1970年代

柴俊夫…嫁の真野響子との馴れ初めや結婚会見のサプライズとは?!




 

テレビドラマ「いのち燃ゆ」や「シルバー仮面」などに出演していた俳優で歌手の「柴俊夫」さん。
また、同じくテレビドラマ「御宿かわせみ」や「ちゅらさん」などに出演していた女優の「真野響子」さん。

そんな2人が入籍・結婚発表記者会見を行ったのは、1979年12月21日のことでした。
2年半の交際を重ねた柴さん(当時32歳)と真野さん(当時27歳)、2人の入籍・結婚発表記者会見はどのようなものだったのでしょうか?

名前:柴俊夫(しばとしお)
本名:柴本俊夫(しばもととしお)
生年月日:1947年4月27日(71歳)
職業:俳優、歌手、司会者
所属:ケイダッシュ
出身:東京都台東区鳥越
学歴:獨協大学(中退)

 

名前:真野響子(まやきょうこ)
本名:柴本苑子(しばもとそのこ)
生年月日:1952年2月9日(67歳)
職業:女優
所属:石井光三オフィス
出身:東京都港区麻布
学歴:桐朋学園大学短期大学部演劇科




Sponsored Links
 

柴俊夫さんと真野響子さんは1979年12月21日の午前11時頃、東京都港区役所麻布支所に連れ立って現われ、婚姻届を済ませました。
そして、その1時間後には東京プリンスホテル・ゴールデンカップの間で結婚発表記者会見を行ったのです。

当日の柴さんはグレーのダブルのスーツを着用し、真野さんは黒のワンピースでスミレのブーケを持って、にこやかに報道陣の前へ姿を見せました。

実は2人の結婚は時間の問題で、柴さんのマンションへ出入りする真野さんがこれまでにも何度か目撃されていたのです。
馴れ初めは1977年から放送されたテレビドラマ「さわやかな男」で、ここで共演したのがきっかけでした。
しかし、慌ただしい年末の入籍は予想外でもあったのです。

これには早く正式な形で結婚したいと考えた柴さんが「籍を入れた日にぜひ公表したい」と望んだからです。

今さら婚約発表はテレ臭かったし、彼女といっしょに住んで、堂々と旅行もしたいと思ったからです。2年間の交際中にはケンカもしましたが、気持ちは通じていたので不安はなかった。

と語る柴さん。

むしろ迷いがあったのは真野さんの方で、2年半の間、別れずに付き合えたことでようやく結婚が実現してのです。

彼と一生を共にできるかどうか、不安もありましたが、短所も含めて彼の人柄の全てに惹かれたんです。きっと浮気もしないでしょう。彼ってクソ真面目なのよ。

そう言われて、柴さんは苦笑。

私が煮え切らなくて、嫌な噂も立てられたけど、これからは仕事を続けながら主婦業も人並みにやれるように、ベストを尽します。子どもも沢山欲しいわ。

とコメントしました。

過去にはテレビのインタビューで「ここ2、3年は天中殺だから結婚は…」と言っていた真野さんでしたが、占ってもらったら12月18、21、26日が吉日だと言われて、ちょうど2人のスケジュールが空いてる21日に決めたのだと言います。

夫婦生活に関しては柴さんがこう語りました。

お互いに労わり合うつもりです。亭主関白とか女上位じゃなくフィフティ·フィフティでやっていかないと…

そうして記者会見の席上で、柴さんが「実は彼女に内緒でダイヤの結婚指輪を買いました」と明かすと、真野さんは「え、本当!」とこのサプライズに大喜ぴ。
こうして2人は喜びの結婚記者会見を終えたのです。

2人の交際を当初から見守ってきた落語家の桂小金治さんは、

長い交際にピリオドが打てて本当に良かった。12月19日、2人で僕の家に報告に来たけど、変な話、嬉しくて僕の方が頭を下げちゃいましたよ。「離婚だけはしないでくれ」と念を押しました。

と語り、小金治夫人の良子さんも、

響子ちゃんは私に「結婚したら仕事を辞めたい」と言ってましたが、柴君の方「辞めない方がいい。家庭に入る時期が来るまで頑張ってはどうか」と積極的にすすめていたんです。今度の発表の3日ほど前、私が響子ちゃんに象牙のペンダントを幸福のお守りにあげたら、当日の晩に電話がかかって「おかげさまで幸せになれそう。記者会見の最中もペンダントにさわって高ぶる気持ちを抑えていたの」って、泣いてました。

友人代表でもある西田敏行さんは、

酒の席では松崎しげるたちと「早く結婚しろ」とハッパかけてたが、秘中の秘で電撃的にコトを運んだらしい。初めの頃は飲んでも「帰る帰る」とソノちゃん(真野さんの本名は苑子)に気を使ってたが、最近また彼は付き合いが良くなってねえ。ははあ、彼女も男の世界を理解するようになったな、これはうまくいってる証拠と見てたんだ。松崎や僕のプロデュースで、盛大にお祝いの会をやらなくちゃ。

とコメントしています。

1983年10月18日には長女で女優の柴本幸(しばもとゆき)さんが生まれ、彼女もテレビドラマ「風林火山」や「鹿男あをによし」などに出演し、両親と同じく女優の道をたどっています。




Sponsored Links
 



ピックアップ記事

  1. 高見恭子…元夫(松原正裕)とのスピード離婚の理由とは?!
  2. 長者番付からわかる芸能人の年収(2002年度)
  3. 加藤紗里(27歳)の出身高校は広島の「安田女子高校」
  4. 山崎方正は「第一種情報処理技術者試験」に合格している?!
  5. 川中美幸…夫の覚醒剤所持での逮捕を受けて

関連記事

  1. 1970年代

    舟木一夫…失踪と自殺未遂を経て現在に至る

    橋幸夫さん、西郷輝彦さんとともに“御三家”と呼…

  2. 1970年代

    浅田美代子と吉田拓郎…馴れ初めと森下愛子との関係とは?

    TBS系で放送されていた連続ドラマ「時間ですよ…

  3. 1970年代

    岩城滉一のバイク・車好きは「クールス」時代の影響?!

    デビュー前は舘さんがリーダーの原宿・表参道を拠…

  4. 1970年代

    大原麗子と渡瀬恒彦の離婚理由は「嫁姑の確執」?!

    1978年、バレンタインデーの2月14日、マス…

  5. 1970年代

    長者番付からわかるスポーツ選手の年収(1978年度)

    植村直己さんが世界初の単独北極点到達し、青木功…

  6. 1970年代

    和田アキ子…最初の結婚相手との離婚理由とは?

    「私がかわいい女じゃなかったということ」……

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links

最近の記事

  1. 桑田佳祐と原由子…子供「祐宜」の出産秘話とは?!
  2. 新田恵利…熱海の家は「伊豆山エリア」or「多賀・網代エリア」…
  3. 紺野美沙子…息子は慶應義塾大学を卒業している?!
  4. 金村義明…息子がキャディを始めたワケとは一体?!
  5. 紺野ぶるま…旦那はオードリー若林似の会社員?!
  6. 佐藤二朗…嫁のルミは息子に「オジサンみたい」と言われたことが…
  7. 清貴…LGBTをカミングアウトして本来の自分を取り戻す?!
  8. つちやかおり…娘(次女)は病気を乗り越えグラフィックを学んで…
  9. 山本譲二…交通事故で全治2ヵ月の重傷を負ったことがある?!
  10. 古尾谷雅人の息子・高藤疾土は父親の名前で再び役者を志す?!
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 2000年代

    桂三木助(4代目)…自殺の原因(理由)は何だったのか?
  2. 2000年代

    金原あすか…現在は「愛内りりあ」に名前を変えて活動中?!
  3. 1990年代

    伊丹十三…死因の真相は本当に写真週刊誌が原因だったのか?!
  4. 1970年代

    長者番付からわかる芸能人の年収(1976年度)
  5. 1960年代

    橋幸夫…軍刀(サーベル)を持った男に切りつけられる?!
PAGE TOP