1970年代

藤岡弘(仮面ライダー1号)と佐々木剛(仮面ライダー2号)のアクシデント

1970年代に一世を風靡した「仮面ライダー」を知らない人はいないのではないでしょうか。
2017年の9月3日からも「仮面ライダー・ビルド」の放送が予定されているように、今もリメーク版や関連シリーズが制作されています。

しかし1970年代、当時も子どもの間で変身ポーズのマネが大流行していたのですが、実は笑えないアクシデントにも見舞われていたのです。
仮面ライダー第1話の放送は71年4月3日…
シリーズ第1作に登場したライダー1号・本郷猛を演じたのは武道家としても名高い「藤岡弘丶」さんでした。

名前:藤岡弘、(ふじおかひろし)
本名:藤岡邦弘(ふじおかくにひろ)
出生:愛媛県上浮穴郡久万高原町
生年月日:1946年2月19日
職業:俳優、国際武道家、声優、歌手、ナレーター、タレント
備考:旧芸名は藤岡弘で最後の読点「、」がない



Sponsored Links

しかし実はシリーズ開始わずか13話でライダー1号は渡欧し、日本の守りをライダー2号に託すことになるのです。
この突然の交代劇がつまびらかになるのは、放送から28年後の1999年2月のこと…
藤岡さんがぶんか社から出した「仮面ライダー郷猛の真実」においてでした。

当時、武道の鍛錬を積んでいた藤岡さんは役に懸ける意気込みからスタントを使わず、自ら危険なアクションシーンを演じていました。
しかし4月からの放送を2カ月後に控える中、第9話と第10話のバイクの走行シーンを撮影中に事故は起こしてしまうのです。

藤岡さんが操るバイクが時速80キロを超えてコーナーに進入した時、突然タイヤがコントロールを失い、バイクは転倒…
バイクはアスファルトの上をすべり、藤岡さんは地面に叩きつけられたのです。
命が助かったのは武道の心得のある藤岡さんが最後まで目をつぶらず、頭部を守るために受け身を取ったためだったそうです。

しかし、藤岡さんの左足は骨がぐちゃぐちゃに折れて関節は逆側を向いていました。
腰に穴をあけ、大腿骨鉄の芯を入れるというベトナム戦争当時に考え出された医療技術を用いた手術が行われ、3ヶ月以上も病院のベッドの上から動けない状態となったのです。
そのため、4月3日のライダー初回放映を藤岡さんは悔しさいっぱいでベッドに横たわって眺めることになります。

主役の大事故に急きょ考え出されたのが、ライダー1号がショッカーを追って外国に渡り、2号ライダーを登場させるというストーリーでした。

ライダー2号には一文字隼人役に抜擢されたのは藤岡さんと俳優座で同期の佐々木剛さん…
当初、佐々木さんは「藤岡の主役を奪うようで嫌だ」と固辞し、番組プロデューサー平山亨さんが「彼を助けると思って引き受けてくれ」と頼み込み、登板が決まったのでした。
ライダー2号は独特の変身ポーズで人気となり、藤岡さんが復帰した後も度々ダブルライダーでゲスト出演して放送されました。

しかし、2号を演じた佐々木さんは1982年にストーブからの失火で全身に大やけどを負ってしまいます。
俳優の命ともいえる顔にも痕が残り、8カ月の入院生活後、俳優業を休止せざるを得なりました。

その後の佐々木さんはガードマン、古紙回収、網戸の張り替え、竿竹屋などの仕事に携わり、車の中で寝泊りするホームレス同然の生活まで経験したといいます。
しかし、佐々木さんは親友の俳優・石橋正次さんに誘われて1991年、俳優に復帰…
現在も舞台を中心に活動しています。

一方の藤岡さんですが、最近でも「仮面ライダー バトライド・ウォー創生」(2016年)や「仮面ライダーバトル ガンバライジング」(2016年)に出演するなど、俳優として活躍する一方、民間ボランティア団体の理事も務め、世界各国で救援活塾を展開しています。
ちなみに2015年には「ベストジーニスト2015(協議会選出部門)」を受賞しています。




Sponsored Links



ピックアップ記事

  1. 松平定知…タクシー運転手暴行事件の真相とはいかに?!
  2. 中川礼二の「生涯禁酒」宣言は何処に?
  3. 堤大二郎…ロケ中の自動車事故の真相とは?
  4. 吉永小百合…岡田太郎との結婚式の舞台裏
  5. 川中美幸…夫の覚醒剤所持での逮捕を受けて

関連記事

  1. 1970年代

    アグネス・ラムは現在もしっかりと稼いでいる?!

    ここ最近で話題を呼んだ黒船グラピアアイドルといえば、2006年に来日し…

  2. 1970年代

    高橋惠子が30数年前に舞台をすっぽかして逃避行した理由とは?

    テレビドラマ「太陽にほえろ!」(1972年~1974年)や「泣くな青春…

  3. 1970年代

    安西マリア…失踪事件と泥沼裁判の結果

    デピュー曲の「涙の太陽」が大ヒットし、レコード大賞新人賞を受賞した「安…

  4. 1970年代

    海原小浜の半生と孫のやすよ・ともこ

    上方漫才界の生き字引…1975年に「上方お笑い大賞」を受賞し、上方…

  5. 1970年代

    石橋蓮司と緑魔子…子供の名前が「阿礼」になった理由とは?

    1971年から1972年にかけて、芸能界ではちょっとした“未婚の母”ブ…

  6. 1970年代

    都はるみ…交際13年の末の結婚と離婚

    1964年の「困るのことヨ」で、デビュー…ヒットを連発し、大物演歌…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links

最近の記事

  1. 上原美優…遺書の内容は亡くなった母へ宛てたものだった?!
  2. 小林さやか(ビリギャル)の高校が名古屋の「愛知淑徳学園」で確…
  3. 高倉健…養女の名前「河野貴」(芸名:貴倉良子)が明らかになる…
  4. 白石小百合…退社理由は香水販売だけでなく「紺野あさ美」など同…
  5. 寺尾聰…范文雀との馴れ初めとスピード離婚
  6. 如月琉(37歳)…高校は「弘前高校」と発覚!本名は卒業アルバ…
  7. 及川奈央…現在は舞台女優として活躍中?!
  8. 本田美奈子…白血病が発覚するも移植する猶予もなく他界
  9. 栗城史多…登山家から批判された理由とは何だったのか?!
  10. 真田広之…手塚理美との離婚問題を振り返る
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

カレンダー

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

注目記事

Sponsored Links
  1. 1990年代

    麻倉未稀…ヘアヌード写真集を出したきっかけとは?
  2. 2000年代

    与沢翼…現在はドバイ在住で資産は30億円?!
  3. 1990年代

    大森玲子の不祥事から現在までの経緯を振り返る
  4. 1990年代

    林葉直子…失踪→ヘア写真集→中原誠永世名人との不倫まで振り返る
  5. 1970年代

    大信田礼子…都倉俊一との馴れ初めから結婚・離婚まで
PAGE TOP