2000年代

アジャコング(えりかちゃん)の意外な現在の姿とは?!




 

1986年9月25日に秋田県男鹿市体育館の対豊田記代戦でデビューした「アジャコング」さん。
女子プロレスラーとして一世風靡した彼女は、可愛らしい本名「江利花(えりか)ちゃん」からは想像ができない100kgを超える体重から繰り出すパワフルなファイトが特徴でもありました。

名前:アジャ・コング
本名:宍戸江利花(ししどえりか)
生年月日:1970年9月25日(48歳)
職業:女子プロレスラー、女優、タレント
所属:OZアカデミー女子プロレス、WAHAHA本舗
出身:東京都立川市




Sponsored Links
 

アジャコングさんは、父親がアフリカ系アメリカ人で母親が日本人の両親の下で生まれました。
本名である「江利花(えりか)」という名前は、父親がエリカ属(ツツジ科の植物の属)の花から命名したそうです。

父親が幼少時に父が突然、本国召還されたため離別を余儀なくされ、母子家庭に育ち(母は父との関係から親戚全てから絶縁されていました)、中学卒業まで深刻なイジメに悩み続けていました。
プロレスの世界で強くなろうとしたのは、少なからずイジメの影響があったのです。

当時女子プロレス界では、長与千種さんとライオネス飛鳥さんのタッグチームである「クラッシュギャルズ」が大全盛…
高校へ行ってもイジメが続くのかとか悩んでいたアジャコングさんは、ダンプ松本さんに立ち向かっていくクラッシュギャルズを見て、「この世界に入れば自分も報われるかもしれない」と思い、中学卒業後に全日本女子プロレス入門しました。

そうして1986年9月25日には対豊田記代戦でデビュー…
対抗戦ブームの頃には同期対決で活躍したのです。

しかし、1990年に母親が肝臓癌で亡くなるという事態に見舞われてしまいます…
アジャコングさんはその悲しみをバネに一層奮起することになりました。

1997年には全日本女子プロレスを退団し、フリーランスに…
2000年代はハッスルなどの男子プロレスにも活動領域を広げ、2007年にはOZアカデミー認定無差別級初代王者決定トーナメントで初代女王にも輝きました。

一方でタレントとしても活動しており、清涼飲料水「きりり」のCMで瀬戸朝香さんと共演したり、映画「自虐の詩」に主人公の親友「熊本さん」役で出演しています。

ちなみに、この頃の月収は最高で1200万くらいだったとか…
全日本女子プロレス時代の基本給が18万から考えると、まさに破格です。

2010年7月にはタレントとしてWAHAHA本舗へ移籍…
劇団本公演へ出演したり、老人介護の闇を暴く映画「老獄/OLD PRISON」で主演の看護婦役に抜擢されたりと、プロレスラーに加え、タレント・女優としても活躍しました。

そんなアジャコングさんの現在といえば、40代後半にして未だプロレスラーとして活動しています。
OZアカデミー女子プロレスに所属し、2016年7月には後楽園ホールにて「アジャコング30周年記念興行~SUMMER JUMBO 寿~」が開催されました。

2017年12月21日のブログでも、

路上プロレスしてきましたヽ(・ω・)人(´∀`)ノ
オフィシャルなのにblog全然更新しなくてゴメンなさい(m´・ω・`)m

とコメントし、未だに現役であることがわかります。
きっとこれからもプロレスラーとタレント、女優など様々な活動を続けていくのでしょう。




Sponsored Links
 



ピックアップ記事

  1. 石井裕也(映画監督)…満島ひかりの離婚原因と相楽樹の馴れ初めは何だったのか?
  2. 志尊淳は韓国人?本名の由来は実は〇〇だった?!
  3. 池谷幸雄…離婚理由は「吉元潤子アナウンサー」?!
  4. さだまさし…相方の吉田正美と「グレープ」を解散する
  5. お箸マニア・三井和典(みついがずすけ)は四季彩堂のブランド青任者?!

関連記事

  1. 2000年代

    葛城ユキ…事故の経緯と現在までを振り返る

    パワフルなハスキーボイスが人気を呼び、…

  2. 2000年代

    菅原文太…転移性肝がんによる「肝不全」で亡くなる

    代表作はでもある映画「仁義なき戦い」や「トラッ…

  3. 2000年代

    長者番付からわかる芸能人の年収(2002年度)

    ソルトレイクシティオリンピックが開幕し、小柴昌…

  4. 2000年代

    松坂慶子…50歳にしてヌード写真集を出版したワケとは?

    TBS系のドラマ「水中花」(1979年)で妖艶…

  5. 2000年代

    ゆりもり(年齢33歳)…大食いだけじゃない意外な素顔とは?!

    群馬県出身の美人フードファイター「ゆりもり」こ…

  6. 2000年代

    川田裕美…「結婚して旦那がいる」という話が完全にガセ?!

    元・読売テレビアナウンサーで、現在はフリーの「…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links
Sponsored Links

最近の記事

  1. 畑中葉子…檀雄二とのスピード離婚の理由は「お金」だった?!
  2. 克美しげる…愛人(岡田裕子)絞殺事件の服役を終えて語ったこと…
  3. 太田博之…監禁・強要の容疑で逮捕されていた?!
  4. ビートたけし…元マネージャーが大麻所持で逮捕される?!
  5. 光GENJIの山本淳一と赤坂晃はドームコンサート帰りに事故に…
  6. コロッケ(ものまね)…嫁の辻真理子と子持ち再婚していた?!
  7. BUCK-TICK…今井寿(ギター)逮捕の真相とは一体?!
  8. 山下泰裕…引退会見で「結婚願望」を語る?!
  9. 東てる美…元旦那の山辺信雄と23歳差で結婚する?!
  10. 仁藤優子…喉が不調となった原因とは何だったのか?
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

注目記事

Sponsored Links
  1. 1980年代

    コロッケ(ものまね)…嫁の辻真理子と子持ち再婚していた?!
  2. 1990年代

    勝新太郎…マリファナとコカイン不法所持で現行犯逮捕!?
  3. 2000年代

    西野翔…現在はDJやコスプレイヤー(Aira)としても活躍中?!
  4. 2000年代

    鈴木ちなみ…大学はどこって「立教大学 異文化コミュニケーション学部」?!
  5. 1980年代

    永井真理子は現在もずっとミュージシャンとして活動中!
PAGE TOP