1990年代

「加勢大周」は都内でバーテンダー・「新加勢大周」はパーソナルジム

当時、人気俳優だった加勢大周さん(当時23歳)の旧所属事務所が「新加勢大周」と名乗る新人をデビューさせるという珍事があったのは1993年のことでした。
その背景にあったのは2年以上にわたって揉めた独立問題だったのです。

名前:加勢大周(かせたいしゅう)
本名:川本伸博(かわもとのぶひろ)
生年月日:1969年12月29日
職業:元俳優、バーテンダー
出身:北海道函館市
学歴:東京都立玉川高等学校



Sponsored Links

1993年7月7日、甘いマスク、黒いタンクトップで筋肉質のカラダを見せつけるかのような22歳の若者が記者会見に臨みました。
セッティングしたのは芸能プロダクション「インターフェイスプロジェクト」の竹内健晋社長です。
記者会見は、この新人タレントのデビュ―会見でした。

元所属タレントの加勢大周との確執で渦中の人となっていた竹内社長が開く会見だけに、200人を超える記者が詰め掛け、テレピ中継も行われました。
新人タレントの芸名が発表されると、会場にどよめきが起こります…
なぜなら名前が「新加勢大周」だったからです。

この芸名について記者団の質問が飛ぶと、社長は「加勢大周の名は絶対に渡さん」と叫ぶがごとくコメント…
一方、新人タレント本人は「困惑じています」とポツリと語るのみ。
今なお、語り草となっている異例の珍会見でした。

そもそも本来の加勢大周さんはバイト先の居酒屋で竹内社長にスカウトされ、1990年に桑田佳祐監督の映画「稲村ジェーン」にいきなり主演し俳優デビュー…
続けざまに「学校へ行こう!」、「ADブギ」などのドラマで人気を博し、吉田栄作さん、織田裕二さんと共に「トレンディーご三家」といわれるまでに上り詰めた人物です

だが、そんな加勢さんは事務所とトラブルになるのです。
1991年6月、加勢さんは実母を社長にした芸能事務所「フラップ・プロモーション」を設立…
「インターフェイスプロジェクト」から移籍しました。

旧事務所側は、この移籍が契約違反だと主張し、加勢さんの芸名使用と芸能活動の禁止…
損害賠償などを要求し、さらに同年8月には東京地裁に提訴しました。

一方、加勢さん側から給料が月22万5000円という薄給だったとの情報がメディアに流れます。
旧事務所側は「それは本俸だけ。別に年間2100万円ほどの歩合部分のボーナスがあった。」と給与明細を示し、事態は泥仕合になりました。

1992年3月、東京地蒙「加勢大周」の芸名使用禁止の判決を下すと、加勢さん側は控訴…
1993年6月、東京高裁で今度は加勢さん側の逆転勝訴となったのです。

冒頭の記者会見はこの判決の直後のタイミングでした…
芸名使用が認められた「加勢大周」に対抗し、旧事務所は「新加勢大周」という新人をデビューさせる前代未聞の策に出たのです。

ところが、直後に芸名使用に関して両者で和解が成立し、7月27日、今度は「新加勢大周」の改名記者会見が開かれ、わずか20日で「坂本一生」と名を変えることになりました。

その後の元祖の加勢大周さんは、このスキャンダルが尾を引き低迷…
2008年10月に覚醒剤と大麻所持で逮捕され、芸能界を引退しました。
その後、2011年時点は都内のとある繁華街から少し離れたビルにある地下のバーでバーテンダーとして働いているそうです。

一方の坂本一生さんは、バラエティー番組などで活躍した後、ホストやトラック運転手などを経て、便利屋兼探偵業(便利屋お助け本舗)を始めます。
しかし、自らの知らないところで行われたヤラセ取材に責任を感じたことから、便利屋業からは手を引き、2017年6月からは「坂本一生スポーツジム」を設立し、完全プライベート型パーソナルジムの運営に乗り出しています。




Sponsored Links



ピックアップ記事

  1. 角盈男の息子(長男・次男)…現在は二人とも監督?!
  2. タモリの安産祈願は宗教!?お守り・安産マークの意味は?
  3. 光GENJI…解散理由は不仲説ではなかったのか?!
  4. 倉持明日香…自宅には「小さいおじさん」がいる?!
  5. Niki(丹羽仁希)の彼氏は本当に山下智久で決まりなのか?!

関連記事

  1. 1990年代

    十二代目・市川団十郎…妻の実家の借金を背負う!?

    2013年2月他界した歌舞伎界の大名跡、十二代目「市川団十郎」さん……

  2. 1990年代

    やるならやらねば…死亡事故で番組打ち切り

    バラエティーの名門枠といえばフジテレビ土曜20時台でしょう。199…

  3. 1990年代

    吉野紗香が干された理由はこれだったの?!

    吉野紗香さんと言えば、1995年に少女漫画誌「ちゃお」(小学館)のモデ…

  4. 1990年代

    南野陽子…結婚まで考えた石井竜也(カールスモーキー石井)との衝撃破局

    芸能界には様々なカップルが誕生し、また別れていきます。中でも「南野…

  5. 1990年代

    「X JAPAN」解散理由は何だったのか?!

    1997年9月22日、読売新聞朝刊に掲載された全面広告に衝撃が走りまし…

  6. 1990年代

    美川憲一…90年代に起きた度重なる盗難被害の内訳

    本名は百瀬由一…この名前だけではわからないと思いますが、紅白では小…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Sponsored Links

最近の記事

  1. 上原美優…遺書の内容は亡くなった母へ宛てたものだった?!
  2. 小林さやか(ビリギャル)の高校が名古屋の「愛知淑徳学園」で確…
  3. 高倉健…養女の名前「河野貴」(芸名:貴倉良子)が明らかになる…
  4. 白石小百合…退社理由は香水販売だけでなく「紺野あさ美」など同…
  5. 寺尾聰…范文雀との馴れ初めとスピード離婚
  6. 如月琉(37歳)…高校は「弘前高校」と発覚!本名は卒業アルバ…
  7. 及川奈央…現在は舞台女優として活躍中?!
  8. 本田美奈子…白血病が発覚するも移植する猶予もなく他界
  9. 栗城史多…登山家から批判された理由とは何だったのか?!
  10. 真田広之…手塚理美との離婚問題を振り返る
Sponsored Links

おすすめの記事

Sponsored Links

カレンダー

2018年5月
« 4月    
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

注目記事

Sponsored Links
  1. 1980年代

    清水ひとみ…ストリップ界から姿を消して現在の行方は?
  2. 1990年代

    憂木瞳…名前を何度も変えながら業界に復帰!?
  3. 2000年代

    木根尚登の実家と家族(妻や娘)についてカミングアウト?!
  4. 2000年代

    水嶋ヒロ…小説の裏話と現在の活動はどうなってる?
  5. 1980年代

    なぜ松島トモ子はライオンとヒョウに噛まれたのか?
PAGE TOP