1980年代

釜本邦茂…引退試合にはサッカーの神様も駆けつけた?!




 

日本サッカーリーグでの通算202得点は歴代1位、通算79アシストも歴代1位、日本年間最優秀選手賞7回受賞も歴代1位と数々の記録を樹立した日本が誇るべき元サッカー選手の「釜本邦茂」さんです。

そんな釜本さん引退試合は1984年8月のことでした。
この試合にはサッカーの神様ペレも駆けつけたのです。

釜本邦茂

名前:釜本邦茂(かまもとくにしげ)
生年月日:1944年4月15日(75歳)
職業:元サッカー選手、元サッカー指導者、元参議院議員、実業家
出身:京都府京都市右京区太秦
学歴:早稲田大学




Sponsored Links
 

日本サッカー協会 (JFA) 顧問で、元サッカー選手・釜本邦茂さん(当時40歳)の引退記念試合が行われたのは、1984年8月25日のことでした。

ちなみに、釜本さんが引退するきっかけとなったのは、自宅でイスから立ち上がる際にテーブルに当たってしまい、体を痛めたことです。
この時に「もう(日常の簡単な動作さえできないのなら)選手は仕舞いやな」と決意したと言います。

さて、話は戻って1984年8月25日には、ヤンマーディーゼル対日本サッカーリーグ選抜戦が行われ、これが釜本さん引退試合となりました。
試合は6万2千の大観衆の中、東京・国立霞ヶ丘陸上競技場で行われたのです。

山城高校時代、ユース代表に選ぱれてからの全得点数は前人未踏の大記録で、銅メダルを獲得したメキシコオリンピックでも、7得点をあげて得点王に輝いていた釜本さん。

すでに1984年元日の天皇杯以後はヤンマーディーゼルの監督に専念していましたが、この日は久々に90分のフル出場。
両親と妻の修子さん(当時42歳)、長男の達生(たつお)さん(当時22歳)も来賓席で観戦していました。

ヤンマーディーゼルには、すでに引退していたサッカーの神様・ペレ(エドソン・アランテス・ド・ナシメント)と、左足の魔術師と言われた西ドイツ(当時)のヴォルフガング・オヴェラートが助っ人で友情参加して、日本リーグ選抜と激突したのです。
前半15分、釜本さんは見事にシュートを決めて、全得点を538に伸ばしました。

試合は3-2でヤンマーディーゼルが勝利をおさめ、蛍の光が流れる場内をペレ達に肩車された釜本さんが競技場を1周、総立ちになったファンの声援に応えたのです。
試合後の競技場にはサポーターから「釜本コール」が鳴り響きました。

多分、涙は出なかったと思うが、これでもうサッカーをやらせてもらえないのかと感無量だっだ。25分過ぎた頃、肉体的な限界を感じたが、戦う気持ちはまだある。最高の状態を100点とすれば今日は50点くらいかな。それでもフル出場できてよかった。もっともゲーム後半は、最後の挨拶のことで頭がいっぱいだったけどね。

と語り、有終の美を飾った鉄人・釜本さんの表情はさわやかなものでした。

引退試合を超満員のファンから祝福された父はすごいと思う。

と、長男の達生さんがコメントすれば、妻の修子さんも、

現役時代はずいぶん気をつかいましだが、今日は明るい雰囲気で最後までよくやってくれました。

と、コメントしたのです。

引退後の釜本さんは引き続きサッカー指導者や一時は政治家としても活躍し、1996年に日本サッカー協会(JFA)理事に就任しています。
さらに、2010年7月にはJFA名誉副会長を退いて顧問になりました。

2014年にはイギリスのスポーツ専門サイト「Sports MOLE」で、歴代日本代表選手の1位に選ばれ、またこの年には旭日中綬章を受章しています。




Sponsored Links
 



ピックアップ記事

  1. 安藤聖は浮気で松田洋昌と離婚したって本当なの?!
  2. 林家しん平と桂木文…離婚会見で海老名香葉子が理由を語る?!
  3. 島田裕三の実家「島田建設」は鈴木宗男の収賄に絡んでった本当?!
  4. 渡辺謙…白血病の闘病・克服までの道のりを振り返る
  5. 石黒賢…父親でテニスプレーヤー「石黒修」がデビューのきっかけだった?!

関連記事

  1. 1980年代

    渡辺正行…田中真弓との馴れ初めを振り返ってみた件

    お笑いタレントでコント赤信号のリーダー…

  2. 1980年代

    長者番付からわかるスポーツ選手の年収(1981年度)

    大相撲の千代の富士貢さんが横綱昇進し、サッカー…

  3. 1980年代

    植村直己…妻・公子の出会いと最後の言葉とは?

    1970年に世界初五大陸最高峰登頂に成…

  4. 1980年代

    坂本九…飛行機事故の真相とその後

    昭和60年となる1985年8月12日18時24…

  5. 1980年代

    穂積隆信…「積木くずし」と試練の人生から最期まで

    本名は鈴木隆信。その人物こそ、2018年1…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links

最近の記事

  1. 鳳啓助…元嫁(鏡子)に勝手に離婚届を出されていた?!
  2. シャネルズ…なぜ2か月間も活動停止したのか?!
  3. 島田洋七…目薬と水虫薬を間違えて失明の危機に陥ったことがある…
  4. 左とん平…過去に賭博容疑で逮捕されたことがあった?!
  5. 大和田伸也…妻・五大路子との馴れ初めから結婚まで
  6. 池田満寿夫と佐藤陽子(バイオリニスト)の馴れ初めとは?!
  7. 和田アキ子…自然気胸を患って入院したことがある?!
  8. 三遊亭小圓遊(四代目)…食道静脈瘤破裂が原因で死去する
  9. 石橋貴明と野坂昭如は本番中にガチで喧嘩をしたことがある?!
  10. BOØWY(ボウイ)…解散宣言をした理由は何だったのか?!
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 2000年代

    種田梨沙の病気(病名)が「ジストニア」だと言われる根拠
  2. 2000年代

    出口雅之…現在は音楽ではなく石鹸彫刻でスケジュールが一杯?!
  3. 1990年代

    山口百恵(三浦百惠)…自宅に暴漢が乱入した事件をプレイバックする
  4. 1960年代

    大屋政子…帝人社長との結婚は略奪婚だった?!
  5. 2000年代

    森田童子の死因は「癌(ガン)」や「心疾患」だった?!
PAGE TOP