1970年代

玉元光男…妻の牧野由美子との馴れ初めから結婚まで




 

沖縄のテレビ番組のコンテストで優勝した後、1969年には一家で東京都東村山市に移住。
その後は売れない日々が続きましたが、「恋のダイヤル6700」(1973年)や「学園天国」(1974年)などが大ヒットし、一躍スターダムにのし上がった「フィンガー5」。

そんなフィンガー5のメンバーで、ドラムスとコーラスを担当していたのが、次男の「玉元光男」さんでした。
また、プライベートでは、1979年に当時、女子大生だった牧野由美子さんと結婚しています。
果たして、二人の馴れ初めとはどのようなものだったのでしょうか。

玉元光男

名前:玉元光男(たまもとみつお)
生年月日:1957年2月3日(62歳)
職業:元ミュージシャン、美容師
出身:沖縄県具志川市(現:うるま市)




Sponsored Links
 

フィンガー5の次男・玉元光男さん(当時22歳)と、繊維会社の社長令嬢で当時は共立女子大4年生だった牧野由美子(当時22歳)が、結婚したのは1979年10月8日のことでした。

二人の出会いはフィンガー5がデビューした1972年。
由美子さんが高校1年生の時に、フィンガー5ファンだった友人につれられて東村山の家を訪ねたことがきっかけです。

しかし、その時の由美子さんは熱烈なフィンガー5のファンと言うわけではなく、

一夫さん(長男で当時のグループのマネージャー)の方がカッコイイと思った程度です。

と、光男さんと出会った時の印象を語っています。

光男さんも、

印象は希薄でした。

と語るなど、お互いにそれほど強烈な印象はありませんでした。

関係が深くなるのは、由美子さんが友人以上にフィンガー5のファンになり、舞台を見たり東村山を住復するようになってからのことです。
1年もしない間に「光男兄ちゃん」、「ヒヨコ」(由美子さんのあだ名)と呼び合うほどの仲になりました。

光男兄ちゃんは、私に決して嘘を言わないの。誠実さが一番の魅力でした。結婚を意識したのは、アメリカから帰って来た4年ほど前でした。

と語った由美子さん。

光男さんも、

すごく気が付くし、俺に優しくしてくれて…1年前から結婚を意識しました。

とコメントしたのです。

プロボーズは1979年の5月、光男さんから切り出しました。
「プロボーズされる自信がなかった」と言う由美子さんは、大感激でコックリと頷(うなづ)いたのです。

ただ、その時までは二人っきりの写真も無かった光男さんと由美子さん。
8月3日の由美子さんの誕生日に、新宿で初めて二人で写真を撮りました。

また、この日は光男さんからプレゼントもあったのです。
婚約指輪でした。

「どんなに高くてもいいんだよ」というのに、彼女が気に入ったのは24,500円のルビーでした。

と光男さんはこの時のことを振り返っています。

二人だけの婚約はこれで済みましたが、大変だったのが光男さんの家族への報告です。
光男さんは自分では「照れくさい」と、由美子さんと手分けして兄弟姉妹に説明することにしましたが、結局は全員、由美子さんが報告して回ったのです。

その報せを受けた三男の正男さん(当時20歳)は、

良かった。結婚と人気、関係ないよ。

と語り、四男・晃さん(当時18歳)は、

光男兄貴にファンいないから大丈夫。いても俺のファンになるよ。

とコメント。
最後に長女の妙子さん(当時17歳)は、

待った甲斐があったわね、私もこの日を待ってたのよ。

とみんな大賛成だったのです。

もちろん、両親も祝福してくれました。
と言うのも、台所を手伝う由美子さんが、光男さんの好きな食べ物のメモを取っていることを知っていたからです。

メモには光男さんが「美味い」といった料理は◎、だまって美味そうに食べたものは○、以下△、✕と書かれていました。
次男坊で、のんびり屋の光男さんに相応しい花嫁だと両親も絶賛していたのです。

挙式は1979年10月8日に、光男さんの中学時代の校長夫妻の媒酌でヒルトンホテルで行われました。
二人は結婚した後も「お兄ちゃん」、「ヒヨコ」と呼び合っていたのです。




Sponsored Links
 



ピックアップ記事

  1. RENA(格闘家)の結婚相手とは一体?!
  2. 藤澤恵麻…一般男性との馴れ初めから結婚秘話までを公開!?
  3. 今陽子…「ピンキラ脱退」から現在の活動まで
  4. 4代目・林家小染…事故現場と死因は何だったのか?!
  5. 長者番付からわかる芸能人の年収(2002年度)

関連記事

  1. 1970年代

    寺尾聰…范文雀との馴れ初めとスピード離婚

    1974年11月15日、寺尾聰さん(当…

  2. 1970年代

    倍賞美津子とアントニオ猪木の馴れ初めから離婚まで…

    最近でも「君に捧げるエンブレム」(20…

  3. 1970年代

    立川談志…政治家時代とヘベレケ会見

    2011年11月21日に75歳で死去し…

  4. 1970年代

    長者番付からわかる芸能人の年収(1976年度)

    モントリオール五輪開催され、「およげ!…

  5. 1970年代

    八代英太…転落事故と畠山みどりの関係とは一体?!

    本名は前島英三郎…元は歌謡ショーの司会者と…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links

最近の記事

  1. 鳳啓助…元嫁(鏡子)に勝手に離婚届を出されていた?!
  2. シャネルズ…なぜ2か月間も活動停止したのか?!
  3. 島田洋七…目薬と水虫薬を間違えて失明の危機に陥ったことがある…
  4. 左とん平…過去に賭博容疑で逮捕されたことがあった?!
  5. 大和田伸也…妻・五大路子との馴れ初めから結婚まで
  6. 池田満寿夫と佐藤陽子(バイオリニスト)の馴れ初めとは?!
  7. 和田アキ子…自然気胸を患って入院したことがある?!
  8. 三遊亭小圓遊(四代目)…食道静脈瘤破裂が原因で死去する
  9. 石橋貴明と野坂昭如は本番中にガチで喧嘩をしたことがある?!
  10. BOØWY(ボウイ)…解散宣言をした理由は何だったのか?!
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 1970年代

    加山雄三…父・上原謙と共にホテルの経営破たんに頭を悩ませた日々
  2. 1980年代

    アンルイス…元旦那・桑名正博との電撃結婚と離婚
  3. 1980年代

    夏樹陽子…反対を押し切った結婚から泥沼離婚へ
  4. 1960年代

    佐藤慶の「一夫多妻宣言」とは何だったのか?
  5. 1990年代

    有賀さつき…山崎直樹社長の不倫の結末とは如何に?!
PAGE TOP