郷さんと関わりの深かったバンドと言えば、、イギリス・ロンドン出身の男性4人組ロックバンド「クイーン(Queen)」です。
クイーンを知らなくとも、名曲「ウィー・ウィル・ロック・ユー」を聞けば、知っているという人も多いでしょう。

このクイーンを初めて日本で紹介したのも東郷さんなのです。
それまでのレッド・ツェッペリン(Led Zeppelin)、エマーソン・レイク・アンド・パーマー(ELP)、イエス(Yes)、ピンク・フロイド(Pink Floyd)など、東郷さんに言わせれば、めんどくさい音楽ばっかりだったそうです。

しかし、東郷さんにとってクイーンは、日本の洋楽ロックの裾野(すその)を広げてくれた時代を変えるバンドだったのです。
1975年4月にクイーンは初来日を果たしますが、当時クイーンが所属していたレコード会社のワーナーパイオニアとミュージックライフが推して、半年ほどで人気に火がつきました。

クイーンとして行った最も有名なパフォーマンスの一つにライヴエイドがあります。
1985年のライヴエイドは東郷さんも会場で見ていました。

そこでクイーンの格好良さにほれ込んだ東郷さん…
中でもお気に入りがヒリヒリする焦燥感を凝縮した曲が「ボヘミアン・ラプソディ」でした。
リードボーカルのフレディのパフォーマンスも圧倒的で、「絶対に日本で受ける!」と確信したと言います。

また、このフレディと東郷さんには親交があり、インタビュー嫌いで知られるフレディも彼女にだけには心を許し、来日の度に特別に取材を受けることができました。

フレディが日本好きだったことも東郷さんは明かしており、本人に東洋系の血が入っていることもあって、日本の古美術に興味を持っていたそうです。
中でもフレディは伊万里焼コレクターで、来日した時には掛け軸や壺を買っていたり、ロンドンの自宅には日本庭園を作っていました。

フレディの日本好きは本物で、来日公演時のMCの半分は日本語で話し、アルバム「バルセロナ」に収録されている「La Japonaise」の歌詞の大部分は日本語で書かれていました。
こうした縁もあり、クイーンと東郷さんには切っても切れない絆ができたのです。

1980年に退社した後、東郷さんはフリーの音楽評論家として活動を始めました。
しかし退社後も「QUEEN of the DAYクイーン・オブ・ザ・デイ―クイーンと過ごした輝ける日々」(2004年)や「クイーンと過ごした輝ける日々」(2019年)などの書籍を出版しており、クイーンとの絆は健在です。

また、2018年にはクイーンの映画「ボヘミアン・ラプソディ」(Bohemian Rhapsody)が公開され際には、映画のトークイベントなどにも参加していました。




Sponsored Links
 



ピックアップ記事

  1. 岸部四郎…バブル期の借金地獄から自己破産までの経緯とは?!
  2. 長者番付からわかる芸能人の年収(1999年度)
  3. ムツゴロウさんの最強伝説を知れば「3億円の借金」はへっちゃら?!
  4. 三浦知良とりさ子…馴れ初めと田中律子との関係とは?
  5. 森友嵐士…元嫁マリアと子供(娘)について振り返る

関連記事

  1. 2000年代

    山本裕典…お持ち帰りがフライデーされて完全に消えた?!

    幼少期から芸能界に対する憧れが強く、特に滝沢秀…

  2. 2000年代

    下平さやかと内村光良の熱愛から破局まで…

    現在の役職はアナウンス部主任…早稲田大学在…

  3. 2000年代

    中村七之助の逮捕に松本潤や市川海老蔵が関係していた?!

    2005年1月30日夜に緊急記者会見で「本当に…

  4. 2000年代

    蛭子能収…サイコパス的な名言の数々に衝撃?!

    漫画家であり、俳優、タレントとしても活躍中の「…

  5. 2000年代

    松嶋菜々子と反町隆史…結婚会見の服装もラフで淡白すぎた件

    女優でファッションモデルの「松嶋菜々子」さんと…

  6. 2000年代

    三浦理恵子…ダイヤモンドユカイとの馴れ初めと結婚までの経緯

    乙女塾2期生の出身で、キャットボイスを武器にア…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links

最近の記事

  1. 新田恵利…熱海の家は「伊豆山エリア」or「多賀・網代エリア」…
  2. 紺野美沙子…息子は慶應義塾大学を卒業している?!
  3. 金村義明…息子がキャディを始めたワケとは一体?!
  4. 紺野ぶるま…旦那はオードリー若林似の会社員?!
  5. 佐藤二朗…嫁のルミは息子に「オジサンみたい」と言われたことが…
  6. 清貴…LGBTをカミングアウトして本来の自分を取り戻す?!
  7. つちやかおり…娘(次女)は病気を乗り越えグラフィックを学んで…
  8. 山本譲二…交通事故で全治2ヵ月の重傷を負ったことがある?!
  9. 古尾谷雅人の息子・高藤疾土は父親の名前で再び役者を志す?!
  10. 王理恵…姉は理香で妹は理沙で2人とも一般女性?!
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 1990年代

    萬屋錦之介…多くの病気と戦い続けながらこの世を去る
  2. 2000年代

    新田真剣佑…フライデーされた子供の母親Yは陽子?裕子?それとも…
  3. 1980年代

    長門裕之…女性遍歴を暴露して非難殺到
  4. 1980年代

    長者番付からわかる芸能人の年収(1984年度)
  5. 1960年代

    鶴田浩二…襲撃事件の背景には何があったのか?!
PAGE TOP