1960年代

ひょっこりひょうたん島(NHK)の打ち切りは政治的圧力だった?!





1960年代にNHK総合テレビで放送され、子供を中心に、国民的な人気を博していたミュージカル形式の人形劇…
「ひょっこりひょうたん島」を知らない人は少ないのではないでしょうか。
リアルタイムで見ていなくとも、有名な主題歌や特徴的なキャラクターなどを知っている人は多いはずです。

人形劇名:ひょっこりひょうたん島
放送期間:1964年4月6日~1969年4月4日
放送時間:平日17:45-18:00(NHK総合テレビ)
原作:井上ひさし、山元護久
演出:雪正一、武井博




Sponsored Links
 

そんな「ひょっこりひょうたん島」は5年間…
実に1224回続き、大人気の中1969年4月で突然打ち切りなりました。

4月4日「ひょっこりひょうたん島」は最終回を迎えることとなるのですが、夕方5時45分からの15分番組という不利な時間帯にもかかわらず、最高視聴率37.5%を叩き出しました。
視聴者から「人気が衰えているわけでもないのに、なぜ終わってしまうのか?」という声が殺到したのは言うまでもありません。

実はこれには、生ぐさい政治的事情が絡んでいたのです。
問題となったのは前年の1968年に放送された国民全員が郵便局員という「ポストリア国」にひょうたん島が流れ着き、さまざまな騒動が起こるというシリーズでした。

「ひょっこりひょうたん島」は、笑いの中に大人がくすっとするよな風刺が込められているのが特長です。
このポストリア国で大統領を務めるのは郵便局長…
この大統領が泥棒で、盗まれた車を盗み返すシーンなどがありました。

視聴者には単なるギャグとしか思えないものだったのですが、これが郵便局や郵便局長を皮肉ったものと当時の大物政治家が問題にし、NHKに圧力をかけたのが打ち切りの内幕と言われているのです。

郵政省といえば、当時の自民党大票田である郵便事業を所管すると共に、電波行政も管轄し、そもそもNHKの直接の所管官庁でもありました。
このことは当時、放送作家でこの番組の原作者・脚本家の一人、井上ひさしさん(2010年に他界)も晩年、雑誌で郵便局長会や当時有力郵政族議員の打ち切りへの関与を認めています。

井上さんや当時のスタッフにとって、打ち切りになった理由は不可解でした。
後年、NHK上層部の人と接する機会があり、理由を聞いてやっと事情を知ったといいます。

この番組は、まだ29歳だった井上さんともう一人の放送作家、そしてNHKの若いディレクターの3人でスタートした企画です。
子供たちが遠足に行ったひょうたん島が火山の噴火で大海原に流され、そこにドン・ガバチョやトラヒゲといった個性的なキャラクターが現れ、共に波に流されるまま奇妙な国や島を訪ねるというストーリーです。

当初は視聴率が10%も行かず、「半年で打ち切りかもしれない」と苦戦するのですが、井上さんらの奇抜で独自の世界観のストーリーや作曲家・宇野誠一郎さんの多彩な楽曲が徐々に浸透して、人気に火がつきました。

声優陣は藤村有弘さんや熊倉一雄さん、中山千夏さん、楠トシエさんなど…
明るく歌いやすい主題歌や個性的な面持ちので、今の言葉でいうなら「キモカワイイ」人形たちの造形もヒットの要因だったようです。

番組終了を惜しむ声も根強く、この後NHKで1991年から2003年にかけて6回にわたり、リメーク放送されました。
後に作家・劇作家と活躍した井上さんが他界したこともあり、作品は未完のまま…
打ち切られなかったらどんな結末になっていたのか気になるところではあります。




Sponsored Links
 



ピックアップ記事

  1. 長野美郷…結婚相手の一般男性は「ゴールドマンサックス」のあの人?
  2. ISSAの結婚相手は誰!?噂のサロンオーナーのAさんとは?…
  3. 古瀬絵理…柱谷幸一との不倫報道の真相とは?!
  4. 麻倉未稀…ヘアヌード写真集を出したきっかけとは?
  5. 野村貴仁…今現在は「野球教室」を仕事としている?!

関連記事

  1. 1960年代

    橋幸夫…軍刀(サーベル)を持った男に切りつけられる?!

    「いつでも夢を」や「潮来笠」など数々の…

  2. 1960年代

    高島家…長男殺害事件の犯人・家政婦の現在とは?

    芸能ファミリーの代表格として親しまれる高島さん…

  3. 1960年代

    平尾昌晃…拳銃不法所持で逮捕された真相とは?!

    社団法人日本作曲家協会・常務理事や社団…

  4. 1960年代

    赤木圭一郎…ゴーカート事故死の原因が何だったのか?!

    1961年、映画俳優として売り出し中だった「赤…

  5. 1960年代

    市川猿翁と元妻・浜木綿子…45年前の離婚劇の真実

    実は東大出のインテリである香川照之さんは、20…

  6. 1960年代

    藤山寛美が松竹新喜劇を除籍された驚くべき理由とは?

    アホを演じさせたらこの人を超える役者は今もいな…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links

最近の記事

  1. 荒木一郎…「ハレンチ歌手」として逮捕されたことがある?!
  2. 吉田えり…「愚行」とされる理由は何だったのか?!
  3. 沢田研二…若い頃に起こした2つの暴行事件とは?!
  4. 丘みつ子…現在は小田原の家(小田原駅から車で20分)に住む?…
  5. 篠ひろ子…自殺未遂の原因は何だったのか?!
  6. 照強…元ヤンキーと噂される力士の情報を調べてみた件
  7. 崎山つばさ…父親が作詞・作曲した曲をアルバム収録する!
  8. 和田アキ子…過去に起きた「楽屋泥棒撃退事件」とは?!
  9. 剛力彩芽…前澤友作のせいでアンビリバボーを降板になる?!
  10. 和泉元彌…子供の学校をまとめると2019年はこうなる?!
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

カレンダー

2019年2月
« 1月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728  
Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 1990年代

    山口智子…自宅で起きた事件から唐沢寿明との交際が発覚する?!
  2. 1990年代

    森脇和成…「消えた」と言われながらも舞台で活躍していた?!
  3. 1970年代

    松方弘樹…仁科亜季子との結婚から離婚に至るまで
  4. 1990年代

    一色紗英…事件レベルと言われる交通違反の内容とは?!
  5. 1980年代

    斉藤とも子…28歳年の差で芦屋小雁と結婚?!
PAGE TOP