1980年代

シャネルズ(CHANELS)改名の理由にシャネルは関係なかった?!

正式な解散はしていないものの、現在まで22年間、活動を休止している「ラッツ&スター」。
当初はCHANELS(シャネルズ)として活動していましたが、1982年にSHANELS(読みは同じシャネルズ)に変更しているのです。

この背景にはフランスの高級ブランド・シャネル(CHANEL)からのクレームがあったからとも言われていますが…
果たして、その真相はどのようなものだったのでしょうか?

バンド名:ラッツ&スター(RATS & STAR)
旧名称:シャネルズ(CHANELS)
旧名称:シャネルズ(SHANELS)
レーベル:エピックレコードジャパン
メンバー:
鈴木雅之(リードボーカル)、田代まさし(テナーボーカル)、佐藤善雄(バスボーカル)、久保木博之(トップテナーボーカル)、桑野信義(トランペット・ボーカル)、出雲亮一(ギター・ボーカル)、新保清孝(ドラムス・ボーカル)
旧メンバー:
須川泰男(ギター)、高橋進(ベース)、山崎廣明(キーボード)




Sponsored Links
 

これまで芸能人が改名したケースは少なくありません。
お笑い芸人で言えば、コンビ名を「バカルディ」→「さまぁ~ず」、「海砂利水魚」→「くりいむしちゅー」に変えていたり、バンド名を「ALFIE」→「ALFEE」→「THE ALFEE」と変えているなど、意外と改名しているグループは多いのです。

ただ、1980代は芸能人が改名すると言えば、売れなくなった時とかヤバイことをやって復帰するためなど、どちらかと言えばネガティブなイメージがありました。
そんな中、シャネルズは「CHANELS」から「SHANELS」へと、何の前ぶれも無しに変えたです。

この理由は何だったのでしょうか?
1982年1月1日から、3ヶ月の充電休養をとっていたシャネルズは、3月19日から5日間、復活コンサートを東京の久保講堂(1984年3月に閉館)で行ない、パワーアップしたステージを見せていました。

3ヶ月の充電効果は十分に感じられたと反響も上々だったのです。
また、コンサート最終日の2日後、3月21日には新曲「憧れのスレンダー・ガール」を発売し、シャネルズ完全復活を知らしめました。

ちなみに「憧れのスレンダー・ガール」は当時テナーボーカルであった田代まさしさんが作詞を、リーダーの鈴木雅之さんが作曲を担当した曲としても知られています。
そして、この「憧れのスレンダー・ガール」から、シャネルズのスペルが「C」から「S」に変わっていたのです。

この改名に際しては、フランスの高級ブランド・シャネル(CHANEL)からのクレームが入ったのではないか?という話も出ていました。
香水や洋服で有名なシャネルが、「シャネル・スーツの名称は自社製にしか使えない」と意匠登録保全を訴えた事件も起きていたからです。

しかし、当時のシャネル株式会社からは、「シャネル・スーツについては主張していますが、シャネルズについては、申し入れなどしておりません」とクレームを出していないとコメントしています。

また、レーベルである株式会社EPIC・ソニー(現:エピックレコードジャパン)の独断なのか?との疑念の声も出ました。
しかし、こちらも企画制作2部の丸山部長が、「リーダーの鈴木が変えたいというので、休養あけで気分一新にもなるし、気軽にOKしました。日本語で聞く限りは同じだし、問題ないでしょう」とコメントを出していたのです。

つまり、リーダーの鈴木雅之さんの発案だったのです。
鈴木さん曰く、

充電中にニューヨークのハーレムに行き、黒人と話し合ったけど、彼らはチャネルズとしか読んでくれないんだ。シャネルズの名は、1950年代にアメリカで活躍したチャネルズ(CHANELS)とロックン・ロールのシャナナ(SHA・NA·NA)を一緒にして命名したもの。俺たちのブラザー(黒人)に、ちゃんと発言してもらいたいのでSにしたんだ。メンバーも納得してくれたし、俺も鈴木だし、Sでいいんじゃないの。

とのことでした。

シャネルズの「CHANELS」から「SHANELS」への改名の背景には、このような理由があったのです。
その後、シャネルズは1983年に「ラッツ&スター」に改名し、ラッツ&スターとしてのデビュー曲「め組のひと」が80万枚を売り上げました。




Sponsored Links
 



ピックアップ記事

  1. 江角マキコの年金未納問題が生んだ政治家への波紋
  2. 木根尚登の実家と家族(妻や娘)についてカミングアウト?!
  3. なべやかん…替え玉受験の真相と現在
  4. 三浦知良とりさ子…馴れ初めと田中律子との関係とは?
  5. 一色紗英…事件レベルと言われる交通違反の内容とは?!

関連記事

  1. 1980年代

    長者番付からわかる芸能人の年収(1984年度)

    ロサンゼルスオリンピックが開催され、く…

  2. 1980年代

    火野正平…多くの女性遍歴を重ねることができた理由とは?!

    今も昔も芸能ゴシップとして多いのが不倫…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links

最近の記事

  1. 鳳啓助…元嫁(鏡子)に勝手に離婚届を出されていた?!
  2. シャネルズ…なぜ2か月間も活動停止したのか?!
  3. 島田洋七…目薬と水虫薬を間違えて失明の危機に陥ったことがある…
  4. 左とん平…過去に賭博容疑で逮捕されたことがあった?!
  5. 大和田伸也…妻・五大路子との馴れ初めから結婚まで
  6. 池田満寿夫と佐藤陽子(バイオリニスト)の馴れ初めとは?!
  7. 和田アキ子…自然気胸を患って入院したことがある?!
  8. 三遊亭小圓遊(四代目)…食道静脈瘤破裂が原因で死去する
  9. 石橋貴明と野坂昭如は本番中にガチで喧嘩をしたことがある?!
  10. BOØWY(ボウイ)…解散宣言をした理由は何だったのか?!
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 1990年代

    渡瀬恒彦…伊豆の12億のペンションに雷が落ちる?!
  2. 1990年代

    太地喜和子…事故死の真相とは何だったのか?!
  3. 1990年代

    槇原敬之…逮捕(1999年)の理由と復活まで
  4. 1990年代

    泉ピン子と夫・武本憲重の隠し子問題の真相から現在の様子は?
  5. 1990年代

    野村貴仁(元巨人)年棒推移や結婚していた事実が発覚した件
PAGE TOP