1990年代

荻野目慶子…不倫相の映画監督が自殺して大スキャンダルに?!

不倫相手が自宅で首を吊って自殺…
そんな前代未聞のスキャンダルが起きたのは1990年4月のことでした。
「魔性の女」といわれた「荻野目慶子」さんに降りかかった消しても消せない過去です。

名前:荻野目慶子(おぎのめけいこ)
生年月日:1964年9月4日(54歳)
所属:女優
所属:フロム・ファーストプロダクション
出身:熊本県
学歴:昭和学院高等学校



Sponsored Links
 

1990年4月30日の午後4時過ぎ…
自宅に戻った荻野目慶子さん(当時25歳)は、台所で首を吊っている河合義隆監督(享年43歳)を発見します。
荻野目さんの電話によって駆けつけた警視庁成城署によると、河合監督は自殺で死時刻は4月30日午前4時でした。

新進の映画監督が人気女優と不倫の果てに首を吊るという絵に描いたようなゴシップ騒動…
荻野目さんは14歳の時の舞台「奇跡の人」で三重苦の難役ヘレン・ケラーを演じて天才少女と絶賛され、映画「南極物語」に抜擢され、可憐な演技で注目を集めた清純派でした。
ところが、この騒動でイメージもズタズタに…

警察の事情聴取で荻野目さんが「私から別れ話を持ち出したら“別れるくらいなら死にたい”と言った」と涙ながらに語ったことが報道されました。
しかし、会見は開かれず、荻野目さんの声は聞けないままだったのです。
ショックでコメントできる状態ではないという説明もありました。

荻野目さんと監督の出会いは1985年のドラマ「幕末青春グラフィティ・福沢諭吉」です。
監督は成城の夫人の実家で長男、義父母と暮らす、いわゆる“マスオさん”でした。

そんな河合監督が、一人暮らしを始めた荻野目さんのワンルームに転がり込んだのは、初監督した映画「幕末青春グラフィティ Ronin坂本竜馬」(1986年)が失敗に終わったのが原因です。
負債を抱えた上に、仕事もなくなって荻野目さん宅での同棲を選んだのです。

その後は荻野目さんが生活費をまかなうような日々に…
ついに荻野目さんは別れを切り出しましたが、河合監督は納得しませんでした。

自殺前、荻野目さんは2時間ドラマのロケで地方に出かけ、監督はクランクイン間近の映画「もうひとつの原宿物語」の脚本執筆で旅館に缶詰めとなり、帰宅して帰りを待っていました。

しかし、荻野目さんはロケが終わっても戻らず、絶望して監督が自殺したといわれたのです。
荻野目さんには出版関係の新恋人がおり二股をかけ、乗りかえようとした矢先の自殺だったとも言われました。

荻野目さんは2002年発表の自伝「女優の夜」で当時を告白しています。

監督が酒を飲んで荒れ、競馬にのめり込むような生活が続いた…
自殺願望を抱いた監督に雪山で心中させられそうになり、屋上から飛び降りるのをすがりついて止め、真夜中に自殺を予告する電話に悩まされた

そうして、この先、自分が生きていくには彼と別れなければと考えた挙句の別れだった、と言います。

それでも荻野目さんは事件の1カ月後には五社英雄監督の「陽炎」の出演が決定し、ヤクザに追われた男を一途に思う女を体当たりで演じました。

1年後には深作欣二監督「いつかギラギラする日」に出演…
その公開前に河合監督が撮影した“形見”のヘアヌード写真を「SURRENDER」として出版して話題になり、深作監督とは監督が前立腺がんで亡くなるまで不倫を続けました。
まさに魔性の女の面目躍如というところかもしれません。

その後の荻野目さんは、2012年12月31日には一般の男性と結婚…
最近でもテレビドラマ・木曜劇場「営業部長 吉良奈津子」(2016年・フジテレビ)や、水曜ミステリー9「黒星警部の密室捜査」(2015年・テレビ東京)などに出演するなど活躍しています。




Sponsored Links
 



ピックアップ記事

  1. 林家しん平と桂木文…離婚会見で海老名香葉子が理由を語る?!
  2. 真木蔵人…息子ノアの母親クリスへのDVから傷害容疑逮捕まで
  3. 大場久美子…破産や病気に立ち向かった日々
  4. 金原あすか…現在は「愛内りりあ」に名前を変えて活動中?!
  5. 武田久美子の元夫の職業は「ファイザー製薬」の営業マン?!

関連記事

  1. 1990年代

    長者番付からわかるスポーツ選手の年収(1995年度)

    ノルディックW杯複合個人で荻原健司さんが初の総…

  2. 1990年代

    美川憲一…90年代に起きた度重なる盗難被害の内訳

    本名は百瀬由一…この名前だけではわからないと思いますが、紅白では小…

  3. 1990年代

    伊東美咲…なぜ彼女は芸能界に復帰できないのか?!

    かなりの人気を得ながら、特に不祥事を起…

  4. 1990年代

    城達也…ジェットストリームの最終回で語った言葉とは?

    甘い声が魅力で「プラチナの低音」と呼ば…

  5. 1990年代

    具志堅ティナ…現在は専業主婦ですでに引退していた?!

    現在、30代くらいの人にとっては妙に懐かしい女…

  6. 1990年代

    貴乃花光司…角膜潰瘍を患って入院したことがある?!

    第65代横綱で日本相撲協会では理事や審…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links

最近の記事

  1. 山本譲二…妻の植木悦子との馴れ初めとは?!
  2. 松田聖子…デビュー5年目でも収入はとんでもなかった?!
  3. 牛島和彦…妻の光江との馴れ初めから結婚まで
  4. 八千草薫…メニエール病という病気を患ったことがある?!
  5. 具志堅用高…妻・香澄との馴れ初めから結婚まで
  6. 森繁和…妻・靖子との馴れ初めはファンレターだった?!
  7. 久米宏 …愛人が自殺未遂をして謹慎処分になったことがある?!…
  8. 倉田保昭…クラタスポーツ・スタジオを全国展開しようとしていた…
  9. ジャッキー佐藤とナンシー久美…ジャパン女子プロレスリング設立…
  10. 都はるみ…引退の理由は中村一好が関係していたのか?!
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 1980年代

    美川憲一…若い頃に薬物(大麻・覚せい剤)で逮捕されていた?!
  2. 1980年代

    朝加真由美…元夫・篠塚勝との馴れ初めとは?!
  3. 2000年代

    冠二郎が患った虚血性心不全とはどんな病気だったのか?!
  4. 1970年代

    ジョー山中の大麻事件と武勇伝について振り返る
  5. 1990年代

    田中義剛…嫁・舛澤佳子との馴れ初めと結婚秘話
PAGE TOP