1990年代

三田佳子の次男…3度の逮捕と現在について





中学・高校時代から多数のテレビに出演し、1960年代には東映の看板女優としてデビュー…
現在も映画にドラマに大活躍の「三田佳子」さん。
かつては4年連続で長者番付トップを誇った彼女が、1998年に次男・高橋祐也氏が覚醒剤取締法違反で逮捕されたという暗い過去がありました。

名前:三田佳子(みたよしこ)
本名:高橋嘉子(たかはしよしこ)
生年月日:1941年10月8日(75歳)
出生地:大阪府大阪市
職業:女優
所属:プロダクション尾木
学歴:女子美術大学付属中学校・高等学校卒業



Sponsored Links

次男が逮捕されたのは1998年1月7日…
三田さんが稽古場として使っていた自宅の地下室で数人の仲間と覚醒剤パーティーを開いている現場に、麻薬取締官が踏み込んだのです。

覚醒剤使用を認めた次男は当時、まだ18歳で高校3年生でした。
未成年者の犯罪であり、当初この事件は報道されることもなく、1月16日に家裁送致、2月2日に保護観察処分が決まっていました。

しかし、2月5日の「日刊ケンダイ」で「三田佳子の次男が覚醒剤で逮捕されていた」とスクープして事件が明るみになったのです。
取材陣が大挙して三田さん宅に押しかける騒ぎに発展しました。

まずかったのは三田さんの対応…
次男は少年法の適用を受けること母親が有名女優であることで少年が特定できてしまうことなどを理由に、「今回の事件を報道しないこと」を求め、マスコミに申し入れ書を提出したのです。

これは当然、反発を買いました。
大女優の息子が未成年であることを理由に「報道するな」というのはご都合主義…
それでも翌日は涙の謝罪会見になると思われましたが、現場は終始対決ムードで、普段は手心を加えることが多い芸能リポーターも容赦ない質問を浴びせのです。

これに対して、三田さんは「少年法を守る立場から思ったことをお話しできない」と質問をかわし、「次男の変化には気が付かなかった」、「原因は私が人生をかけて究明致します」などと語りました。

当時は前年に発生した神戸連続児童殺傷事件の影響もあり、少年法見直しについての議論が起きていました。
マスコミは「息子擁護に少年法とは笑わせる」とか、「月の小遣いが多い時には50万円」などと報じ、「放任子育ての言い逃れ」と三田さんをバッシングしたのです。

これで三田さんは”良妻賢母”のイメージがすっかり失われ、結局、合計3億円以上ともいわれる6社のCMを降板し、女優活動を一時休止するまで追い込まれました。
その後、およそ1年の謹慎期間を経て三田さんは仕事に復帰するものの、2000年10月、次男が再び覚醒剤で逮捕されてしまいます。

この時はすでに20歳…
実名とともに覚醒剤を介した交友関係など大々的に報道されました。

三田さんは今回は観念したのか、「不祥事を重ねて起こしましたことを母親として慙愧(ざんき)に堪えません…ファンの皆さまごめんなさい」と謝罪FAXを流し、再び芸能活動を1年間自粛しました。

次男の高橋祐也氏は執行猶予がついて一時はミュージシャンとして芸能活動も行っていました…
ところが、2007年に3度目となる覚醒剤事件で懲役1年6ヶ月の実刑判決を受けてしまいます。

この時はさすがに三田さんも「親として関われる限界がある」と息子を突き放す発言をして芸能活動は自粛しませんでした。
次男は仮釈放後、薬物中毒・薬物依存症のリハビリセンターである「琉球ガイア」に入所した後、当時26歳の一般女性と結婚…
現在は一児の父となり、実業家として活動しています。



ピックアップ記事

  1. フィンガー5の現在…晃と正男は活動中で一夫は不動産会社を経営?!
  2. 田村ゆかりの引退はなぜ…理由は心の問題だった?!
  3. なぜ松島トモ子はライオンとヒョウに噛まれたのか?
  4. 藤原竜也…ドラマ「デスノート」で死亡者が出た?!
  5. 石井裕也(映画監督)…満島ひかりの離婚原因と相楽樹の馴れ初めは何だったのか?

関連記事

  1. 1990年代

    吉村明宏…現在の活動と干された理由を振り返ってみる?!

    時は1975年、高校生時代にテレビの素人参…

  2. 1990年代

    木梨憲武はマクドナルドの「無料カード」を持っている?!

    みんなが大好き「マクドナルド」にまつわる都市伝…

  3. 1990年代

    GAO(歌手)…性別・年齢の謎と2017年現在の活動

    発声練習中に声をつぶし、その声からつけられたあ…

  4. 1990年代

    脚本家・ジェームス三木…女性関係を元妻に暴露され泥沼離婚

    脚本家として一時代を築いた「ジェームス三木」さ…

  5. 1990年代

    田中健…古手川祐子との離婚の原因は「ケーナ」?!

    南米ペルー、ボリビアなどが発祥の縦笛であるケー…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links

最近の記事

  1. 松山英太郎…死因の食道がんで父親・河原崎國太郎の葬儀に出れず…
  2. 渥美清…男はつらいよのために晩年まで家族ことも明かさず
  3. 若山富三郎…死因となった心筋梗塞を勝新太郎が看取る
  4. 榊原兄妹(魁、爽)はなぜオーストラリア国簎を選んだのか?
  5. コルファー羽鳥ジュリア…wiki風にプロフィールを紹介してみ…
  6. 水無昭善(阿闍梨)…あのトラブルから今現在は何をしている?!…
  7. 藤井サチ…玉川学園高校から上智大学にAO入試で合格する?!
  8. 平野紫耀…弟の名前が莉久(Ricky)で母親は闘病中て知って…
  9. トラウデン直美…同志社国際高校を経て慶応義塾大学に入る?!
  10. 下嶋兄の姉「下嶋生」(しもじまうぶ)ってどんな人なの?
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

カレンダー

2018年11月
« 10月    
 1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 2000年代

    おかもとまりの子どもと旦那naoとの結婚秘話!
  2. 2000年代

    小嶺麗奈…現在は田口淳之介との結婚に期待!
  3. 1960年代

    岩下志麻の娘や弟ってどんな人なの?意外と知らない著名な家族
  4. 1990年代

    渡辺謙…白血病の闘病と克服までの道のり
  5. 2000年代

    野間口徹の出身高校は調布?気になる子供のことなど…
PAGE TOP