1980年代

高部知子…元彼の写真流出から衝撃の展開を迎えていた件

1983年には、穂積隆信の家族で実際に起きた非行問題をまとめたノンフィクションをドラマ化した「積木くずし~親と子の200日戦争~」で主人公・不良少女役を演じた女優さんは何人かおられます…
しかし、非行少女を熱演して最高視聴率45%を叩き出し、またヒット曲「めだかの兄妹」を歌って欽ちゃんファミリーの一員としても活躍した女優さんと言えば「高部知子」さんですね。

名前:高部知子(たかべともこ)
生年月日:1967年8月25日(49歳)
職業:女優・タレント・精神保健福祉士
出身:東京都文京区
学歴:慶應義塾大学文学部



Sponsored Links

そんな高部さんに、写真週刊誌に「キス写真」が流出した…
いわゆる「ニャンニャン騒動」で1年以上の謹慎に追い込まれたのは1983年6月のことです。

週刊誌に掲載された写真にはキスしているシーンの他に、自宅ベッドの上でたばこをふかす姿がありました。
当時15歳のトップアイドル、高部さんのショッキングな写真に世間は騒然となったのです。

写真の流出元は高部さんの元彼…
「積木くずし」のエキストラで参加していた少年でした。

ドラマ収録の際に知り合った高部さんと少年は約2カ月間交際していましたが、高部さんが別の男性と交際していると報じられた5月末に2人は破局…
マスコミは高部さんに振られた腹いせに、少年が写真をばらまいたと報道しました。

ただ、この騒動の影響はかなり大きく、高部さんは高校に進学したばかりだったのですが、学校から無期停学の処令が下されました。
レギュラーの「欽ちゃんのどこまでやるの!?」では高部さんは倉沢淳美さん、高橋真美さんとともにユニット「わらべ」に参加していたのですが、「のぞみ」役の高部さんを失い、「かなえ・たまえ」で再出発することにもなったのです。

さらにラジオ番組、CMなどもことごとく降板…
映画版「積木くずし」も主役が交代することになります。
仕事を失った高部さんは事務所でお茶くみなどをやりながら謹慎生活を送っていました。

一方、復帰に向けた調整も着々と進められていたのです。
欽ちゃんファミリーの”家族会議”で萩本さんは「知子ちゃんは、ぼくらの家族の一員。番組には出られない事情になったけれど、“リハーサルの時にはみんなの顔を見においで”」と高部さんに言ったと発言したのです。
これは事実上、高部さんのフォローすること宣言したようなもの…
続いて所属事務所も、交際も写真も事実と認めた上で、社長は「リスクを負う覚悟を決めました。必ず立ち直らせます。」と復帰に前向きな姿勢を見せていたのです。

ところが、1983年9月4日に事件は衝撃の展開を見せることになります。
写真のリーク元だった少年が、茨城の林道で購入したばかりの自動車で排ガス自殺したのです。
少年は写真を流した後の高部さんのダメージと反響の大きさにひどく苦しんでいたようで、加えて少年への嫌がらせ電話が相次ぎ、福島に避難していたという報道も流れました。

自殺報道以降、復帰に向け進んでいた業界の空気は一変…
謹慎期間はさらに延びることとなったのです。
しかし、倉沢さんと高橋さんの2人で歌った 「もしも明日が…。」は作詞家の荒木とよひささんが「高部さんに向けて作った曲」と話すなど周囲のサポートは続き、高部さんは事件から1年3カ月後に、ドラマ「転校少女Y」で復帰しました。

その後、高部さんは1990年に幼なじみのコンピニ店店長と結婚します。
その際に芸能界を一時引退しますが、その後に離婚して1999年に局部にピアスをした写真集を発売し話題をさらいました。
また、2005年に映画「KARAOKE」に出演、2006年には慶応大学の通信制を卒業し、民俗学が趣味で神田古書店街の常連と報道されるなど多方面でを活動しています。




Sponsored Links



ピックアップ記事

  1. 真屋順子…見栄晴との不仲説(確執)が生まれた意外な理由とは?
  2. 野坂昭如と大島渚の殴り合いの原因は何だったのか?!
  3. ヒロミ(B21)におきた花火事故の経緯がこれだ!
  4. 横山ノック…女子大生セクハラ事件の経緯と結末
  5. LGBTサークル(組織)の一覧

関連記事

  1. 1980年代

    黒田勇樹…引退理由は舞台降板で現在の活動は何してるの?

    1983年、まだ1歳のときにモデルとしてCMや雑誌でデビューを果たして…

  2. 1980年代

    ダン池田…暴露本とその後の人生

    清水富美加(千眼美子)さんの「全部、言っちゃうね。」や奥菜恵さんの「紅…

  3. 1980年代

    佐久間良子の元夫・平幹二朗との離婚劇の裏側

    高い塀に囲まれた実家の敷地が500坪ほどあり、まさに箱入り娘だった「佐…

  4. 1980年代

    なぜ松島トモ子はライオンとヒョウに噛まれたのか?

    石垣食品の「ミネラル麦茶」のCMや「ひょっこりひょうたん島」の声優など…

  5. 1980年代

    長者番付からわかる芸能人の年収(1982年度)

    「森田一義アワー 笑っていいとも!」が放送開始され、おっとっと(森永製…

  6. 1980年代

    沖田浩之と山本陽子…20歳差カップルの交際から破局まで

    ドラマ「3年B組金八先生」などに出演し、アイドルとして活躍した「沖田浩…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links

最近の記事

  1. 三浦洋一…死因の「食道がん」を明かさずに舞台に挑んでいた?!…
  2. 金原あすか…現在は「愛内りりあ」に名前を変えて活動中?!
  3. 沖田浩之…自殺(死因)の理由は家系が関係していたのか?!
  4. 河相我聞…現在はラーメン屋を廃業して息子たちが活躍中?!
  5. 尾崎亜衣…彼氏との関係と今後の姉妹の活動について
  6. 工藤兄弟…今現在の姿は体操教室やサマーキャンプを主催している…
  7. 田村英里子…降りかかった事件の数々を振り返る
  8. 松田聖子…コンサート中に暴漢に襲われ怪我をする?!
  9. 今陽子…「ピンキラ脱退」から現在の活動まで
  10. 野坂昭如と大島渚の殴り合いの原因は何だったのか?!
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

カレンダー

2018年8月
« 7月    
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

注目記事

Sponsored Links
  1. 2000年代

    武井壮…犬用ガムを噛んで歯を鍛えている?!
  2. 1980年代

    武田久美子・近藤真彦の「ハイティーン・ブギ」の裏側
  3. 2000年代

    LIBERA株式会社(社長・羽布津康史)とローラと契約書に衝撃?!
  4. 1990年代

    君島一郎…勃発した骨肉の争いと君島グループの行方
  5. 1980年代

    沢田亜矢子…娘の父親に関しては未だに明かさず
PAGE TOP