1970年代

フィンガー5の現在…晃と正男は活動中で一夫は不動産会社を経営?!





SPEEDやMAXなど沖縄出身アイドルグループはたくさんいますが、「その元祖は?」…
と聞かれると、やはり「フィンガー5」なのではないでしょうか。

1973年8月リリースの「個人授業」に続き、「恋のダイヤル6700」、「学園天国」とミリオンセラーを連発して、一躍、人気者となったフィンガー5…
けれども1975年8月には一家全員で渡米してしまいました。




Sponsored Links

当時「2年で1億3000万円を稼いだ」といわれた人気グループの日本脱出作戦には様々な臆測が乱れ飛びました。

渡米計画は所属事務所が1975年7月以降のスケジュールを取らなくなったことから発覚したのです。
単なる観光や休暇ではなく永住も視野に入れ、音楽や踊りのレッスンを行うとともにアメリカ芸能ユニオンに加盟…
仕事があれば仕事を取る計画でした。

メンバーは長男の玉元一夫さん(当時19歳)以下、光男さん(当時17歳)、正男さん(当時16歳)と、年少者の晃さん(当時13歳)、妙子さん(当時12歳)の5人兄弟姉妹…
晃さんと妙子さんは義務教育があるため、地方興行を入れにくいなど芸能活動に制約がありました。
移住先のアメリカの労働規制が緩く、仕事が取りやすいためとの報道も流れたのです。

また、メインボーカルの晃さんの変声期が理由との声も出ました。
晃さんのハイトーンが出なくなったため、イメージチェンジを図る必要から、渡米するという話もあったのです。
この他にも同年5月で契約切れを迎える所属事務所からの独立問題が理由との噂も流れました。

渡米を前に一家は上智大学の外国人女子学生を先生に英語のレッスンを受け、英語の歌詞の発音を直してもらうなどの準備を進めていました。
8月の「さよならコンサートツアー」では、正男さんが虫垂炎(ちゅうすいえん)で倒れるなど、波乱が起きましたが、一家は無事に8月25日に旅立ったのです。

アメリカではハリウッドやショーの見学や、黒人教師について音楽と踊り本格的に学ぶなどの活動を行い、10月にアメリカの芸能ユニオンに加盟…
しかし、目立った活動はできないまま、同月下旬に一夫さんがグループを脱退して単身帰国しています。

一夫さんはその後、不動産会社に入社…
父親の玉元松市氏は一夫さんが入社した会社に投資して会長に就任しました。
一夫さんが抜けた穴には、いとこの具志堅実さん(当時8歳)が加入しています。

その後、アメリカ滞在中の1975年11月に「帰ってくるよ」をリリース…
翌1976年2月9日に帰国しました。

アメリカ滞在費用は2000万円を超えたといいます。
帰国第1弾の新曲「ジェット・マシーン」は舞台衣装と編曲をアメリカ黒人編曲家が担当し、ブラックミュージック路線を意識したものとなりました。

もっとも、以前のような大ヒットとはならず…
費用だけがかかり、ブランクがあいたアメリカ留学が人気低迷の原因ともっぱらの噂でした。
結局、1978年6月リリースの「悩ませないで」を最後に実質的に解散したのです。

1980年には光男さん、正男さん、晃さんの3人が「ザ·フィンガーズ」として再デビュー…
長髪に口ひげというロックミュージシャンスタイルへとイメチェンしましたが、大きな話題にはなりませんでした。

ただ、2003年の「The 30th Anniversary!!」では、兄弟姉妹5人揃ってのフィンガー5を再結成…
全国から大勢のファンが集まったのです。

その後、不動産会社の経営者となった一夫さんは、バブル崩壊で58億円を背負うこととなりますが、これを完済…
しかし、1996年10月に脳内出血で倒れ左半身麻痺の後遺症が残り、車椅子や杖つきでの生活となりました。

この障害者となった経験を活かして、バリアフリー社会の実現を訴えていた一夫さん…
2001年参院選に出馬しましたが落選しています。

次男の光男さんは活動休止後に美容師の免許を取得…
修行時には西東京市の理髪店で務め、現在も美容師として活躍しています。

三男の正男さん都内の建設会社で大工として働き、その後は沖縄料理店を経営しています。
また、音楽活動も行っています。

四男の晃さんは正男さんと同じ建築会社で大工を経験した後、営業職に転向…
退職した後はT.AKIRAとして、また江木俊夫さん、あいざき進也さん、狩人の高道さんと共に結成したs4として、現在も音楽活動を続けています。

晃さんは現在も芸能活動を継続…
正男さんも料理店経営のかたわらライブを行っています。

次女の妙子さんは現在は専業主婦になっています。




Sponsored Links



ピックアップ記事

  1. 石嶺香織(宮古島市議)経歴とフェイスブックの炎上コメント
  2. 多岐川裕美…元夫・阿知波信介との婚約発表会見とその後
  3. 鬼束ちひろ…病気休業から現在までの軌跡
  4. 神田正輝…岩に肩をぶつけて全治2ヵ月のケガを負う?!
  5. 堤さやか…衝撃の引退理由と現在は何をしている?!

関連記事

  1. 1970年代

    梅宮辰夫…クラウディア夫人と意外な馴れ初めとは?

    今や俳優というより料理好きのバラエティ…

  2. 1970年代

    岸恵子…フランス人映画監督と結婚から離婚まで

    「まんが日本昔ばなし」が毎日放送系で開…

  3. 1970年代

    八代英太…転落事故と畠山みどりの関係とは一体?!

    本名は前島英三郎…元は歌謡ショーの司会者と…

  4. 1970年代

    萩本欽一…奥さんとの馴れ初めが感動する件

    日本野球連盟茨城ゴールデンゴールズの初…

  5. 1970年代

    さだまさし…相方の吉田正美と「グレープ」を解散する

    さだまさしさんがバイオリン、と吉田正美(現・吉…

  6. 1970年代

    今陽子…「ピンキラ脱退」から現在の活動まで

    日本のボサ・ノヴァバンド…女性1人に男性4…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links

最近の記事

  1. 牛島和彦…妻の光江との馴れ初めから結婚まで
  2. 八千草薫…メニエール病という病気を患ったことがある?!
  3. 具志堅用高…妻・香澄との馴れ初めから結婚まで
  4. 森繁和…妻・靖子との馴れ初めはファンレターだった?!
  5. 久米宏 …愛人が自殺未遂をして謹慎処分になったことがある?!…
  6. 倉田保昭…クラタスポーツ・スタジオを全国展開しようとしていた…
  7. ジャッキー佐藤とナンシー久美…ジャパン女子プロレスリング設立…
  8. 都はるみ…引退の理由は中村一好が関係していたのか?!
  9. 竹中直人と美保純が過去に熱愛宣言をしていた件
  10. 木の実ナナの妹・木の実まこの結婚秘話とは?!
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 2000年代

    西城秀樹…若い頃に20代の一般女性に求婚していた?!
  2. 2000年代

    モエヤン…現在は解散して池辺は「水曜日のダウンタウン」出てた?!
  3. 1980年代

    西山浩司…萩本欽一に田中裕子との交際を伝えていたことがある?!
  4. 1970年代

    泉谷しげる…過激な発言で番組を打ち切りに追い込む?!
  5. 2000年代

    浜崎あゆみ…結婚相手マニュエル・シュワルツとの電撃離婚の裏側
PAGE TOP