1960年代

ひょっこりひょうたん島(NHK)の打ち切りは政治的圧力だった?!





1960年代にNHK総合テレビで放送され、子供を中心に、国民的な人気を博していたミュージカル形式の人形劇…
「ひょっこりひょうたん島」を知らない人は少ないのではないでしょうか。
リアルタイムで見ていなくとも、有名な主題歌や特徴的なキャラクターなどを知っている人は多いはずです。

人形劇名:ひょっこりひょうたん島
放送期間:1964年4月6日~1969年4月4日
放送時間:平日17:45-18:00(NHK総合テレビ)
原作:井上ひさし、山元護久
演出:雪正一、武井博




Sponsored Links
 

そんな「ひょっこりひょうたん島」は5年間…
実に1224回続き、大人気の中1969年4月で突然打ち切りなりました。

4月4日「ひょっこりひょうたん島」は最終回を迎えることとなるのですが、夕方5時45分からの15分番組という不利な時間帯にもかかわらず、最高視聴率37.5%を叩き出しました。
視聴者から「人気が衰えているわけでもないのに、なぜ終わってしまうのか?」という声が殺到したのは言うまでもありません。

実はこれには、生ぐさい政治的事情が絡んでいたのです。
問題となったのは前年の1968年に放送された国民全員が郵便局員という「ポストリア国」にひょうたん島が流れ着き、さまざまな騒動が起こるというシリーズでした。

「ひょっこりひょうたん島」は、笑いの中に大人がくすっとするよな風刺が込められているのが特長です。
このポストリア国で大統領を務めるのは郵便局長…
この大統領が泥棒で、盗まれた車を盗み返すシーンなどがありました。

視聴者には単なるギャグとしか思えないものだったのですが、これが郵便局や郵便局長を皮肉ったものと当時の大物政治家が問題にし、NHKに圧力をかけたのが打ち切りの内幕と言われているのです。

郵政省といえば、当時の自民党大票田である郵便事業を所管すると共に、電波行政も管轄し、そもそもNHKの直接の所管官庁でもありました。
このことは当時、放送作家でこの番組の原作者・脚本家の一人、井上ひさしさん(2010年に他界)も晩年、雑誌で郵便局長会や当時有力郵政族議員の打ち切りへの関与を認めています。

井上さんや当時のスタッフにとって、打ち切りになった理由は不可解でした。
後年、NHK上層部の人と接する機会があり、理由を聞いてやっと事情を知ったといいます。

この番組は、まだ29歳だった井上さんともう一人の放送作家、そしてNHKの若いディレクターの3人でスタートした企画です。
子供たちが遠足に行ったひょうたん島が火山の噴火で大海原に流され、そこにドン・ガバチョやトラヒゲといった個性的なキャラクターが現れ、共に波に流されるまま奇妙な国や島を訪ねるというストーリーです。

当初は視聴率が10%も行かず、「半年で打ち切りかもしれない」と苦戦するのですが、井上さんらの奇抜で独自の世界観のストーリーや作曲家・宇野誠一郎さんの多彩な楽曲が徐々に浸透して、人気に火がつきました。

声優陣は藤村有弘さんや熊倉一雄さん、中山千夏さん、楠トシエさんなど…
明るく歌いやすい主題歌や個性的な面持ちので、今の言葉でいうなら「キモカワイイ」人形たちの造形もヒットの要因だったようです。

番組終了を惜しむ声も根強く、この後NHKで1991年から2003年にかけて6回にわたり、リメーク放送されました。
後に作家・劇作家と活躍した井上さんが他界したこともあり、作品は未完のまま…
打ち切られなかったらどんな結末になっていたのか気になるところではあります。




Sponsored Links
 



ピックアップ記事

  1. 佐藤満春の嫁と子供が気になった件
  2. トラウデン直美…同志社国際高校を経て慶応義塾大学に入る?!
  3. 中本賢…嫁の奈良崎佐輝子との馴れ初めと結婚について
  4. なぜ松島トモ子はライオンとヒョウに噛まれたのか?
  5. 斎藤ちはるの父親…アメフト選手の「斎藤伸明」はレジェンド!

関連記事

  1. 1960年代

    司葉子と夫・相沢英之の結婚秘話とは?!

    映画「君死に給うことなかれ」(1954…

  2. 1960年代

    荒木一郎…「ハレンチ歌手」として逮捕されたことがある?!

    実はカードマジックに精通しており、俳優…

  3. 1960年代

    佐藤慶の「一夫多妻宣言」とは何だったのか?

    先祖代々会津藩士で、戊辰戦争に敗れて漆…

  4. 1960年代

    神田正輝の父母、兄弟の意外な真相とは!?

    あの石原裕次郎さんにレストランで声をかけられたことがきっかけで石原プロ…

  5. 1960年代

    グループサウンズ「オックス」の失神パフォーマンスとは何だったのか?

    1960年代後半、若者たちを熱狂の渦に巻き込んだグループサウンズ……

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links

最近の記事

  1. 山本譲二…妻の植木悦子との馴れ初めとは?!
  2. 松田聖子…デビュー5年目でも収入はとんでもなかった?!
  3. 牛島和彦…妻の光江との馴れ初めから結婚まで
  4. 八千草薫…メニエール病という病気を患ったことがある?!
  5. 具志堅用高…妻・香澄との馴れ初めから結婚まで
  6. 森繁和…妻・靖子との馴れ初めはファンレターだった?!
  7. 久米宏 …愛人が自殺未遂をして謹慎処分になったことがある?!…
  8. 倉田保昭…クラタスポーツ・スタジオを全国展開しようとしていた…
  9. ジャッキー佐藤とナンシー久美…ジャパン女子プロレスリング設立…
  10. 都はるみ…引退の理由は中村一好が関係していたのか?!
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 1990年代

    松平健…大地真央との馴れ初めと離婚理由とは?!
  2. 1980年代

    石野真子と長渕剛の離婚原因は「君と僕が見た空は高かった」?!
  3. 1990年代

    飯星景子…統一教会を父親の説得で脱会する?!
  4. 1970年代

    舟木一夫…失踪と自殺未遂を経て現在に至る
  5. 2000年代

    飯島愛…「プラトニック・セックス」で衝撃告白?!
PAGE TOP