1970年代

唐十郎…「紅テント」→「実弾発射」を経た現在は?

2012年4月より明治大学客員教授に就任しているのが劇作家の鬼才「唐十郎」氏です。

名前:唐十郎(からじゅうろう)
本名:大靏義英(おおつるよしひで)
生年月日:1940年2月11日(77歳)
出生地:東京府東京市
職業:劇作家、作家、演出家、俳優
学歴:明治大学文学部演劇学科
備考:大鶴日出栄(父親)・大鶴義丹(長男)・大鶴美仁音(長女)・大鶴佐助(次男)



Sponsored Links

1976年4月14日、毎日新聞の社会面に「ロケで実弾発射 唐十郎ら外国製短銃使って」という見出しが出ました。
内容は4月12日午後4時すぎ、唐氏(当時36歳)が監督を務める映画「任俠外伝・玄海灘」の撮影で本物の拳銃が使われたというものでした。

本番前に唐氏が1発…
主演した安藤昇氏(当時49歳)が3発、ポリバケツやカモメを標的に試し撃ちしたのです。
本番では、真鶴半島沖で安藤氏が海に映る満月に向かって実弾2発を撃ちました。

この理由に関して、記事が出た14日にサンデー毎日で作家の森敦氏との対談が行われ、唐氏は「弾着でやるとかの方法はあるんですけど、それだとどうも力が出ない。そこで拳銃を使った。」と語っています。

ここでいう”弹着”とは火薬などを使って弾が当たったように演出することを意味します。
何回かテストを繰り返したものの、迫力が出なかったために本物を使うことにしたのだといいます。

報道によって事実を知った神奈川県警は15日唐氏と安藤氏を銃砲刀所持の疑いで逮捕…
しかし唐氏は逮捕を覚悟していたというより、織り込み済みで、それ自体が映画の宣伝になると計算していたようなのです。
映画「任俠外伝・玄海灘」は唐氏にとって初監督作品であり、入れ込みようは尋常ではなかったそうです。

15日夜から唐氏と安藤氏は小田原署の別々の雑居房に入れられ、26日夕方に処分保留のまま釈放されるまで留置されることになりました。
けれそも、氏そこでタダでは起きないのがアングラ演劇界の旗手たるゆえん…

わずか12日の間に唐氏は雑居房で一緒になった6人にそれぞれの半生をじっくり語らせたといいます。
73歳の宝石ドロからはその手口を、たばこ3カートンを盗んで捕まった元板前からは盗品市場でいくらで売れるかまで事細かに聞き出していました。
唐氏は彼らの話を今後の芝居に役立てるとうそぶいたのです。
なお1977年6月、拳銃事件に対し、横浜地裁小田原支部は唐に罰金15万円の判決を下しています。

そもそも唐氏は逮捕されることについてなんとも思っていなかったようです…
なぜなら過去にもっとすごい逮捕を経ていたからです。

1969年1月、唐氏は東京都の中止命令を無視して新宿西口の中央公園で状況劇場(腰巻お仙・振袖火事の巻)の公演を強行しました。
200人の機動隊に取り囲まれながら芝居を続け、終了後に都市公園法違反で現行犯逮捕されたのです。

20分足らずで紅テントを設営し、機動隊が駆け付けた時は上演が始まっていました。
中に観客がいっぱいいるため機動隊も手を出せず、3時間の芝居を最後までやり遂げることに成功し、唐氏は喝采を浴びました。
これが世に知られる「新宿西口公園事件」です。

そんな過去を持つ唐氏ですから、ロケで実弾発射による逮捕をそれほど怖がってはいなかったのでしょう。
一方で唐氏の初監督作品「玄海灘」は5月末に公開されましたが、話題の割にはヒットしませんでした…
各紙の映画批評欄で「冗漫すぎる」、「わかりにくい」と書かれ、評判がイマイチだったからです。

中には「寺山修司に完敗」と酷評したところもありました。
アングラ界のライバル、寺山氏が撮った「田園に死す」(1974年公開)は各方面から高評価を得ていたからです。

最近では2012年4月より、母校である明治大学文学部の客員教授に就任…
同年5月に脳挫傷の大ケガを負い、リハビリと脳外科の専門医によるトレーニングをへて2015年には6年振りとなる新刊@ダイバダッタ」を上梓(じょうし)しています。



ピックアップ記事

  1. 清原和博の元彼女(愛人)はリッツクラブの雇われママ!
  2. 清水宏保の再婚相手は苫小牧の看護師はガセ?!
  3. 朝比奈彩…本名「松瀬彩」の実家は洲本市「○○地区」?!
  4. 長者番付からわかる芸能人の年収(2003年度)
  5. 長者番付からわかるスポーツ選手の年収(1994年度)

関連記事

  1. 1970年代

    アグネス・ラムは現在もしっかりと稼いでいる?!

    ここ最近で話題を呼んだ黒船グラピアアイドルといえば、2006年に来日し…

  2. 1970年代

    松本 ちえこ…妊娠騒動で「清水国明」の名前が出る?!

    友達と歌番組の見学に行った際にスカウトされたことでがデビューのきっかけ…

  3. 1970年代

    寺尾聰…范文雀との馴れ初めとスピード離婚

    1974年11月15日、寺尾聰さん(当時27歳)と范文雀さん(当時26…

  4. 1970年代

    ザ・タイガースの解散理由…知られざる真相とは?

    「モナリザの微笑」、「君だけに愛を」など多くのヒット曲を出したグループ…

  5. 1970年代

    南沙織と篠山紀信…馴れ初めから結婚に至るまでの経緯を暴露?!

    沖縄が本土に復帰した1972年の前年に、母親と上京…その3カ月後に…

  6. 1970年代

    今陽子…「ピンキラ脱退」から現在の活動まで

    日本のボサ・ノヴァバンド…女性1人に男性4人で山高帽(やまたかぼう…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links

最近の記事

  1. 河相我聞…現在はラーメン屋を廃業して息子たちが活躍中?!
  2. 尾崎亜衣…彼氏との関係と今後の姉妹の活動について
  3. 工藤兄弟…今現在の姿は体操教室やサマーキャンプを主催している…
  4. 田村英里子…降りかかった事件の数々を振り返る
  5. 松田聖子…コンサート中に暴漢に襲われ怪我をする?!
  6. 今陽子…「ピンキラ脱退」から現在の活動まで
  7. 野坂昭如と大島渚の殴り合いの原因は何だったのか?!
  8. しいなまお…現在は女優活動を休業中?!
  9. ポールマッカートニー…来日して大麻所持で逮捕されたことがある…
  10. 星井七瀬…驚きのカミングアウトから現在は女優にカムバック?!…
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

カレンダー

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

注目記事

Sponsored Links
  1. 1990年代

    長者番付からわかるスポーツ選手の年収(1993年度)
  2. 2000年代

    愛内里菜…不倫相手のA氏のマンションで息子と暮らす?!
  3. 1970年代

    津川雅彦の娘・誘拐事件の結末と犯人T
  4. 1980年代

    宮川大助・花子の闘病の日々
  5. 1990年代

    仁支川峰子(西川峰子) の流された家は今?!
PAGE TOP