2000年代

アジャコング(えりかちゃん)の意外な現在の姿とは?!

1986年9月25日に秋田県男鹿市体育館の対豊田記代戦でデビューした「アジャコング」さん。
女子プロレスラーとして一世風靡した彼女は、可愛らしい本名「江利花(えりか)ちゃん」からは想像ができない100kgを超える体重から繰り出すパワフルなファイトが特徴でもありました。

名前:アジャ・コング
本名:宍戸江利花(ししどえりか)
生年月日:1970年9月25日(47歳)
職業:女子プロレスラー、女優、タレント
所属:OZアカデミー女子プロレス、WAHAHA本舗
出身:東京都立川市




Sponsored Links
 

アジャコングさんは、父親がアフリカ系アメリカ人で母親が日本人の両親の元で生まれました。
本名である「江利花(えりか)」という名前は、父親がエリカ属(ツツジ科の植物の属)の花から命名したそうです。

父親が幼少時に父が突然、本国召還されたため離別を余儀なくされ、母子家庭に育ち(母は父との関係から親戚全てから絶縁されていました)、中学卒業まで深刻なイジメに悩み続けていました。
プロレスの世界で強くなろうとしたのは、少なからずイジメの影響がありました。

当時、長与千種さんとライオネス飛鳥さんのタッグチームである「クラッシュギャルズ」が大全盛…
高校行ってもイジメが続くのかとか悩んでいたアジャコングさんは、ダンプ松本さんに立ち向かっていくクラッシュギャルズを見て、「この世界に入れば自分も報われるかもしれない」と思い、中卒後に全日本女子プロレス入門しました。

そうして1986年9月25日には対豊田記代戦でデビュー…
対抗戦ブームの頃には同期対決で活躍したのです。

しかし、1990年に母親が肝臓癌で亡くなるという事態に見舞われてしまいます…
アジャコングさんはその悲しみをバネに一層奮起することになりました。

1997年には全日本女子プロレスを退団し、フリーランスに…
2000年代はハッスルなどの男子プロレスにも活動領域を広げ、2007年にはOZアカデミー認定無差別級初代王者決定トーナメントで初代女王にも輝きました。

一方でタレントとしても活動しており、清涼飲料水「きりり」のCMで瀬戸朝香さんと共演したり、映画「自虐の詩」に主人公の親友「熊本さん」役で出演しています。
ちなみに、この頃の月収は最高で1200万くらいだったとか…
全日本女子プロレス時代の基本給が18万から考えると、まさに破格です。

2010年7月にはタレントとしてWAHAHA本舗へ移籍…
劇団本公演へ出演したり、老人介護の闇を暴く映画「老獄/OLD PRISON」で主演の看護婦役に抜擢されたりと、プロレスラーに加え、タレント・女優としても活躍しました。

そんなアジャコングさんの現在といえば、40代後半にして未だプロレスラーとして活動しています。
OZアカデミー女子プロレスに所属し、2016年7月には後楽園ホールにて「アジャコング30周年記念興行~SUMMER JUMBO 寿~」が開催されました。

2017年12月21日のブログでも、

路上プロレスしてきましたヽ(・ω・)人(´∀`)ノ
オフィシャルなのにblog全然更新しなくてゴメンなさい(m´・ω・`)m

とコメントし、未だに現役であることがわかります。
きっとこれからもプロレスラーとタレント、女優など様々な活動を続けていくのでしょう。




Sponsored Links
 



ピックアップ記事

  1. 穂積隆信…「積木くずし」と試練の人生から現在まで
  2. 東城誠の年齢や本名…それに名言が意味不明スギル件!
  3. 森脇和成の結婚や離婚・子供など現在まで色々とあった件
  4. 吉村明宏…現在の活動と干された理由を振り返ってみる?!
  5. 大橋巨泉…パイプカット宣言の裏側には何があったのか?!

関連記事

  1. 2000年代

    鈴木亜美…事務所トラブルの原因は何だったのか?

    小室哲哉プロデュースで1998年2月に歌手デビュー…「あみ~ゴ」の…

  2. 2000年代

    押尾学事件から2017年現在までの経緯

    2009年8月2日午後9時19分、六本木ヒルズの高級マンションから11…

  3. 2000年代

    水野美紀…独立した理由は何だったのか?!

    「水野美紀」さんの人生は最初から波乱に満ちていました。自伝によると…

  4. 2000年代

    藤村シシン…大学とtwitter(ツイッター)でわかる人柄

    紀元前8世紀、古代ギリシャに人生を捧げた女性…「藤村シシン」さんを…

  5. 2000年代

    えなこ(本名:川橋つばさ)は実は結婚している?!

    コスプレイヤーで歌手、声優としても活躍している「えなこ」さん。元々…

  6. 2000年代

    菊川怜「とくダネ!」卒業後の女性司会者って誰?

    フジテレビ系「とくダネ!」の女性司会者として、また東京大学を卒業してい…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links

最近の記事

  1. 上原美優…遺書の内容は亡くなった母へ宛てたものだった?!
  2. 小林さやか(ビリギャル)の高校が名古屋の「愛知淑徳学園」で確…
  3. 高倉健…養女の名前「河野貴」(芸名:貴倉良子)が明らかになる…
  4. 白石小百合…退社理由は香水販売だけでなく「紺野あさ美」など同…
  5. 寺尾聰…范文雀との馴れ初めとスピード離婚
  6. 如月琉(37歳)…高校は「弘前高校」と発覚!本名は卒業アルバ…
  7. 及川奈央…現在は舞台女優として活躍中?!
  8. 本田美奈子…白血病が発覚するも移植する猶予もなく他界
  9. 栗城史多…登山家から批判された理由とは何だったのか?!
  10. 真田広之…手塚理美との離婚問題を振り返る
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

カレンダー

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

注目記事

Sponsored Links
  1. 1970年代

    ちあきなおみ…現在も夫・郷鍈治(ごうえいじ)との死別により活動休止
  2. 1990年代

    酒井法子と野島伸司の熱愛から破局…その原因とは?
  3. 1990年代

    山咲千里…銀座ホステスを経て現在は何してる?!
  4. 2000年代

    里谷多英…公然わいせつ事件から現在まで
  5. 1970年代

    海原千里・万里の上沼恵美子の電撃結婚と解散
PAGE TOP