1980年代

石野真子と長渕剛の離婚原因は「君と僕が見た空は高かった」?!




 

日本を代表するシンガーソングライターの「長渕剛」さんと、歌手で女優の「石野真子」さんが婚約・結婚を前提に交際宣言を発表したのは、1981年6月のことでした。

その際に真子さんは、この年の8月末で芸能界からの引退することを表明し、二人は1982年1月23日に結婚式を挙げています。

しかし、結婚当初から離婚の噂が立つなど、二人の結婚は前途多難なスタートでもありました。
そうして、1983年5月にはその噂が現実になるのですが…
果たして二人の離婚原因は、どのようなところにあったのでしょうか。




Sponsored Links
 

石野真子

名前:石野真子(いしのまこ)
別名:石野眞子(いしのまこ)
生年月日:1961年1月31日(58歳)
職業:女優、歌手
所属:フロム・ファーストプロダクション
出身:兵庫県
学歴:堀越高等学校

 

長渕剛

名前:長渕剛(ながぶちつよし)
生年月日:1956年9月7日(62歳)
職業:シンガーソングライター、俳優、詩人、画家、書道家
所属:Office REN(オフィス・レン)
出身:鹿児島県鹿児島市
学歴:九州産業大学芸術学部(中退)




Sponsored Links
 

1983年当時、正式に長渕剛さん(当時26歳)と石野真子さん(当時22歳)が離婚したという話を聞いて、「やっぱリ」と思った人も少なくなかったと言います。
何しろ1982年1月23日にハワイで挙式した直後から、二人の離婚説が流れていました。

しかし、幾度となく持ち上がった離婚説も、真子さんが否定し続けたことや、主婦としての健気に夫に尽くす行動などから、いつもうやむやになっていたのです。

例えば、離婚する1983年の2月下旬、長渕さんが最新曲のレコーディングをしている仕事場に真子さんが手作りの弁当を作ってやって来たことがありました。
その時は周囲のみんなが離婚など考えらえないほど、夫婦は仲良く談笑していたと言います。

ところが、5月23日の記者会見で、真子さん自身の口から語られたところによれば、

離婚のことは去年(1982年)の暮れに決心

し、2月9日には夫と1年間暮らした東京・世田谷の家を飛び出して、横浜の吉田拓郎さんと浅田美代子さん夫妻(後に離婚)の所に身を寄せていたと言うのです。

つまり、真子さんは離婚すると決めて別居している最中に、夫の仕事場に弁当を届けに行っていました。
このような背景もあり、離婚の噂や信ぴょう性がどこまで真実なのか、記者にもわからなかったのです。

何か、この離婚劇の裏に隠されているのではないか?
そう感じた記者達が、「嫁と姑の不仲説」や「夫の暴力説」などを挙げましたが、そういった噂を真子さんはキッパリと否定しました。

離婚会見の席上では、

夢と現実のギャップが大き過ぎてこうなリました。

このまま彼の奥さんといて良いのかしらと思った。

と語った後、大粒の涙をこぼしたのです。

結局、具体的な離婚原因については、真子さんも長渕さんも多くは語りませんでした。
真子さんは、

日々、生活しているうちに離婚について考えるようになった。

と言い、長渕さんは、

君と僕が見た空は高かった。

という歌詞(Jungle Gym)の一節を持ち出して、その心情を語ったのです。

二人でいても寂しかった。

と、真子さんはコメントし、夫婦の会話が少なかった家庭だったことも明らかになりました。

「このままでいいのかしら?」と手紙や詩で気持ちを伝えようとした真子さんの努力も、ツアーで家をあけることの多かった長渕さんには、最後まで真剣に受け止めてもらえなかったらしいのです。

「女は黙ってついてこい」という九州男児の長渕さんと、「甘えられる暖かい家庭を夢見た少女のズレ」だという関係者の声もありました。

彼女は彼女なりの、僕は僕なりの人生を歩むことがベストだ。

と、最後に語った長渕さん。
こうして1年4ヶ月に渡る二人の結婚生活にピリオドが打たれたのです。









Sponsored Links
 



ピックアップ記事

  1. 野村貴仁…巨人では外国人選手ヒルマンからグリーニーを入手していた?!
  2. 広瀬香美…大沢たかおとの馴れ初めと離婚理由とは?!
  3. 浜田雅功と小川菜摘…新婚旅行のエピソードが衝撃的?!
  4. 角盈男の息子(長男・次男)…現在は二人とも監督?!
  5. 丸山桂里奈…「発達障害の弟がいる」は完全にガセ?!実は…

関連記事

  1. 1980年代

    田中裕子…沢田研二との出会いと馴れ初め

    1979年のNHK連続テレビ小説「マー…

  2. 1980年代

    杉山清貴…元嫁・柳沢裕子との馴れ初めから結婚まで

    「君のハートはマリンブルー」や「ふたり…

  3. 1980年代

    間寛平…アメマ裁判でも笑いをとる?!

    お笑いだけではなく、マラソンランナーと…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links

最近の記事

  1. 鳳啓助…元嫁(鏡子)に勝手に離婚届を出されていた?!
  2. シャネルズ…なぜ2か月間も活動停止したのか?!
  3. 島田洋七…目薬と水虫薬を間違えて失明の危機に陥ったことがある…
  4. 左とん平…過去に賭博容疑で逮捕されたことがあった?!
  5. 大和田伸也…妻・五大路子との馴れ初めから結婚まで
  6. 池田満寿夫と佐藤陽子(バイオリニスト)の馴れ初めとは?!
  7. 和田アキ子…自然気胸を患って入院したことがある?!
  8. 三遊亭小圓遊(四代目)…食道静脈瘤破裂が原因で死去する
  9. 石橋貴明と野坂昭如は本番中にガチで喧嘩をしたことがある?!
  10. BOØWY(ボウイ)…解散宣言をした理由は何だったのか?!
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 1980年代

    因幡晃…嫁・鈴木博子との馴れ初めと結婚について
  2. 1990年代

    酒井法子と野島伸司の熱愛から破局…その原因とは?
  3. 1970年代

    長者番付からわかるスポーツ選手の年収(1978年度)
  4. 2000年代

    加藤剛…息子・夏原諒(長男)の卒業大学は「東京音楽大学科」?!
  5. 2000年代

    中島知子の洗脳・家賃滞納騒動から現在まで
PAGE TOP